アラブ音楽ワークショップ

2月26日

アラブ音楽のワークショップに参加させていただきました。

1a_20170226222325f8e.jpg

ダラブッカの講師はアブダッラー氏(←ダラブッカ奏者としてのお名前。日本人です)

1b_20170226222325eae.jpg

少し前に、初めて聴いたアフガニスタン音楽についてちらっと書きましたが、マカームと呼ばれる「旋律」と、イーカーと呼ばれる「りズム」で音楽の骨格ができています。

1_20170226222324ad4.jpg

アラブ音楽のマカーム(旋律)は、西洋音楽の12音の中間の中間のような微妙な音も含め、基本となる旋律パターンが、じつに250もあるそうです!
イーカー(リズム)も、一見4拍子の繰り返しのようにも聞こえますが、伝統的なアラブ音楽を聴くと、じつは19拍子・88拍子…といった長~い「循環」で元に戻ってくるサイクルがあるんだそうです。

そんなお話しを最初に聞くととっても難しく感じてしまいますが…
西洋音楽的にとらえると4拍子のリズムパターンとして2種類、

♪Waheda(ワヘダ) … ドッッカ ッッカッ 
♪Saidi(サイーディ) …  ドカッカ ドッカッ


ホワイトボードに書かれた「D」が手の平で皮を叩く大きな「ドン」、
「T」はヘッドの縁を叩く「カン!」、
「-」は縁を小さく「カッカッ」…

この2種類のリズムパターンの繰り返しで、セッションさせていただきました。

4c_2017022622222447b.jpg

ベリーダンスのインストラクター、鈴木香夜子先生と教室の皆さん

2_20170226222326265.jpg 2c_201702262223281b6.jpg 2b_20170226222327629.jpg

同じリズムパターンでも、ゆっくりと重く~軽快なテンポへ…
身体で覚えてしまうとけっこう合わせやすくて楽しいです。

座って膝の上に置いたダラブッカを両手で叩くのですが、上からかぶせる左手の薬指がなかなかうまく鳴ってくれません!…要訓練!



今日の講師の先生も言われてましたが、既存の音源に合わせて振りをつけて踊る…というパターンだけでなく、身体の動き(=踊り)に合わせて音を出す、という面も大切。
まさにセッション=「対話」ですし、私自身もいま模索している、テラピーなどで「身体の動き」に即興で音を付けることとも大いに関係がありそうです。

クラシック音楽~民族音楽、さらに舞踊の世界へ…
とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

6b_2017022622284371f.jpg


じつは私、大学卒業直前に、初めて行った外国がエジプトでした。

オーケストラの交流演奏でカイロとアレキサンドリアを訪れ、現地のコンセルバトワール(音楽大学)の学生らと合同演奏し(マーラー交響曲1番「巨人」、ベートーヴェン交響曲5番「運命」ほか)、地元の楽器屋さんにも案内していただきました。
当時の若かりし日の私の姿を公開してしまいます。

P3243593_201702262232041cc.jpg P3243594_201702262232052ef.jpg

交流会のセッションで、間近で聴いたダラブッカ。
いまこうして自らダラブッカを叩いてセッションに参加でき、本当に幸せで楽しいひとときでした。

デイホーム日誌(3)

2月25日(土)

きょうボランティアで訪問したデイホームで、87歳のお誕生日を迎えられたお婆さまがいらっしゃいましたので、急きょ♪「ハッピーバースデイ」の伴奏も…

IMG_20170225_145349.jpg Point Blur_20170225_203120

スタッフさんからの急な要請だったので、とりあえず最高音が「ド」で収まるinFで無難にやりました。
モーツァルト風・ジャズ風・グレンミラー風・ゴスペル風…いろんなバージョンも覚えておきたいですね。



今日は書道と折り紙のコーナーもあり、こちらは脳の健康にいい手遊び歌と、♪「見上げてごらん夜の星を」前半の手話(←昨年12月の講習で覚えたばかりです)をお伝えしました。

大正生まれの93歳の方も歌が大好きで、おやつタイムに歓談しながら、来月の「歌会」(=3月18日・土)に向けての希望の曲もお伺いすることができました。
何人かの方からリクエストをお聞きしたところ、石原裕次郎さんの曲にかなり人気があるようですね!

♪「別れの夜明け」、「恋の街札幌」、「ブランデーグラス」…etc.

あと「春」にちなんだ曲として…

♪「早春賦」(中田章)、「花」(♪春のうららの 隅田川~)、「知床旅情」、「北国の春」…etc.

3週間後の土曜日はすぐに巡ってきますので、さっそく構成を考えてみます。

IMG_20170225_134722.jpg

※先ごろ亡くなられた船村徹さん、「別れの一本杉」~「兄弟船」などの名曲を生み出した昭和の偉大な作曲家がまたひとり旅立たれました。先日NHKの「歌謡ステージ」でも紹介していたような名曲を次回やろうかな…と思ってたのですが、曲目が増えすぎてしまいそうです。嬉しい悲鳴!

「プレミアムフライデー」に想う

2017.2月24日(金)

「プレミアムフライデー」がスタートしました。
働くみなさんはどう受け止めてますか?

20161213225058.jpg

過労死=KAROUSHIが国際語になるなんて情けない…
ブラック企業の犠牲になって若い命を絶つ…なんと悲しいことでしょうか。
そんな中、ようやく国も重い腰を上げて「働き方改革」に乗り出しました。あまりにも遅いとも言えますが「なんとかしよう」と。少なくともその大前提は評価します。

しかし、具体的なルールを国(政府)と経団連が相談して一律に決め、決まったから「さあ、やりましょう」ということなのでしょうか…?
サービス業、医療関係、交通関係、放送関係…いくら国に旗を振られても、「はい、今日はプレミアムフライデーです、15時で上がります」なんてできませんよね(笑)。

公務員や大企業など、仕事面でもお金の面でも余裕のある人は、金曜日はさっさと仕事を切り上げて、お金をどんどん使いましょう…という「消費拡大のキャンペーン」のように見えなくもありません。

mca1610180500001-f1.jpg


ワークバランスということ

私は大学を出て社会人となった20代のころからずっと思っていたことが大きく2つあります。

(1)「5時です、はいさようなら」で終わる仕事なんてつまらない

民間の小さな研究所で「まちづくり」の仕事をしていたころ、その後、放送関係の裏方の仕事に転じてからも、仕事にはそれなりに使命感・責任・やりがいがあってしかるべき。5時ぴったりになったらスイッチOFFなんてありえない、と。

しかしその一方で…

(2)会社だけがすべての人生なんて冗談じゃない!

仕事以外の自分の世界、文化活動、さまざまな世界に触れて見識を深めること、大いに遊んで発想力を養うこと…「会社の仕事」だけに閉じこもっていてはいけない、人生にとって大切なことは他にあるでしょう、と。
『仕事だからしょうがない』というセリフが多すぎませんか?」という記事を以前つづったこともありました。


この(1)と(2)は矛盾するように見えるかもしれませんが、仕事はしっかりやるときはやる、でも休む時はしっかり休む、要はメリハリなんですね。

翌日までに企画書をまとめなくてはいけないときは終電まで頑張る、徹夜もある。そういう時もある。
しかし、優先的な仕事が一段落して余裕のある時は外に出る。昼休みをゆっくり取ったり、まだ空の明るいうちに退勤してコンサート会場へ、平日に休みが取れたら特急列車にのって小さな旅へ…ほんのちょっといつもと違う行動をするだけで、とっても豊かな気持ちになれます。

それは、各自の仕事の段取りによって自己管理でやるべきことであって、一律に会社・組織、ましてや国から「はい、この日は休みましょう」なんて言われてやることではありません!


決められて与えられることが多すぎるニッポン

ところで、有給休暇に関する国際比較をデータで検索してみました。
このようなデータはこれまでにもいろいろと見たことがあります。


スクリーンショット-2016-08-13-12_32_40-1

日本では、有給休暇として与えられているのは10日ちょっと、しかもそれを半分も取得していない…そこだけを見ると、まさに日本は「働きすぎ」「休まない国民」ということになりますね。

しかし私はこの手の比較表を見るたびに思うのですが、日本にはカレンダーの赤い数字の日=「国民の祝日」が多いということです。それがこの表には反映していないのです。


1月…成人の日、2月…建国記念日、3月…春分の日、4月…昭和の日(旧天皇誕生日)、 5月…憲法記念日・みどりの日・こどもの日、6月…海の日、8月…山の日、9月…敬老の日・秋分の日、10月…体育の日、11月…文化の日・勤労感謝の日、12月…天皇誕生日。

2017年度のカレンダーで確認してみると年間の「国民の祝日」15日もあります。
さらに「年末年始」がだいたい5日、8月の「お盆」3日も加えると、年間で23日にもなります!

正社員の場合、タイムカード上にも「国民の祝日」は赤くマーキングされ、その日に出勤しなくても「欠勤」とはならず、月の給与も変わりません。いわば「強制的に与えられた有給休暇」と言えるでしょう。

お盆や年末年始は赤くマーキングされていなくても、たいていの会社・組織では「夏休み」と「年末年始」は通常の有給休暇とは別枠で設けられていますから、実質「有給」ですね。

ですから、上の表では日本がもっとも低いとされる「有給=10日ちょっと」の他に、「国民の祝日」「年末年始」「お盆休み」の23日を加えると、なんと35日になります!通常の土日とは別にです。
逆にこんなに「休む権利」だけは与えられている国は日本をおいて他にないでしょう。



そもそも、「〇〇の日」と称する「国民の祝日」がこんなに多くある国は他にあるでしょうか?
国にもよりますが、たいていは新年(ニューイヤー)とクリスマス、あとは「独立記念日」のようにその国にとって特別の祝いの日があるぐらい。

諸外国ではみな、プライベートな予定を各自で立てて、仕事をやりくりし、働く仲間とも休みをいつ取るかを調整しながら、しっかり自主的に休みを取っているのです。

とくに最近ドイツなどでは、定時に縛られることのない働き方や、職場内の調整によって男性でも育児のために堂々と休んだり、長期バカンスに出かけたり…ということがよりスムーズにできる社会になっている、という羨ましい限りの実態がテレビで紹介されていました。

それに対して日本は、年次ごとにいつでも各自が自由に取れる「有給休暇」は10日ちょっとで、「国民の祝日」として「みんな休みましょう」と決められている有給休暇がその倍以上ある、ということなんです。

*信号機が増えすぎると、赤信号を掲げられないと止まらない車が増える。状況判断や危険予測による自主的な徐行・停止をしなくなる…「命令されたことしかやらない・できない」…そんな心理とも重なってしまいます。


みんなと一緒じゃなく

私も長年、世間が祝日だからといって必ずしも休めるわけではない職種に携わってきましたから、祝日でも出勤しなくてはならないのはいわば当たり前。

それに、大型連休はどこに行っても混んでますから、そんなときにわざわざ一緒に動かず、混雑する新幹線や成田空港の様子をニュースで傍観してきた側です。

その代わり、祝日に出勤せざるを得ない場合は、しっかり振休(前後1週間)または代休(2か月以内)を取るよう、自己管理でやってきました。とくに私の場合、音楽活動を続けていたので、とくに予定のない休日出勤は拒みませんが、本番当日は確実に休めるように前もってあの手この手を使ってきました。

ただ、家族とともにどこかへ出かけるとなると、パートナーとも休みを合わせる、さらに子どもが学校に通うようになると、子どもの夏・冬・春の休みの間で休みを取る…という調整は必要になりますね。


<反論をふまえて>

「とはいっても、お盆の時期に帰省しないと、法事もできないし、離れ離れの親戚とも会えないし…」

はい、日本らしいごもっともなご意見ですね。
しかし、たとえば大晦日の除夜の鐘みたいに全国一斉にやるような法事が8月のお盆にありますか?むしろ各地のお寺さんもその時期に集中して大変(=少し分散してくれたら楽)というのが正直な声。
それに、帰省するのは法事のためというよりも、おじいちゃん・おばあちゃんと孫たちの再会、実家でのんびり過ごす、子どもたちはカブトムシを捕まえたり海で遊んだり、自然と触れ合う…という人が大半ではないでしょうか?

だったら、ご先祖様の命日に合わせて親戚の人たちが示し合わせて一緒の時期に休みを取って帰省し、みなで顔を合わせることも可能ですよね。なにも8月の第2週に通勤ラッシュ並みの新幹線や大渋滞の高速道路に集中して大移動しなくても…

後述のこととも関連しますが、むしろ会社・組織が「その時期でないと休めない」ところに問題があるのではないでしょうか?


◆休みを増やす=「商売=経済効果」?

大型連休・お盆・年末年始の時期は、新幹線も飛行機もふだんより高い値段になりますね。
これ、私も長年納得できないシステムです。ふだんよりも混雑していて、同じ自由席特急券を買っても座れない可能性だってあるんですよ。ただでさえ混雑して儲かってるときに、ふだんより高い値段にするんでしょう!?

一事が万事、みんなが休む=みんながどこかへ出かけてお金を使ってくれる…さあ商売だ、という図式が色濃くあるのです。

観光地も、滝や湖の美しい風景を眺めるのに、ちょっと車を駐めたい…そのたびに何百円かずつ取られますね。
自然のままの美しい湖を眺めてしばしたたずみたいのに、そこには白鳥の観光船が行き来し、土産物屋さんからのスピーカーの音声が…
どっちを向いても「商売」なんです。

以前旅したカナダの国立公園などでは、景観のすばらしいポイントには案内表示があり、車を止めるにもお金は取られません。国立公園内の高速道路も無料です。
ステンレスのレリーフ板に、その地域で見られる動植物の姿や名前を刻んだもの、山の標高を示すものなどのサインはありますが、余計なものは一切ありません。ゴミはみんなが持ち帰るのが常識ですから、くずかごもありません。
何か食べものを提供してくれるお店とトイレは必要ですが、商魂たくましいごちゃごちゃしたものはいらないんです。

日本列島津々浦々、すべての自治体が「観光地」になって人がたくさん来てくれることを望んでいます。
どこかを掘ったら温泉がわき出した、ドラマの舞台になった…となると大騒ぎして「観光客の誘致」「地域の活性化」という言葉で沸きかえります。

今回の「プレミアムフライデー」も、すでに「商売のチャンス」として色めきだつ業界も続々と現れているようです。この構想を進めてきたのは「政府」「経団連」ですから、妙に納得してしまいます(笑)。

とにかく、すべてが「商売=経済効果」という価値観なんですね、ニッポンって。


◆本当の意味での「働き方の見直し」を!

プレミアムフライデーとならんで、残業時間に上限を設け、違反した企業には罰則を与える、ということも検討されています。

いくら言ってもなくならないブラック企業、過労死、自殺…etc.
これを国としても放置しておけないことはよくわかります。

しかし、刑法で定める「犯罪」のように、国が一律に決めてできる性質のものではありません。あくまで個々の職場のしくみの問題だと私は思います。



以前からあった「ノー残業デイ」もそうですが、たまたま「その日」にどうしても対応しなくてはいけない仕事がある人はどうするんですか!? 

私のかつていた職場でも「ノー残業デイ」制度はできましたが、各人が担当する仕事(番組)の収録などスケジュールを見て「私は何曜日をノー残業デイにします」と定め、それでもその曜日にどうしても外せない仕事が入ったときは、週のうちで代わりにどこかをノー残業にする、という対応をしてきました。

私もかつて組合の執行部を経験しましたが、労使で「残業を減らそう」といくら協議しても、働く個人が本当に効率よく仕事を終えて、本気で休みたいと思うかどうか、にかかってるんだと実感しました。

冒頭の「仕事だからしょうがない」というセリフが多すぎるんです。会社は会社で、仕事熱心な社員に甘えている。働く側も「仕事なんだから(=残業代もつくし)」という甘えがあるんです。その甘えの相互依存を断ち切らないかぎり、本当に残業を減らすことはできません。

要は、働く現場をどう管理するか、という問題なのです。キャンペーンのように「ノー残業デイ」「プレミアムフライデイ」を一律に定めたり、守れなかったら罰則規定を設ける…といったことを国が決める前に、もっと根本的に見直すべきことがあると思うのです。

最後に私なりに思いつく範囲で、大原則を3点ほどまとめておきましょう。


(1)企業・組織の「効率主義」を見直す

5人でやってきた仕事を3人で、2人でやってきた仕事を1人で…と「効率化」を企業・組織はすすめてきました。企業の論理、経営の論理、ひいては経済最優先の論理です。

その結果、「休めない環境」を作ってきて、身体的・精神的な負担を増加させてきました。観光バスの運転手のいねむり事故の背景にも、そうした企業の効率主義があったことは否定できません。
多少効率は落ちても、安全第一、ゆとりある働き方を第一に、という方向へと修正しなくてはいけません。

(2)要員の確保でワークシェアリング

人の命にかかわる仕事をはじめ24時間待ったなしの職種もあります。救急外来を受け付ける病院などがその代表ですが、医師や看護師も3交代勤務で無理なく働ける環境ばかりではないようです。
働く一人一人に負担がかからないように余裕ある要員を確保し、無理のないシフトを組む。ちゃんと人を雇って仕事を分かち合う(=ワークシェアリング)発想が必要です。

だれも病気で倒れない、欠員が出ないことを前提に、最小限の人件費で回すことを追求してきた結果、いくら制度としての「休む権利」はあっても、実際なかなか休めない環境をつくってきたのです。
働きたくても仕事がない人、休みたくても休めない人…その格差をなくすためにも、企業は効率よりも「人」を重視すべきです。

(3)過剰なサービスの見直し

24時間対応のコンビニや、宅配業など、いつでもどんなことでも対応してくれるのが当たり前、というサービス業の過度な競争も問題ではないでしょうか?
役所のように「はい、5時になりました、さようなら、がらがらがら…」とはいかない仕事もあるでしょうが、あまりにも時間外に無理な要求をされても「ご無理ごもっとも」で対応するのが当たり前、やれば売り上げにつながるし、そうしなければ他との競争に勝ち残れないから…と、あまりにもサービス労働に対して過度な期待が寄せられ、企業の寡頭競争を激化させてきた結果ではないでしょうか?

(4)仕事から解放された時間をどう使うか?

仕事を早く終わる=会社から追い出される=行き場所・やることがない…で、結局飲みに行く…という人もけっこう多いんじゃないでしょうかね? あとは買い物、ちょっとリッチにナイトクルージング、金曜夕方~土日に旅行…etc.?
まあ、経団連が旗振り役ですから、そういった「消費拡大」が狙いなんでしょうけど…。

同じお金を使うのでも、コンサート・観劇・スポーツなど自分の好きな世界のある人、セミナーなどへの参加で何かを学んで自己研鑽を…と考える人、あるいはお金を使わない時間の過ごし方、たとえば自然とふれあう・子どもとの時間を大切にしている人は、逆にこんな「プレミアム〇〇」なんてなくても、今でも時間を上手にやりくりしてすでに何かやってると思います。
要は、「会社」以外の時間の使い方=「生き方」の問題でしょう。



いずれにしても、この「キャンペーン」をひとつのきっかけに、働く側も、組織・企業も、サービスを受ける側(=客)も、「人としての原点」→「豊かさとは何か?」をあらためて見つめ直せたらいいな、と私は思います。

<参考>

以前のblog記事 → 「仕事だからしょうがない」が多すぎませんか?(2013年6月)


「医学と音楽」~代々木界隈

2月18日(土)

関東ではきのう「春一番」が吹き、暖かい南風で都心の気温は20度を超えましたが、きょうは一転「冬」に逆戻り。

昨年暮れから楽しみにしていた「医学と音楽」にお邪魔してきました!
せたがや文化財団音楽事業部(=せた音)主催の行事で、音楽と異分野のコラボレーションシリーズ。

医学と音楽120170212 医学と音楽ちらし20170219

医学と音楽バックステージ

作曲家の池辺晋一朗さん&檀ふみさんは、以前「N響アワー」の司会を6年間なさったベテランコンビ。
クラシック音楽の分かりやすい解説と絶妙な(?)ダジャレで有名ですね。
私も1996~98年にかけて3年ほど同番組のスタジオ美術を担当させていただいたので、何年振りかの懐かしい再会でした。
池辺先生とは、それ以前に私も関わった「紀尾井ホール」の企画・運営委員としてもお世話になりました。

今日演奏されたのは、医師でありピアニストでもある上杉春雄さん、ソプラノ歌手の幸田浩子さん。
プログラムは以下のとおりでした。

医学と音楽 プログラム20170218
導入から曲目解説まで、ダジャレの勢いは以前にもまして絶好調!(笑)

音楽療法に直接かかわる話題は少なかったですが、音楽は直接「cure(=治療)」にはならなくても「heal(=治癒)」になる、というお話しは印象的でした。


★曲目解説はどれも興味深いものでしたが、とくに印象に残ったのは…

♪バッハのゴルトベルク変奏曲…バッハの弟子・ゴルトベルクが仕えていた(親交のあった?)カイザーベルク伯爵の不眠症対策のためにつくられた曲。変奏曲全編は長く、それこそ眠くなる…

♪「浜辺の歌」…作詞者:林 古渓氏は、 作曲者:成田為三の故郷の能代海岸を思い描いて作詞したといわれ、その近くには療養所があったそうです。一般には2番までしか知られていませんが、じつは3番もあるんですね。検索してみたところ…
 3番 「はやちたちまち 波を吹き 赤裳(あかも)のすそぞ ぬれひじし
      やみし我は すでに癒えて 浜辺の真砂(まさご) まなごいまは」
しかし、きょうこの3番は歌われませんでした。本来は3番・4番と作られたものが出版の段階で混じり合って「3番」となってしまったため、元の詞は散逸してしまって幻の3番となってしまい、「ここは歌わないでください」との作者の遺志があるそうです。


◆終演後、成城学園から小田急で南新宿へ

南新宿~代々木に抜ける通り沿いには、私が予備校生のころよく行った喫茶店「TOM」が当時のままの姿でありました。

IMG_20170218_180533.jpg IMG_20170218_180602.jpg IMG_20170218_183021.jpg IMG_20170218_183204.jpg

昭和がそのまま留め置かれたような空間で、40年前にタイムスリップ!

そして、今夜の目当ては、その喫茶店のはす向かい側、
これまた昨年50周年を迎えた老舗のライブハウスです。

IMG_20170218_185148.jpg IMG_20170218_185844.jpg IMG_20170218_185953.jpg IMG_20170218_195123.jpg

私も学んだ国立音楽院の師匠つながりのヴォーカリストと、ベテランピアニスト、それに若手のベース。
ジャズのスタンダードを中心に、3ステージ中2ステージまで楽しませていただきました。

IMG_20170218_194644.jpg IMG_20170218_193753.jpg

帰り、代々木駅前のスクランブル交差点近くには…

IMG_20170218_212448.jpg

1970年代のテレビ番組「傷だらけの天使」(出演:萩原健一、水谷豊、岸田今日子ら)のロケに使われた、通称「傷天ビル」がまだ残っています。
東日本大震災でかなりひびが入ったりして取り壊しになるといわれてから数年たちますが、2階から上は灯りも消えて廃屋のようになっているものの、1階にはこれまた昭和な飲み屋さんが…

IMG_20170218_212609.jpg

色々と懐かしい頃にタイムスリップした1日でした。


純正律と平均律

◆ピタゴラス音律

ピタゴラス先生が発見したもっとも心地よく響く5度の響き。
今日の科学でとらえる音の周波数で言うと、ある音と完全5度の音との比率は2:3。真ん中の「A(ラ)=440Hz」から完全5度上は「E(ミ)=660Hz」です。

真ん中の「ラ」から5度上の音、そこからまた5度上の音…
「ある音の周波数÷2×3」と電卓をたたいて、2:3の関係で5度上の音の周波数を求めながら12音を重ねてみました。

ピタゴラス音律計算表ペイント

5度上・5度上…と書いていくとすぐに五線を飛び出しますし、音もどんどん高くなってやがて高周波になって聞こえなくなってしまうので(笑)、ある程度高くなったところで2オクターブ下げ、そこからまた上に5度…と並べました。
オクターブは1:2の比率ですから、2オクターブ下の同じ音は4分の1の周波数として計算してあります。

すると、12回目に出てくる「高いラ」は…

オクターブならば本来1:2の関係、つまり「真ん中のラ=440」なら「上のラ=880」にならなくてはいけませんが「892.01」、かなり高めの「ラ」になってしまっています。

ピタゴラス音律では、オクターブが1:2にピタ~っとはならないのです!


◆5度時計は 12音誕生の図 だが…

これまで何度となく紹介してきた「5度時計」
もっともシンプルな見方は、ある音から 5度上の音、そのまた5度上の音…と取っていくと「12回目で元の音に戻ってくる」ということでした。つまり12音誕生の図です。


5度時計(改右回り)


転生輪廻のように12回目で元の音に戻ることを示していて、調性として#や♭がついていく関係を説明するのに用いたり、ある音を中心に左(=5度下)がサブドミナント・右(=5度上)がドミナント・真ん中がトニック…という関係が見えたり、対角線にあるのは代理コードだったり…、いろいろな見方ができて面白いのですが、厳密な「音律」まではこの図で表せません。

噓をついてだますつもりはなかったのですが、完全5度の積み重ねで12回目に戻ってくる音は、厳密には「元の音」ではなかったのです。


ここで、現代の平均律の音律表と比較してさっさと終わってもよいのですが…(笑)

オクターブの響きはきっちり取りつつ5度の関係も美しく合わせるにはどうしたらよいのだろうか?…長いジレンマの歴史がはじまるのです。人々はどうやって音を並べてきたのでしょうか?
いにしえの「純正律」の音にちょっと思いをはせたいと思います。


◆純正律とは?

純正律については難しく、音楽学者など専門的な方の書かれた文章はとても難解です。誤解を恐れたら何も書けません。でもそれでは一般の方にはますます分からない世界のままでしょう。
例によって私流に分かりやすく…

純正律とは、理想的な5度だけを基準にするのではなく、3和音を使ってある調(しらべ)の7音を取っていく方法、とごく大雑把にとらえておきましょう。

たとえば、「ドミソ」というとても有名な明るい3和音がありますね。
下のド(=根音)から長3度上に「ミ」、その上に完全5度の「ソ」が重なった和音です。
長3度は4:5の比率、完全5度は2:3の比率、つまり4:5:6の関係で団子3兄弟が重なっているのが明るい長3和音なのです。

1.「ド」を基準に3度上の「ミ」と5度上の「ソ」を決めます(=ドミソ)。
2.次に「ソ」を基準に「シ」「レ」を決めます(=ソシレ)。
3.そして「ド」の5度下の「ファ」、3度上の「ラ」を決めます(=ファラド)。

これでハ長調の7音が決まります。
ここでも「ドミソ」、「ソシレ」、「ファラド」という3つの明るい3和音がいかに重要かが分かりますね。

5度の関係だけで12回やらなくても、3和音を基準にすると少ない回数である調の基本7音は決まるのです。重ねる回数が少ない方が、歪みも出にくいはずです。

5度だけでなく長3度の関係も見ながら、ある調(しらべ)で用いる7音を取っていく調律方法、それを「純正律」と言っておきましょう(←純正律の厳密な定義としてではなく、あくまでとらえ方・イメージとして)。

ただし、「ドミソ」「ファラド」「ソシレ」に関しては美しい響きですが、ハ長調の2番目のコードである「レファラ」、あるいは平行調であるイ短調の「ラドミ」といった短3和音(マイナーコード)はとても汚い響きになってしまいます。「レファラ」の「レ」は「ソシレ」の「レ」ではない、「ファラド」の「ラ」は「ラドミ」の「ラ」ではない…こういうことが起きてくるのです。

要は、ある部分は理想的な3度・5度でも、違う部分では歪みが出てしまう、それが純正律です。「純正=美しく響きあう理想の関係の音程」という一面だけでは語れないのです。



この「音についてアラカルト」というカテゴリーで、ひとつ前に「調性」について書きましたが、中世においては、まだ「調性」よりも「モード」が中心でした。

中世の6つの教会旋法(チャーチモード)の話もこれまでに何度となく触れてますが、7つの音を音階として並べると、半音の関係が途中2か所に入ります。それがどの位置に来るかによって、調(しらべ)全体の雰囲気(=モード)が変わります。

「モード」で音楽を奏でていた中世においては、いま奏でたい7音の調(しらべ)がもっとも美しく聞こえるように音を並べていたはずです。


◆弦楽器に純正律のルーツをみる

今日オーケストラで使われるヴァイオリン、ビオラ、チェロといった弦楽器は、4本の弦を完全5度で調弦します。ヴァイオリンは「ソレラミ」、ビオラは「ドソレラ」、チェロはその1オクターブ下の「ドソレラ」。

コントラバスだけは4度上(=5度下)に向かって「ミラレソ」と調弦します。チェロの1オクターブ下に合わせることもあるようですが、一般的には「ミラレソ」。ヴァイオリンとは逆、だから「コントラ~(=反対の)」なんですね。 
(→ 「コントラ~」重低音はお好き? )

いずれにしても弦楽器は今でもピタゴラス音律を基本に調弦する楽器なんです。

それら弦楽器の黒く伸びた指板(しばん)という部分には、ギターやマンドリンのようなフレットがありません。奏者の感覚だけで指板上の弦を押さえて、振動する弦の長さを決めて音を取ります。

ヴァイオリン指板

指の微妙な位置や押さえ方で音を微妙に高めに取ったり低めに取ったりできる楽器。自ら音を作る楽器=作音楽器です。

4本の解放弦はピタゴラス音律で合わせ、それ以外の音は、いま奏でている調(しらべ)にもっとも美しく鳴る音を作っていく…そういう楽器なんです。

ここに純正律の音楽のルーツを見るような気がします。


◆鍵盤楽器の誕生

シンプルな竪琴や弦楽器の仲間から、やがて鍵盤楽器が誕生します。
竪琴を横に寝かせて、竹などのバチでたたいて演奏する楽器の仲間がその原型です。
地中海周辺のハンマーダルシマ、サントゥール、ハンガリーのツィンバロン(チェンバロ)などです。

ハンマーダルシマ
ハンマーダルシマ

ツィンバロン
ツィンバロン

やがてそこに、弦をはじく爪と鍵盤装置を備えたものが誕生します。フランス語ではハープシコード、イタリア語では「clavicembalo(クラヴィチェンバロ)=鍵盤のついたチェンバロ(=チェンバロに鍵盤をつけたもの)」。

クラヴィーチェンバロ
クラヴィチェンバロ、ハープシコード

そして、弦をはじくのではなく、ハンマーでたたく楽器が誕生したのが、今からおよそ300年前です。「ハンマークラビーア」と呼ばれるもので、これが今日のピアノの原型ですね。「ピアノフォルテ」、鍵盤を打つ強さによって弱い音から強い音まで出せる楽器…これが「ピアノ」の語源ですね。
(→ 鍵盤楽器とは?


これらの鍵盤楽器では、1オクターブ内に12音、白鍵と黒鍵(ハープシコードは今日とは色が逆でしたが)の配置ができていました。すべて並列ではなく、下段に並ぶのは7音、その間に5つの音、という形になったのも基本は7音階だったからだと思います。

さて、鍵盤楽器では奏でる調(しらべ)によってヴァイオリンのように理想的な音を取りながら演奏することはできません。あらかじめ12音を並べておかなくてはいけません。
その12音をどう調律しておいたら良いのか…?

ここからはとても複雑な話になりますが、いま奏でたい楽曲にもっとも理想的な形で調律する方法(=不均等調律法)があり、その中にもいくつもの種類があったようです。


◆さまざまな不均等調律法

これは調律師さんの研究資料からコピーをいただいたものですが、いま奏でようとする音楽(調)にとって重要な場所でなるべく純正な5度・3度を保つために、ある部分を優先した(=ほかを犠牲にして歪みを押しやった)調律方法がいくつかあった…私はそんな風に理解しています。

ヴェルクマイスター20170215
キルンベルガーー ゾルゲ

円の外側は5度の音との関係、内側の円は3度の関係を示し、黒く三角形に飛び出している箇所が「歪み」を表しているそうです。「歪み」というより、ピタゴラス音律(=理想的な5度)との差、と言った方が良いかもしれません。

ある場所を理想的な関係で合わせると、どこかに歪みが行く…という風に理解してください。私もそれ以上のことは正直分かりません。

ある調(しらべ)にちょうどよく調律し、そのまま別の調(しらべ)を演奏したら歪みを感じる箇所が生じてくるので、演奏ごとに調律を変えなくてはいけなかったはずです。曲の途中で転調するなどということは、それこそ「想定外」だったのでしょう。

この中に図はありませんが、「ミートーン」という調律方法があります。
それは、3度の関係を重視して、5度はすべてちょっと狭めに合わせる方法。5度を絶対視するのではなく、全体のバランスの中で5度を少しずつ犠牲にして歪みを分配…これが「平均律」の発想の原点ではないかと私は思います。


◆「平均律」の誕生

さて、長い時代を経て「平均律」というものが誕生します。
先ほどの調律師さんからいただいたコピーで「平均律」を見ると…

平均律

すべての5度にちょっとずつ歪みを分散させていることが判りますね。オクターブをきっちり1:2で合わせ、あとはすべての5度を少しずつ狭く取っていく…「歪み」をみんなで仲良く分かち合った、ある意味「妥協」の音律。

さてお待ちかね、その平均律の各音の周波数一覧です。
この記事の冒頭の「ピタゴラス音律」と比較してみてください。

平均律音律表


真中の「ラ」を「440」Hz(←442,443など色々ありますが、ここでは標準のきっちりした数字の440を基準)とすると、下の「ラ」はその半分の「220」、上の「ラ」は倍の「880」です。オクターブは1:2です。

そして、真ん中の「ラ」から5度上の「ミ」を見ると…

理想とする純正の5度では3:2で「660」なんですが、ここでは「659.26」、わずかに低い(狭い)ことが判ります。下の「ラ」から5度上の「ミ」もそうです。「ラ=220」に対して「ミ=330」になるはずですが、ここでは「329.63」、やはりちょっと低めです。
あまりカラーリングするとかえって煩雑になって見づらくなるので1か所だけ青でマーキングしましたが、他の箇所すべての音についてそうなのです。

よかったら「ある音の数値÷2×3」と電卓をたたいて、この表で5度上の音の数値と見比べてみてください。すべてにおいて、電卓の数値よりわずかに小さい値になっているはずです。
5度だけでなく3度の関係においても、どこかに歪みが偏ることなく全体に均等に分かち合われています。これが「平均律」なのです。


平均律はいつごろから?

さきほど、鍵盤楽器で「ハンマークラビーア」という今日のピアノの原型が誕生したのが今からおよそ300年前と書きました。まさにバロック時代、音楽の父・バッハの時代です。

中学生の終り頃だったでしょうか、こんなバッハの曲集を与えられました。

バッハ平均律120170215

「バッハ 平均率曲集」 平均「」ではなく「」となっていますね。

このバッハの時代に平均律も生まれ、バッハはその平均律で音楽を書いていった…と教えられ、私もずっとそう信じてきました。

ところが最近、どうもこの「平均律」というのは誤訳だという説があるようです。
私もこの記事を書いてからある音楽グループの方からご指摘を受けて知ったのですが…

バッハのこのピアノ曲集のタイトルは…
「Das Wohltemperierte Klavier (The Well-tempered Keyboard / 良音律鍵盤楽器) 曲集」

「良音律」という言葉はちょっと耳慣れませんが、平均律のことではなく、ある調(しらべ)を奏でるのに良い音、つまり先ほどの不均等調律だというのです。なにをもって「良音」とするのかによって、解釈は大きく変わってくるように思います。

さらに、バッハの時代はおろか、のちのベートーヴェンの時代でも、不均等調律が主流で、平均律が普及するのはもっと時代が下って19世紀ごろだと…

たしかにそういわれてみれば、ベートーヴェンのピアノ曲や交響曲が、どの調で書かれているかが重要だと言われます。
今日の平均律では、2度上げたり下げたりしてもさほど違和感は感じませんが、不均等調律(=ある調にもっともふさわしい音律)に慣れていた人たちの耳には、調(高さ)に対してより敏感だったのだろうと納得できます。


一方、私の手元にこんな古い文献があります。

バッハ平均律研究20170215

バッハの曲について解説したものですが、前書きからしてバッハが平均律の利点を使って作曲していたことを前提として書かれています。

たとえば、フーガ形式というのは、同じ旋律をさまざまな違う高さで登場させて重ねていく手法ですが、もしある調にとっては都合が良いが、違う高さでは歪みが生じてしまうような音律では、フーガ形式の曲を楽しむのは難しいと思われます。
また、ある主旋律に別の旋律を重ねていく「対位法」も、旋律の音と何度の関係にあるかを緻密に組み立てていく手法です。やはり平均律の方が何かと都合はよいはず。

なので、バッハの時代に平均律ができたことで、一気にバロック音楽が花開き、それが後々の音楽の発展のベースになったという、これまで私も信じてきた通説も捨てがたいのです。

より専門的に研究されている方からは反論もあるでしょうし、諸説あって、正確なところは正直分らないというのが今の私の結論です。



ただ、私はここで時代考証して音楽史を編纂しようなどと大それたことは考えていません(笑)。
ふだん何気なく聞いている「音」「音楽」について、つくづく奥深さを感じるのです。

ここまでの話の流れを整理しておきましょう。

5度の関係で音をとっていくと12回目で同じ音に戻る(=12音の誕生
5度だけを基準とするピタゴラス音律では1オクターブが広くなってしまう
3和音を基準にその音階内で用いる7音を決めていくのが「純正律」
鍵盤楽器の出現、奏でたい部分を中心に合わせる不均等調律法ができた
1オクターブ内をすべて均等に割り振る「平均律」が生まれた

5度の響きを美しいと感じ、12の音を発見した…しかし、そこから長い長い歪との葛藤の時代を経て、今日の音楽ができてきた…ということです。



「純正律」と「平均律」、どちらが優れているか?、という話でもありません。

よく、理想的には「純正律」なんだけど、調律をいちいち変えなくても済むように、歪みをみんなで分かち合った、妥協の音律、無難な音律が「平均律」なんだ、という印象を持たれる方もいるかもしれません。
実際、オーケストラの音こそ本当に美しい響きで、ピアノの音は純粋な音じゃない…などとおっしゃる方もいらっしゃいます。きっと素晴らしい耳をお持ちなのでしょうね。

でも、私はそうは思いません。

平均律ができたおかげで、曲の途中で臨時記号が出てきたり、転調したりするような音楽ができて発展していったことは確かでしょう。
もし平均律が生まれていなかったら、ここまで音楽が普遍的に発展してこられなかったでしょうし、楽器もここまで発展・完成してこなかったでしょう。それだけ楽曲も高度で複雑になり、高い演奏技術を求められるようになったとも言えるかもしれませんが…

平均律の素晴らしさは素直に享受する一方で、まだ平均律もなかった「いにしえの調(しらべ)」を純正律の響きで味わう機会もあったらいいと私は思います。贅沢でしょうか?


おわりに 純正律と平均律との共演

純正律と平均律が共演する場面があります。それは弦楽器とピアノが共演する「ピアノカルテット」、さらにオーケストラとピアノが共演する「ピアノ協奏曲」です。
どんなに高級なスタインウェイのフルコンサートピアノでも「平均律」、一方のオーケストラは「純正律」で音楽を奏でています。

ヴァイオリンなどの弦楽器は「作音楽器」で、その曲の場面ごとにもっとも調和する音を作りながら演奏すると先ほど書きました。純正律で理想的な音を奏でることもできますが、ピアノ伴奏での場面によっては平均律のピアノの音程とももっとも響き合う音を奏でることもできるのです。それが作音楽器の強みともいえるでしょう。
弦楽器以外の楽器でも、ピアノソロの奏でる音程にもちょっと意識を向けながら演奏することは大切だと思います。

私の大好きなラフマニノフのピアノ協奏曲2番の3楽章では、ピアノソロが静かに奏でているバックでティンパニがppでトレモロを続けるシーンが2回ほど出てきます。そこでやはりppでリズムを刻むシンバルも大変ですが、ティンパニが気を遣うのは「音程」です。

オーケストラだけでffで演奏してた時の音と必ずしも同じ音でピアノと調和するとは限りません。チューニングメーターに頼って「この音はここ」と絶対的に決められるものではなく、いま鳴っている音、とくに平均律のピアノソロともっとも響き合う音(=オーケストラだけでffで出していた音よりわずかに低め)で響きが溶け合えたら理想ですね。

(完)

医学と音楽

次の土曜日、2月18日(土)15時~

昨年の暮れの発売と同時にチケットを確保し、楽しみにうかがいます。

医学と音楽220170212

池辺先生と檀ふみさん、某局の音楽番組の司会をされていたのは何年前…?
久々の再会も楽しみです!

★ご興味のある方、下記「せたおん」へお問い合わせください。

会場・問い合わせ先

究極の「美しさ」「感動」は「恐怖」と隣り合わせ? 

2月10日(金)

究極の「美しさ」や「感動」を覚えるとき、「怖い」という感覚と隣り合わせなんじゃないか、と思うことがあります。

私はよく喩えに出すんですが…

私は幼少のころ父の転勤で京都に住んでいて、近所の小学校のお屋上から母に背負われて大文字焼を見た記憶があります。その時の私の記憶にあるのは「怖かった」という感覚。
おそらく、現実離れした、神秘的幻想的な美しさだったのでしょう。

大人になった今でも、たった一人で夜空に現れるオーロラを見たら、同じような感覚に襲われるかもしれません。

オーロラ

ありふれた日常のものではない、現実離れした未知なるもの…
大自然が作り上げた巨大な造形、大宇宙の営み… 
人間の力の及ばないものへの驚異、畏れ・恐れを感じるのでしょう。

究極の「美しさ」や「感動」って、「畏れ」に似た感覚と隣り合わせなんじゃないかと

現代のようにまだ科学が発達しておらず、さまざまな自然現象もそれがどうして起こるのかが解明されていなかったころ、人々は「おそれ」とともに「美しさ」を今よりもっと大きく感じていたのかもしれませんね。


現実とはまったく違う世界へといざなう音楽

音楽でも、たとえばホルストの「惑星」のいちばん最後の「海王星」で、バックステージからかすかに聞こえてくる女性コーラスの響きを聴いていると、宇宙のかなたに吸い込まれていくような、幻想的で神秘的な「美しさ」とともに、底知れぬ遠い世界に迷い込むような「こわさ」も入り混じった感覚へといざなわれます。

私が幼少のころから聴いていたオーケストラの楽曲の中にも「おそろしい曲」がいくつかありました。

♪ムソルグスキーの「はげ山の一夜」
赤土がむき出しになったはげ山で、夜中に骸骨が躍り狂う…その解説どおりのおどろおどろしい曲ですね。

♪ファリャの「恋は魔術師」の中の「火祭りの踊り」

♪ハチャトゥリアンの「ガイーヌ」の「剣の舞」 

♪ロッシーニの「ウイリアムテル序曲」の中の「嵐」の一節。
冒頭の弦楽器がPPのトゥリルで奏でる音による嵐が近づいてきて木々が揺れ始める不気味さ、そのあとにオーケストラが大音響でさく裂するあの短調の旋律、トロンボーンの力強く駆け上がるスケール、荒れ狂う嵐。

こういう曲を、風邪で熱を出していて夜中にトイレに行くときに思い出すだけで本当に恐かったです。


生々しい「楽器の音」ではなく…

しかし、この「おそろしい」という感覚こそ、「美しさ」や「感動」を求める上では不可欠な要素じゃないかと思うのです。現実的な「当たり前の楽器の音」ではそれは起こらないのです。

ホルストの「惑星」の最後に舞台裏から聞こえてくるのは、生々しい「女性コーラスの声」ではない、宇宙の彼方へ消えていく神秘的な音色でなくてはいけないのです。


とくに打楽器の音に求められるのは、「これはシンバルの音だ、これはバスドラムの音だ、これはティンパニの音だ…」と分かってしまっておしまいの音ではいけないんですね。

ありきたりの楽器の「音」ではなく、何かを象徴する音、その楽器の出しうる究極の表現としての「特別な音」でなくてはいけないのでしょう。


二段の滝 ドッペルドミナント

2月9日(木)

この「音についてアラカルト」のカテゴリーで「5度の引力」「属七」について書いてきましました。
今回はそのダブル技、「ドッペルドミナント」です。

ドイツ語のDoppel(ドッペル)は、英語のダブル、「二重の」という意味です。

ある調の主音から5番目の音(=属音)を根音とする3和音(=属和音)がドミナント
そこに7thを加えたものが「属七=ドミナント7」、主音への強い引力を持った響きですね。

主音から5度上の音を主音とする調(=属調)の中の属和音。「属」のまた「属」、二重のドミナント=ドッペルドミナントです。

ドッペルドミナントとは

この手法は、クラシックの名曲の中でも随所に使われています。

♪ヨハン・シュトラウスの「ラデツキー行進曲」のイントロ
♪チャイコフスキー「くるみ割り人形」終曲の「花のワルツ」冒頭、テーマが繰り返される場面…etc.

5度下へ降りて、またそこから5度下の主音へ…主役登場の二段構えの滝のようなイメージです。

なんですが…

即興でコード循環をとらえながら「ある音の5度上→そのまた5度上の音」をぱっと探せますか?

そのヒントを、上図の右下に囲みで書きました。主音のひとつ上の音(=上主音)を根音とするマイナーコードを明るく変えたもの、なんです。 

長調の1~7までのコードの中で見ると…

長調のドッペルドミナント

ある調、たとえばハ長調の2番目の和音はDmというマイナーコードですね。それを明るい和音に変えたものがドッペルドミナントなんです。

ドッペルドミナントという用語の説明として「2のマイナーコードを明るく変えたもの」ではいけません(法廷では通用しません…笑)。
でも、コード循環のとらえ方としては「2→5→1の変形」、「5度進行の一部」と考えた方が即興でも捕らえやすいでしょう。



泣かせる短音階でのドッペルドミナント

属和音・属七は、同じ主音の長調・短調(=同主調)に共通です。

自然的短音階(=平行調の長調と同じ7音でできる短音階。ナチュラルマイナー)の音のままでは、第5番目の和音はマイナーコードです。
そこで和声的短音階(=ハーモニックマイナー)では第7音を半音上げるんでしたね(←おさらい)。

つまり短調であっても属七は長調と同じ明るい響きです。
「ソシレファ」という属七から、明るい「ドミソ」にも暗い「ドミ♭ソ」にも行けます。

その5度上にあるドッペルドミナントも、当然ながら明るい和音です。

短調のドッペルドミナント

短調のコード進行として…
「Cm→Fm→B♭→E♭→A♭→Ddim→G7→Cm」(1→4→7→3→6→2→5→1)というのが一般的な5度進行ですね。
その最後に戻ってきた主和音「Cm」を、いったん明るい「ドミソ」に変えるんです。そこに7thを加えた「C7」という響きは、5度下の「Fm」へと引っ張られます。その3度下にある「D」を明るくしたコード「D7」が、このドッペルドミナントです。そこから「G7」(=属七)へ、そして「Cm」に戻ってくる、という循環です。

短調の中に出てくる明るい響きは、希望の光を感じさせるような、あるいは悲しみをさらにこみあげさせるような効果があります。
演歌(石原裕次郎など)や刑事ドラマのテーマにも多用されますが、クラシックの名曲の中にもじつはたくさん使われています。

ピアノの詩人・ショパン、ワルツ(作品64-2)の冒頭

ショパンワルツ


同じくショパン バラード1番(作品23)

2002年の映画「戦場のピアニスト」で使われて有名になり、2016年にはスケートの羽生結弦選手がフリーの演技で用いた曲ですね。その冒頭部分。

ショパンバラード1

A7がドッペルドミナント7th、D7がドミナント7thに当たります。

なお、属七の響きがなぜ「1」への引力を感じさせるのか? 
音のための音の原理(=楽典)というよりも、「人はなぜそういう響きを聴いてそう感じるのか?」に私は興味を持ってきました。ト長調ではもっとも安定した響きをもつ同じ「ソシレ」という響きなのに、ある場面で聴くと「ドミソ」に早く戻りたくなる…なぜ?

少し前に書いた記事です。→ 「属七の引力、なぜ?」



音楽の表現にはさまざまな要素があります。作曲の経緯や時代背景、曲から浮かぶ風景…想像力を研ぎ澄まし、楽譜と向き合い、演奏技術を磨き…本当に奥深い世界です。

一方、難しいと思われがちなクラシックの名曲にも気軽に親しみ、たとえ一字一句おたまじゃくし通りでなくてもコードでとらえればピアノを奏でて楽しむことができます。
あるいは、きちんと練習する上でも、単にそこに音符が書かれてるからその通り弾いて練習するだけでなく、響きの移り変わりをコードでとらえることができれば…

調性 #・♭のつき方に法則あり!

2017.2月5日(月)


調性としての♯や♭が、どこに・いくつ付くか…これをすべて「覚える」のは大変ですね。

「ト長調にはファに#がひとつ付きます、ヘ長調にはシに♭が1つ付きます」…などと覚えさせられ、「〇調には#または♭がいくつ付きますか?」などと聞かれて点数をつけられるから音楽が嫌いになってしまった人も多いのではないでしょうか?

ところが、小学校の合唱部がよく発声練習をするときに、ピアノの伴奏をする子が、

 ♪ドレミファソファミレド~ → ド♯レ♯ミ♯ファ♯ソ♯ファ♯ミ♯レ♯ド♯~ 
   → レミファ♯ソラソファ♯ミレ~ → ミ♭ファソラ♭シ♭ラ♭ソファミ♭~ 

と、さりげなく半音ずつ上げて音階を間違えずに弾いていますね。
何の音から始めても、長音階に聞こえる階段の形(=モード)があって、それを感覚として把握しているのでしょう。

感覚として弾ける・歌える…それは大変素晴らしいことです。

しかし、試験では「この曲は何調ですか?」「#・♭はいくつ付きますか?」が聞かれます。


  ●シャープ系=主音は「ト→二→イ→ホ→ロ→嬰へ→嬰ハ」
            ♯のつく音は「ファ→ド→ソ→レ→ラ→ミ→シ」の順

  ●フラット系=主音は「へ→変ロ→変ホ→変イ→変二→変ト→変ハ」
            ♭のつく音は「シ→ミ→ラ→レ→ソ→ド→ファ」の順

日本音名で「トニイホロヘハ」「ヘロホイニトハ」、あるいはドイツ音名で「ゲー・デー・アー・エー…」「エフ・ベー・エス・アス…」と呪文のように何度も口に出して、さらに楽譜に何度も書き記していくうちに「覚える」…それが一般的でしょう。

まあ「公式」みたいなものですから、覚えてしまえばそれでよく、指折り数えて#・♭の数が判れば試験で正解できますし、「この曲ではどの音に#(または♭)が付く」と認識すれば楽器も演奏できますから。

しかし…

これまで「音」について色々見てきて、あらためて「なぜ?」と考えると、音階というのは数列のようなもので、5度という運命的な関係でできる「ある法則」に気づくはずです!

「覚え方」の話ではなく、そんな「音」のしくみ、「なぜ?」にご興味のある方は、この先をお読みください。


◆音の名前の確認

日本語には、さまざまな国の言語が混在しているから難しい…それは音楽にも言えそうですね。

イロハニホヘト、ABCDEFG、ドレミファソラシド…

音の名前を日本語の「イロハ…」で呼ぶのは、調性(=何調ですか?)を言う時と、「ト音記号」「へ音記号」「ハ音記号」の名称ぐらいではないでしょうか? 

一般に音名は「ドレミ…」で、コード名は「ABC…」で呼び、調性だけは「イロハ…」で呼ぶ…
調性の理解を難しくしている第一の関門がそこにあるのかもしれません。

まずは鍵盤上で、音の名前をしっかり一致させておきましょう。

ラ~ド文字入り

★日本の音名「イロハ…」は、ドイツ語の「A(アー)」、英語の「A(エー)」と同じく「ラ」の音が出発点です。
だから「ド=ハ=C」、「ファ=へ=F」、「ソ=ト=G」…なのです。ドレミファソラシ…というイタリア音名は、グレゴリー聖歌の頭文字から付けられたものです。→ ドレミの起源

★英語とドイツ語 「B」に要注意!

英語では「B=シ」ですが、ドイツ語では「B(ベー)=シ♭」です。 
ドイツ語では「A=ラ」のすぐ次に「シ♭=B」と名づけた。でも白鍵の「シ」にだけ名前がないのも困るな…と最後に「H」の文字を付け足したように見えますね。

「B」とだけ表記されているとき、ドイツ語の「B(ベー)」=英語の「B♭(ビーフラット)」なのか、英語の「B(ビー)」=シ♮ なのか、そこだけ要注意なんです。

★日本語では、「#=嬰(えい)」「♭=変(へん)」を「イロハ…」音名の前に付けます。
 「変ホ=ミ♭」、「嬰ハ=ド#」を意味します。



◆調性のシャープ系・フラット系とは?


さて、呪文のように覚えた「トニイホロヘハ」、「ヘロホイニトハ」って、そもそも何だったのでしょうか?
「ソレ、ナンデスカ?、ヨクワカリマセ~ン」じゃないでしょうか?
まだ調性について知らない人に、ちゃんと説明してあげられますか?


それぞれ頭に「ハ」をつけて、馴染みのある「ドレミ…」に置き換えてみましょう。

 #系 …(ド→)ソ→レ→ラ→ミ→シ→ファ(#)→ド(#)

すべて完全5度ずつ上の音へと行ってます。
主音が5度上がるごとに、調性としての「#」の数がひとつずつ増えていきます。

 ♭系 …(ド→)ファ→シ♭→ミ♭→ラ♭→レ♭→ソ♭→ド♭

すべて完全5度ずつ下の音へと行っています。
主音が5度下がるごとに、調性としての「♭」の数がひとつずつ増えていきます。

これを1枚に丸~く収めたのが、以前にもご紹介した「5度時計」です!

日本名の「トニイホロヘハ」が右回り、「ヘロホイニトハ」が左回りに並んでいます。

5度時計(改右回り)


もともと完全5度で音を円形に並べていくと、時計のようにちょうど12回目で元の音に戻ってくる…ということを示した図ですが、それぞれの音を主音(=音階のスタート音)とする調(長調)として見ると、面白い法則が見えます。

右回り=シャープ系…12時から右回りに、主音が5度上がるごとに、調性記号としての#が一つずつ増えていきます。
左回り=フラット系…逆に左回りに、主音が5度下がるごとに、調性記号としての♭が一つずつ増えていきます。

真上の0時では#も♭も「0」、真下は#で表しても♭で表しても「6」つ。じつに面白いと思いませんか?

7時を#系で表すと7音すべてに#、5時を♭系で表すと7音すべてに♭。
真下の6時では、#で表すと「シ」以外の6音に#が、♭で表すと「ファ」以外の6音に♭が付きます。


#や♭の付いていく数は分かりました。
では、音階のどの音にどんな順に調性記号(#・♭)が付いていくのでしょうか…?


キイとなるのは「4」と「7」

シャープ系では、音階の4番目の音に#を付けた音が、5度上の調(=属調)で新たに調性として加わる#の音で、その音は属調では7番目の音になっています。

調性の法則♯系

★図表の右端が見切れていたら、クリックすると全画面が見られます(以下同じ)


フラット系では、音階の7番目の音(=導音)に♭を付けた音が、5度下(=4度上)の下属調で新たに調性として加わる♭の音。その音は下属調では4番目の音になります。

また、新たに♭のついた4番目の音が、次の5度下(=4度上)の下属調では主音となります。

調性の法則♭系

この「4」「7」という因縁の数字、なにかピンときませんか?

音の誕生を思い出してみましょう。


●完全5度

たとえば「ラ=440Hz」だとすると、そこから完全5度上の「ミ=660Hz」、2:3という整数倍率の音程です。人間の耳にもとても心地よく、はるか昔にピタゴラス先生が「音は比率でできている」という大発見をするきっかけとなった音程です。

ある音(=仮に「ド」とする)から完全5度の関係で音を取っていくと…
     
      ド → ソ → レ → ラ → ミ

ヴァイオリン・ビオラ・チェロの4本の弦も、この5度の関係で調弦されています。

この5音を低い順に並べ替えると、「ド・レ・ミ・ソ・ラ」という5音階(=ペンタトニック)になります。
日本の演歌でもよくある「ファ」「シ」が抜けた、いわゆる「4・7(ヨナ)抜き」の音階ですね。



7音の誕生 赤文字入


「ミ」から完全5度上には「シ」が、「ド」から完全5度下には「ファ」がいます。
これを加えて低い順に並べなおすと「ドレミファソラシ」、ピアノの白鍵の音が揃いました。

ところが、両端の「シ」~「ファ」の関係は、他の音同士のように完全5度にはなっていません。この7音では完全な循環にならないのです。
「シーファ」は今日でいう減5度の響きで、16世紀の人たちは「悪魔の音程」と言って避けました。

「ドレミファソラシド」という音階の中では4番目7番目にあたるこの「ファ」「シ」。
ちょっと厄介な音ですが、特性音(=そのモードの中で他にはない特色のある音)でもあります。



おことわり  ~昔の音に思いをはせて~

「ある音=ド」とし、「ド→ソ→レ→ラ→ミ」という5音階に、さらにその両端から5度の関係にある「ファ」「シ」を加えて7音階になった、と書きました。

はじめに「ある音(=仮に「ド」とする)」と書いたように、昔は「ある音」でしかなかったのでしょう。
ただ、それだと音づくりの説明が不可能なので、便宜的に「ドレミファソラシ」で表現したまでです。

「ファ」は「ド」より5度下にある音なので、上に「シ」、下に「ファ」と書きましたが、同じ「ド」を基準に「ド→ソ→レ→ラ→ミ」、そこからさらに上に「→シ→ファ#」と考えてもよいのです。
それでもやはり、両端にある「ド」と「ファ#」は増4度(=減5度)の「悪魔の音程」になり、途中に2か所「シ~ド」と「ファ#~ソ」の半音の箇所が生じます。何の音を基準にしても、5度ごとに音を7つ取れば同じことが起こる、原理は同じなんです。


そもそもまだピアノのような鍵盤楽器もなかった時代、「白鍵・黒鍵」とか「全音・半音」といった概念なんてありません。また「ラ=440、あるいは442」と西洋音楽で統一されたような音もありません。

今でも、伴奏楽器のないキャンプなどで、誰かが「う~」と声を出したら、その音を基準にして皆で音を合わせて歌えますね。あの感覚に近かったのではないでしょうか。

弦を張って「ある音」をつくり、それを基準に5度の美しい響きになるように隣の弦を合わせていったのでしょう。今日の日本の楽器をはじめ、世界各地の民族音楽も「ある音」を基準に音を合わせ、調(しらべ)を奏でています。

竹をある長さで切って吹いて出た音と、その音と5度の関係の音をつくるには、竹の長さを3分の2の長さに切ればよい…という図解が正倉院にも残っているのを写真で見せてみらったことがあります。すでに天平時代に5度の音程の作り方が日本にも伝わっていた! ということです。

その偉大なる5度の関係で、まずは5つの音を作って5音階(=ペンタトニック)に。ここではとくに問題はありませんでしたが、さらに5度の関係の音を2つ加えて7音階にしたら、両端の音の関係が他とは違う音程になってしまった。そして次に説明するように、低い順の音を並べると、途中隣同士の音に狭いところが2か所できた、そのことに当時の人々も気づいていた、ということなんです。

…では、ふたたび今日の音の呼び名「ドレミ…」で説明を続けましょう。


◆12音の誕生へ

「シ」から完全5度の関係にあるのは「ファ♯」です。さらに5度の関係で「ファ#→ド#→ソ#→レ#→ラ#」と今日のピアノの黒鍵で5つ進み、次の「ミ#」=「ファ」、その次は「ド」、元の音に戻ってきます。
こうして今日のピアノの7つの白鍵、そこに5つの黒鍵が加わって「12音の誕生」に!

「そうか~、ピアノの5つの黒鍵も5度の倍音率でできてたんだ!
5つの黒鍵は5音階(=ペンタトニック)になっている!、だからペダルを踏んだまま黒鍵をどう押しても調和した響きになるんだ…」ということに気づきます。
まさに12音をすべて並べて完成されたのがピアノだったんです。

しかし…

ピアノの白鍵と黒鍵をすべて上から下まで何秒で弾けるか、などとやっても音楽的な感情はわいてきません(笑)。

世界中のさまざま地域・時代ごとにさまざまな音楽が生まれてきましたが、人々が12音を発見してからも、12音をすべて並べて奏でるだけの音楽はあまりないはずです(←グリッサンドのような部分的な表現は別)。
12音の中から5つ・6つ・7つ…いくつかの音を選び出して奏でることで、さまざまな雰囲気を醸し出す「音楽」となります。不思議ですね。

竪琴から進化したハープという楽器を見ても、1オクターブに12音の弦は張られていません。1オクターブ内に7本、基本としてピアノの「ドレミファソラシ」の7音に調律し、#や♭の音は7本のペダルを操作して作ります。
7つのペダルはそれぞれ7つの音に対応していて、たとえば「ファ」に対応するペダルを踏むとすべての「ファ」の音が半音上がります。各ペダル、真中の状態がナチュラル、踏み込むと半音上がり(=#)、上げると半音下がる(=♭)ように作られています。「ファ」と「ド」に対応するペダルを踏んでロックしておけば、そのまま二長調の曲が弾けるのです。臨時記号が出てきたらそのペダルを一時的に踏む…こうして12音すべて出すことができますが、基本は7音でできた楽器と言えるでしょう。

バロック時代からおよそ300年、クラシックといわれる西洋音楽で基本となる長音階・短音階の音階は、7つの音でできています。そもそもこの記事は「調性」についてですから、7音階の話に戻しておきましょう。



7音階で生じた問題が幸いして 「モード」が生まれた

、すなわち「ファ」「シ」が加わったことで、両端のファとシはきれいな5度にならない「悪魔の音程」となりました。

それだけではありません。7つの音を低い方から並べると、その途中に2か所、他よりちょっと短いところが生じました。「ミ~ファ」、「シ~ド」の2か所に半音の関係が生まれました。

繰り返しますが、その昔ピアノもない時代ですから、白鍵・黒鍵とか全音・半音という概念もなかったはずですが、この2か所はどうも他とは違うな、ちょっと短い、隣同士を同時に鳴らすと濁った響き…という感覚はあったはずです。

その感覚があったからこそ、何の音から音階を作るかによって、半音の2箇所が音階のどこに入って来るかが変わり、それによって音階全体の響き(=モード)が異なり、違った味わいになることに気づいたのでしょう。

そこで生まれたのが6つの教会旋法です。


6つの教会旋法20170206

→詳しくは 6つの教会旋法

その6つの教会旋法のうち、イオニア旋法と呼ばれるものが今日の長音階エオリア旋法と呼ばれるものが今日の短音階です。

この「ド」から7音を並べたハ長調と、「ラ」から7音を並べたイ短調、構成している7つの音は同じで、いわば打順を変えることでチーム全体の色彩(=モード)が変わる関係。楽典では「平行調」と呼びます(←おさらい)。

長音階と短音階(=自然的短音階)の階段の形(=半音の来る位置)はこのような形です。

階段の形=モード

5つの黒鍵も含めた12音を使って、何の音から始めても同じ階段の形になるように並べたもの、それが調性です。

5音階(ペンタトニック)から、7音階が誕生するときに加わった「4」「7」番目の音が半音の関係を生じさせた。その半音の箇所がどこに来るかによっていくつかの「モード」ができた。そのモードの中で、今日の「長調」「短調」ができ、何の音から音階を奏でるか、すなわち「調性」ができたのです。

調性の#や♭のつく位置が、「4」「7」と深くかかわっていることも納得できるでしょう。


再びのダイヤモンド富士を求めて…

2月2日(木)

去年の11月3日に、世田谷・三軒茶屋のキャロットタワーからダイヤモンド富士を初めて見て、カメラに収めることができました。

その画像をアップしたブログ記事にも書きましたが、2月初めと11月初めに、ここ三軒茶屋から見える夕陽がちょうど富士山頂に沈みます。

→ 生まれて初めて見たダイヤモンド富士 (2016.11.3)

去年、2月11日にここを訪れたときは、すでに「その日」を過ぎていて、冨士山よりも北寄りに陽が沈みました。

きょう東京は素晴らしい青空で、日没までに世田谷に戻ってこられたので「今日あたり、もしかして?」と期待して、カメラ持参で自転車でやってきたのですが…

0_20170202235510cbd.jpg

「その日」はあと数日後、きょうは富士山より南寄りに陽が沈みました。
でも、シルエットで浮かび上がる富士山と、トワイライトに変化していく空が美しかったので、時間を追って何枚かご紹介しておきます。

★以下、クリックすると大きな画像になります。
1_2017020223551151f.jpg 2_20170202235511056.jpg 

きょうの東京の日没は17:07。17時を回って、丹沢の山に陽がかかり始めました。

3_20170202235512491.jpg 4_20170202235513df2.jpg 5_20170202235514504.jpg 

太陽からの反射光が、富士山の南と北で空を2分しています。
やがて青みを帯びていく空、灯りのともる世田谷の街…

6_201702030000317a7.jpg 7_20170203000032c84.jpg 8_20170203000033db0.jpg 9_201702030000337be.jpg 10_2017020300003422c.jpg

11_20170203000035129.jpg

日没後、少し太り気味になってきた三日月と金星も美しく輝いてましたが、かなり高い位置にあったので、富士山と一緒には画面に収めることができませんでした。右がキャロットタワーです。
肉眼では、よく見ると金星のやや左上に火星も見えています。

12_20170203000253204.jpg 13_2017020300025499f.jpg

明日は金曜。
きのうのお昼は深大寺でお蕎麦をいただき、夜は野菜中心に質素に…だったので、きょうはステーキでちょっと力をつけちゃいましょう!

深大寺 ふらり旅

2月1日(水)

仕事が早く終わり、三鷹駅と反対方向にちょうど「深大寺行き」のバスが来たので、お昼に蕎麦でも食べようかな…と行ってまいりました。

深大寺散策マップ20170201 1_20170201202557913.jpg
★クリックすると大きな画像になります(以下同じ)


バスで「深大寺」に到着。参道の入口付近でまず目に飛び込んでくるのが「鬼太郎茶屋」。

2_201702012025594aa.jpg 3_20170201202600e3e.jpg

水木しげるさんが調布にお住まいだったことから、調布駅周辺~深大寺周辺には「ゲゲゲ」に関係した散策ルートがあります。数年前の朝ドラ「ゲゲゲの女房」でもこの付近でロケが行われました。

じつは深大寺を訪ねるのは初めて。まずは山門をくぐって本堂へ。

4_2017020120260016b.jpg 5_20170201202601759.jpg

五大尊池
6_201702012028518c8.jpg 7_201702012028523d5.jpg

高浜虚子の句碑もありました。
「遠山に 日の當(あ)たりたる 枯野かな」

周辺の道には、お土産屋さんとお蕎麦やさんがずらり。なかなかいい雰囲気です。

8_2017020120285201d.jpg 9_20170201202853abb.jpg 

わ~、たぬきがいっぱい…
10_2017020120285423d.jpg

ん?、最近国会で総理が答弁された「云々(でんでん)」 …?(笑)
10b_20170201202855a64.jpg


蕎麦屋さんが多くて迷ってしまいますが、山門に向かって少し右に歩いたところに「雀のお宿」という名前の看板を見つけました。中をのぞくとこんな雰囲気。
11_201702012034580ab.jpg 12_20170201203459413.jpg 13_201702012035004e1.jpg

犬を連れたご近所のお客様も… ご近所の方が入るお店なら、きっと美味しいはず。
14_2017020120350155f.jpg 15_20170201203502cb9.jpg

ちょっと遅めのお昼。天ざる(わらび餅付き)をいただきました。
16_2017020120390200f.jpg 17_20170201203903148.jpg

梅や桜の季節には多くの人が訪れるそうですが、まだこの季節は人もまばら。
寒のうちにひっそりと咲くスイセンが目を引きます。
18_20170201203904f55.jpg 19_2017020120390545d.jpg

せっかくの「旅」気分ですが、日本の観光地で興ざめなのがこれ…
19b_2017020120390679a.jpg
お店の名前はぼかしましたが…
お土産・食事にお金を払うのに、駐車に700円って、ちょっとお高くありませんか…?


◆オフタイムのふらり旅

三鷹から小田急バスで深大寺へ、帰りは京王バスで調布へ出て京王線で下高井戸→世田谷線で…というルート。
風もなく暖かい午後のひととき、ちょっと通勤ルートを変えて身近なところで「旅」気分!

去年の今頃(1月終わり)には、やはり仕事が早く終わった午後、三鷹駅に停車する特急「かいじ」に自由席特急券を買ってふらっと乗り大月へ→富士急で河口湖へ…
午後のオフタイム・河口湖

演奏会など目的のある旅も充実してますし、計画的に出かける旅もいいですが、平日にふとできた時間にその日の気分でふらりと…という旅も私には貴重な時間です。
「旅ごころ」を大切に


三日月と金星

20_20170201204322444.jpg 20b_20170201204323cf6.jpg
世田谷に戻って、夕方5時過ぎの澄んだ空には三日月と金星
そう、お正月明けの1月2日にランデブーしてから、ちょうど1か月でした。
今年最初の天体ショー

今週末はもう「立春」、春は近づいてますね。

属七の引力 なぜ? 

1月29日(日)

単なる楽典の書き写しではなく「人はその音・響きを聴いてなぜそう感じるのか?」。
本日は、私のこだわる「5度の引力」のスペシャリスト、「属七」さんにお越しいただきました。


◆属七とは?

ある調の主音から5度上の音(=属音)を根音とする長3和音に、根音から7度上の音を加えたもの。
はい、「属七」という名前の定義・説明としてはよろしいのではないでしょうか。

<図解 おさらい>

属七の説明

簡単なハ長調を例にこの説明を当てはめると、主音「ド」から5度上にある属音「ソ」をベースとする「ソシレ」という明るい長3和音に、ソから7度上の「ファ」を加えたもの、ですね。
とらえ方としては「ソシレ」+「ファ」=「属七」 。用語の説明としては良いでしょう。

でも、その「属七」がなぜ主音「Ⅰ」の響き(=5度下)へ戻りたくなる引力を持つのか…?

多くの楽典の本にはそこの説明がありません。実際に音楽を奏でる中で感じる感覚、コード進行を考える上でもっとも重要な「答え」がないのです。

もはや「楽典」の領域を超えた「和声心理学」とでも呼ぶべき未知の領域かもしれません。そこに足を踏み入れてみましょう。


属七はどんな響きか?

「ソシレ」+「ファ」
と考えるのではなく、「ソ」+「シレファ」と見たらどうでしょう?
コペルニクス的発想の転換です。

「ソ」をベース音に、その上に「シレファ」という和音が乗っかっている…と思って響きをよく聴いて味わってみてください。

「ソ」という音は、ト長調では主役の最も安定した音ですが、ハ長調の中では5番目の音。
「気をつけ→礼→なおれ」「礼」で頭を下げてる音のベース音ですね。ずっと鳴らされていると、頭に血が上ってきて早く「なおれ」になってくれないかな…という音ですね。

その「礼」のベース音の上に乗っかってる「シレファ」という和音はどんな響きでしょう?

7導音

ハ長調の音階の7番目の音「シ」は「導音」といって、半音上の主音を導く音です。
その「シ」を根音とし、ハ長調で用いる音を3度ずつ重ねた「シレファ」という和音は…

下の2音間・上の2音間いずれも短3度の、減3和音(dimディミニッシュ)の響き。
7つのコードの中でも異色の存在で、つま先立ちをして頭を押さえ込まれたような、縮められて苦しくて、早く半音上の「ドミソ」に上がって落ち着きたくなるような不安定な響き…ですよね。

「ソ」+「シレファ」が、いかに「ドミソ」に戻りたくなる響きか、お分かりでしょう?

20110807192517848_20170129002606cdf.jpg

もう何年も前に描いた下手な絵を再び…


◆いろいろな7th

ところで、属七は「7th」コードの一種ですが、「7th」コードにも4種類あります。
分かりやすく表記された図をサイト上で見つけたので、これを借用して解説を加えさせていただきます。

4種類の7th

明るいドミソ=C、暗いドミ♭ソ=Cmにそれぞれ、ベースの音「ド」から短7度上の「シ♭」を重ねたもの。左の2つ、C7Cm7ですね。

★補足

このC7属七とするのは、ドより5度下のファを主音とするヘ長調、または同主調のへ短調(属七は同主調の長調・短調に共通)。どちらもシには♭がつく調性です。その調を構成している音を上に乗せたものですね。


同じく明るいドミソ=C、暗いドミ♭ソ=Cmにそれぞれ、ベース音「ド」から長7度上の「シ」を重ねたもの。右の2つ、Cメジャー7Cマイナー・メジャー7ですね。

ハ長調の5番目の「ソシレ」も明るい長3和音(=下の2音間が長3度、上の2音間が短3度)。その上に、「ソ」から短7度上の「ファ」を乗せた「ソシレファ」という和音。上図のいちばん左のタイプで、コード名は「G7」(←先進国首脳会議ではありませんよ)。

★補足

ハ長調
と同主調のハ短調でも、属七「ソシレファ=G7」は共通です。「ソシレファ」から明るい「ドミソ」にも、悲しい「ドミ♭ソ」にも行けます。ただ、ハ短調の調性では♭が3つ付き、シにも♭が付いてますから、そのままでは「ソシ♭レファ=Gm7」になってしまいます。そこで、ハ短調の第7音「シ♭」を半音上げる必要がある…それが「和声的短音階」(ハーモニックマイナー)です。

和声的短音階を音階の形で示されて第7音が半音上がる…と示されても「なんで?」ですが、こういう意味だったのです。
3種類の短音階については、こちら(私のオリジナル)をクリックしてご覧ください。

短音階 3種類20170128

7thは 5度下へのきっかけ

明るい長3和音の上に「7th」をのせた響き、つまりC7、D7、E7、F7、G7、A7、B7(それぞれに♯・♭のついたものも)はすべて、他の調(=5度下の調)の「属七」にあたります。

曲全体を他の調に移す「移調」、曲の途中で調性が変わる「転調」、そのほか曲の中のちょっとした場面で5度下の響きへと色変わりさせるきっかけになる、いわば5度下への強力な引力を持った響きなのです。

このように、3和音に7thを加えることで5度下の響きへ、そこで安定したかと思いきやまた「7th」の音が加わってさらに5度下へ…と連続技で色変わりを繰り返していくのを「ウルトラセブン」と言います!

もちろん嘘ですが(笑)、私はよくそう呼んでいる「5度進行」ですね。
安定したかと思うと、それが「5番目の響き」に色変わりして、5度下へ…この「不安定→安定」の引力を人はどうして感じるのでしょうか?


◆「ソシレ」はいつ聴いても「ソシレ」なんだけど…

最後にもういちど「和声心理学」のお話し。

明るい和音「ソシレ」という響きは、いつどこで聴いても同じ「ソシレ」です。
周波数も「ラ=440Hz」を基準に合わせれば世界共通の、人類の共有財産、普遍的で永遠の「ソシレ」です。その響きを聴いた人の耳が脳に伝達する神経のメカニズムそのものは変わらないはずです。

なのに…

「ソシレ」はト長調の音楽の中ではもっともベースの安定した和音(=トニック)ですが、ハ長調では5番目の音(=ドミナント)で、早く「ドミソ」に戻りたく感じるのです。不思議ですね!


音や和音(響き)には、音楽の中での立場や役割がある、ということです。

喩えるなら、一家の中では「お父さん」で世帯主。でも実家に帰れば「5男坊」で決定権はなく「あんたじゃなくて世帯主に会わせろ」と言われてしまう立場…そんなところでしょうか(笑)。

モーターの回転音や、風が鳴らす鈴の音、列車の警笛など…「音」はいたるところにありますが、「音楽」として用いられる「音」や「和音(響き)」は、決して単独では存在しません。

他の音や和音との関係で、結びついたり、溶け込んだり、引っ張り合ったり、途中の寄り道の音だったり、どこかへ向かう音だったり、帰結する音だったり…なんらかの「力」が働いているのです。

そうした目に見えない「力」に沿って、ある響きから他の響きへと色変わりさせていく法則…
それが「コード循環」ではないかと私は考えています。

「5度の引力」をコード循環に

2017年 1月28日(土)

楽典の基礎からコード循環へ…

音楽用語の意味、和音の種類・音階・調性…これらは楽典の基礎としてある程度「覚える」しかない世界。
でも、そこで大切なことは、音に対する感覚をもつことだと私は思います。

どんな世界でもそうですが、ただ丸暗記して覚えればいい、テストで正解が書ければよい…ということではなく、「なぜ?」について考えることが大切です。音楽はまさに感性の大切な世界です。


人は音を聴いてなぜそう感じるのか?

たとえば、音程でも和音でも、5度という関係はとても重要です。
ドとソ、主音と属音の関係。ここには強い引力が働いていると感じるのです。

「ソ」という音は、いつどこで聴いても「ソ」であり、「ソシレ」という和音は世界共通の「ソシレ」なわけですが、ハ長調の音楽の中では「ド」に戻りたくさせる引力をもっている…不思議ですね。

単なるモーターのうなり音や電車の警笛のような「音」ではなく、音楽の中で聴いている音は、単独で存在しているのではなく、ある役割をもってほかの音や和音(響き)と結びついている、ということでしょうか。
→ 「属七の引力 なぜ?」

5度の引力が使われる場面には、およそ次のようなパターンがあると思います。

5度のマジックパターン

◆和音→コードへ

すべての音をベースとする全コード名を一覧にして覚えるのは大変です。
「C(ド)」をベースに、明るい「C」、マイナーコードの「Cm」、さらに「Cdim」「Caug」、7thにも4種類…ひとつのベース音だけでもこれだけ種類があります。それを12音すべてについて…

★もちろん、長3和音・短3和音はどういうものか、下の2音の音程と上の2音の音程がそれぞれ長3度か短3度か、dim(ディミニッシュ)・aug(オーギュメント)とはどういうものか、7thにはどんな種類があるか…といった基本的な知識は必要ですが、ここではコード循環を理解して使えるようになるには、ということです。


仮にすべての音をベースにすべてのコード名を一覧にして「覚え」ても、すぐに使えるようにはなりません(泣・笑)

そこで、私がお薦めするのは、ひとつの調の7音をベースとする7つの和音(コード)から覚えること。


調ごとに 7つのコードでとらえよう

まず、もっとも単純なハ長調とイ短調の7つの基本コードの組み合わせを1~7までの数字(度数)で覚えるのです。

基本、まず覚えるのはこの7つの和音(コード)です。
長調では1・4・5は明るい和音、2・3・6はマイナーコード。最後の7だけがdim(ディミニッシュ)。この順序は他の長調でも変わりません。

長調・短調7つのコード
下段の短調のコードでは、5番目と7番目の和音に臨時記号の#がついてますね。ここでちょっと楽典のおさらいです。


<和声的短音階について>


平行調の長調(イ短調にとってはハ長調)と同じ7音でできている短音階が「自然的短音階(ナチュラルマイナー)」。

その5番目の和音(=ドミナント)は、同主調の長調(イ長調)にも短調(イ短調)にも共通の明るい和音でなくてはいけません。
そのために自然的短音階の第7音を半音上げたのが「和声的短音階(ハーモニックマイナー)」。

楽典の本には、音階の形で第7音を半音上げたものを「和声的短音階」と示しているものがほとんどですが、それだとなぜ第7音を半音上げる必要があるのか理由が分かりません。それに和声的短音階を音階として奏でる必要はないのです。

なぜ和声的短音階では第7音が半音上がるのか?
それは属七・Ⅴの和音(=ドミナント)の響きは長調も短調も共通だから…
明るい「ミソ#シ(レ)」の響きから、明るい「ラド#ミ」にも、暗い「ラドミ」にも行けるためです。

楽典は単に「覚える」ものというより、こういう理由を理解するために用いたいですね。



このように、まずは単純な(原則♯も♭もつかない)ハ長調やイ短調を例に、曲の中のコード進行を「度数」で捕まえられるように。

あとは、他の高さ(調)でも、その調の音階を構成している7つの音の組み合わせでできる和音は7つ。
全コードを一覧で覚えるよりも、はるかに実用的ではないでしょうか?



5度の引力を有効に使ったコード進行(=5度進行)

では、これら7つのコードをどう循環させたらよいのか?
曲の中ではどう使われているか?

「5度の引力」を使ったコード進行があります。

5度進行
この5度進行をフルに使って8回目で元の音に戻ってくるコード循環は、短調の曲でとくに多く使われます。

♪「枯葉」、「白い恋人たち」、竹内まりあ「駅」、来生たかお「グッバイデイ」…etc.


厳密に完全5度で進行させたら12回かかってしまいますが、途中1か所、F→Bのところで減5度の「ごまかし」が入ってます。
その「ごまかし」の減5度が、短調では終わり近くに出てきますが、長調だと「4→7」は割としょっぱなに出てきてしまいますね。長調ではここを避けて1→(3→)6→2→5→1というコード進行がよく使われます。


1→(3→)6→2→5→1

C(=1)から3度下のAm(=6)に降りる。平行調だからすんなり動けます。
♪「上を向いて歩こう」「ムーンリバー」の出だしのように、光と影を行き来するような響きの移ろいです。そしてあとは5度進行で「6→2→5→1」。

あるいは、Cから3度上がってEm(=3)へ。そこから5度進行で「3→6→2→5→1」
♪尾崎豊「I love you」、長渕剛「Close your eyes」、あとテレサテン「時の流れに身を任せ」の骨格部分などがその典型ですね。

★5度進行では、とくに7thの音を加えることで、属七のように5度下への引力をより一層強めるものが多く、7th進行などと呼ばれることもあるようですが、私のブログ内では「5度進行」に統一しています。


5度進行の変形

どこかに臨時記号の♯をつけて、マイナーコードを明るくしたり、逆に明るいコードをマイナーに変えたり、dimやaugを作ったり…と応用。
たとえば、 4を「F♯dim」に変え、7を明るい「B」に変え、3へ…そう、メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」に出てくる「結婚行進曲」「4→7→3」の変形だったんだ…!

最後に、この5度進行の最後、「2→5→1」の部分に注目。
2-5-1とドッペルドミナント


2のマイナーコードを明るい和音に変えたもの、それがドッペルドミナント(二重の属音)です。

★ドッペルドミナントについては、後日あらためて記事を書きますが…

♪ラデツキー行進曲、花のワルツ(チャイコフスキー「くるみ割り人形」終曲)、ショパンのバラード1番やワルツなど、クラシックの名曲でも多く用いられています。
とくに冒頭、「これが主役かな?」と思わせておいて、実はその5度下、さらにその5度下から主役が登場…といった演出に用いられます。

→ 二段の滝 ドッペルドミナント




こんな風に、クラシックの名曲を、あるいは流行の歌謡曲や映画音楽をコードの流れでとらえる試み。

「そこにおたまじゃくしがあるからその通り弾く」のではなく、響きの移り変わりを分かって弾けるようになります。「楽譜がないと弾けません」からの脱却への近道です。

「むかしピアノを習ってました」と過去形でおっしゃる方も、楽譜を見て、毎日ピアノに向かって練習して、覚えていれば弾けたんですよね。あらためてこうしてコードで音をとらえることができたら、いかがでしょうか?

また、楽譜は読めないけど、コードで音を捕まえてピアノを弾けたら…はい、ギターなどと同じくコードを覚えればそれも決して夢ではないのです!

ギターは、比較的大人になってから始められる方も多いですね。私が高校生のころ、それまで楽器などやったこともない友人が、ギターをはじめてわずか数か月で、フォークソングなど(年代が知れますね…笑)をさらっと弾いているのを見て驚いたものです。コードで覚えると弾けるようになるのも早いのでしょう。

ただギターの場合、6本の弦をおさえる「手の形」でコードを、耳で聞こえる「響き」と一致させて覚えることが多いのではないでしょうか?
だからコード名だけで演奏できるようになっても、個々の音の上下や広がり(音程=音と音の間隔)が見えづらいのではないでしょうか?

その点、ピアノなどの鍵盤楽器は、音が並んでいて見えてますから、短3度、長3度、5度の広がり、そこに7thや9thを上に重ねる感覚、ある音を半音下げるとマイナーな響きに変化する…といったことが、すべて目に見えるのです。

どの楽器もそれぞれ魅力がありますが、いちど鍵盤で音の関係を見てみるのも悪くないと思います。



人生というステージで

1月25日(水)

ステージ(舞台)には、さまざまな装置があります。
歌舞伎(お芝居)の専用舞台には、回り舞台・せり・花道といった特殊な設備があります。

回り舞台 歌舞伎舞台


また、音楽専用ホールは残響時間を計算して作られ、立派なパイプオルガンもあったりします。

みなとみらいホール
横浜みなとみらいホール

あるいは、演奏会のほか展示会・イベント・講演会などにも使える多目的ホールのステージもあります。

舞台機構有)トラクト装研 HPより


舞台の間口・奥行、美術バトン(幕やセットを吊るためのバトン)の本数・耐加重、照明や音響設備…それらによって、そこで演出できる内容も大きく変わってきます。

吊りバトン
びっしりと並んだ吊りバトン

逆に、せっかくパイプオルガンを設置したものの、それを活かすような演目が年間を通してほとんどないような事例も…
どんな目的を想定してそのホールが作られたのか、せっかくある設備はちゃんと活かされているかどうか(=運用するソフト面がしっかり充実しているかどうか)…?

また、忘れてはいけない大切なことがあります。

立派な設備を備えた専用ホールはもちろん素晴らしいですが、古い公民館や集会施設、あるいは学校の体育館、教会の会堂やお寺のお堂のような空間であっても、使い方によっては人々にかけがえのない感動を与えることはできるのです。



人の人生も同じではないでしょうか?

その人が生まれた時から授かった才能、学んで身につけたこと、長年やり続けてきたこと… 

隣の人のステージにあるものを羨ましがるのではなく、自らのステージに授かったものを活かして
人生を演出しているかどうか?

人生というステージにおいて、ひとりひとりが役者でもあり、演出家でもあるのですから。



引退したヘリの活用術!

1月24日(火)

室内で飛ばせる小型のラジコンヘリ、だいぶ前にこのブログでもご紹介しました。

1_20170124175912173.jpg

でも悲しいかな、もう飛ぶことはできません。

2段のローター(=反対方向に回転するため、トルクが打ち消される)のうち片方の動きが遅くなってしまって機体が回ってしまうようになり、油を指したりちょこっといじってみたんですがダメ。
さらに、フルパワーにしても浮き上がるだけの力が出なくなり…

小さなモーターなので、もう寿命なのでしょうか?
でも、捨ててしまうのも可哀そうな気がして月日が流れました。



ところで冬は、室内の上の方に暖かい空気がたまりますね。
ラックの上に小さな扇風機を置いて、空気を循環させたい。
太陽電池で昼間充電して回るおもちゃみたいな扇風機でもいいんだけど…と近所の電気屋さんを訪ねてみたんですが、さすがにこの季節に扇風機なんてどこにも売ってませんよね~(笑)

そう、そこでひらめいたんです。
もう飛べなくなったあのラジコンヘリにもう一度活躍の場を!

パソコンのUSB端子から充電し、コントローラーに新しい単三乾電池を入れ、ラックの上の埃をとってから、鉄の定規をスキット(=ヘリコプターの足)に通して動かないようにして、スイッチオン!

2_20170124175911f87.jpg

Oh!、けっこう風を起こしてくれます! フル回転させなければ10分ちかく回ってくれます。


♪栄光の日々

職場の購買部で買ってきて、私がまず飛ばしてみた記事が2012年
→ 
室内で飛ばせる簡単ヘリ

20120608115509547_20170124175913aeb.jpg 201206081155291ca_201701241759146c0.jpg

メカ好きの下の娘が家の前で飛ばしたのが翌2013年。
→ 
雨上がりのホバリング

P8253136_201701241759153c6.jpg P8253140_20170124175915729.jpg P8253145_20170124182407942.jpg

デイホーム日誌(2) 脳が喜ぶ歌の会 2017.1.21

1月21日(土)

昨年12月に続いて、デイホーム野沢での「歌会」ボランティアに行ってきました。

1

今回は「脳が喜ぶ歌の会」と題して、音楽と脳に関するお話し(前半20分)、お茶・休憩タイムをはさんで「冬」にちなんだ日本の歌曲を数曲、キイボードで伴奏させていただきました。

2

「脳トレ」「あなたの脳年齢は?」といったキイワードがよく聞かれるようになって久しいです。若い人の間でも「脳の健康」に関心が高まっていることの表れではないでしょうか?

2020年には、65歳以上の5人にひとり、500万人を超える人が認知症になる危険があるともいわれています。
認知症に限らず若い人でも、同じような行動パターンの毎日を過ごしていると、いつ何があったか、先週の〇曜日に何を食べたか、日常業務でこれを出したのはいつだったか…といった記憶はあいまいになります。脳は必要のない情報は忘れていくという性質をもっているからです。それは決して異常なことではありません。でも、日々の生活の中で忘れていくようなことだけやっているとしたら、せっかくある脳のうち限られたほんの一部しか使っていないことになります。もったいないですね。

では音楽をやると脳はどうなるのか…?


音楽・歌は脳のすべてを使う

音楽を聴くだけでも脳は活性化されます。
「ドラーララーラシ♭ド~」というメロディを聴いて「あ、この曲知ってる!」と思う。なぜでしょう? 
音の高さ・長さの組み合わせで「見上げてごらん夜の星を」だと分かり、歌詞が口をついてできてきます。不思議ですね。

若いころ大好きだった曲を聴くと「懐かしい」と思い、その当時の記憶がよみがえってくる…
その人にとって特別な曲=パーソナルソングというのが、記憶を呼び覚ます鍵となり、施設でまったく口を利かなかった人が突然昔の思い出を語りだす…そんな奇跡が本当に起こるのです。
→ パーソナルソング

さらに、歌うという行為によって、呼吸を整え、発声し、音楽(伴奏)聞いて同じ音程の音を出し、リズムに乗り、歌詞(ことば)の意味を理解し、次の歌詞を引き出し…脳のあらゆる部分を使います。

下の画像を見てください。光トポグラフィという装置によって脳の血流を測定すると、安静時には真っ白だった脳の血流が、黙読や音読といった読書によって、また計算することによって、脳の一部に血流が起こっていることが分かります(青よりも赤い部分がより血流が活発になっている)。

脳の血流測定20170121

右下の「歌う」では、脳全体が真っ赤になっています。つまり脳全体に血流が活発になっていることを示しています。

なにかをしながら音楽を聴くことはできます。よほど集中したい時にあらゆる音が邪魔になることもありますが、勉強しながら、模型を作りながら、FMで音楽を聴くことはできます。勉強にはすべての脳を使っていないんですね(笑)

でも、音楽をやっているとき(=歌ってるとき、なにか楽器を演奏しているとき、ある音楽を集中して聴いているとき)に、まったく違う音楽を脇で聴きながらできますか?
無理でしょう。つまり音楽に取り組んでいる時は、脳のすべてをフルに使っているということです。

そこできょうの一つ目のキイワード
  ★ 音楽・歌は脳のすべてを使う → 脳が喜ぶ


◆手遊び歌

きのうは東京でも雪がちらつきました。
そこで、きょうは「雪やこんこん」の1番を歌いながら、

  *右手はげんこつでテーブルをとんとん
  *左手は手のひらでテーブルをすりすり

左右同時に動かし、曲の途中で(フレーズごとに)何回か、右手と左手を逆に!
職員スタッフさんにもご一緒にやっていただきました。

げんこつを上からたたく動きと、手のひらを前後に擦る動き…曲の1フレーズごとに左右を入れ替えるのですが、左右一緒に上下に動いてしまったり、げんこつですりすりしてしまったり…案外難しいのです。
とくにテーブルに手を触れないで空中でやると、テーブルに触れる感覚がなくなるのでいっそう難しくなります。


手や口の周辺には、感覚神経も運動神経もたくさん集中しています。
これはペンフィールドのマップと呼ばれるもの。脳からの運動神経が全身の部位とどうつながっているかを示したものです。手と口の周りが脳の中で占める割合がとても大きいことが分かります。


ペンフィールドのマップ

脳を操作盤(コントロールパネル)に喩えると、手や口の周りを細やかに動かすためのスイッチ類が多くのスペースを占めているわけです。

もしこのマップ上の身体部位をそのまま人の形に置き換えてみると、手と口まわりが異様に大きなこんな姿に…

ペンフィールドのフィギュア

歌うことで口の周りをよく動かし、さらに手の動きも加えることで、脳の広い範囲を使うことになるのです。


歌詞によって表情をつける

いくら脳が喜ぶといっても、まさかカラオケで歌いながら「左右の手を別々に動かす」なんてやりませんよね、ふつう(笑)
せいぜい歌詞の中で「あなたに」とか「私にとって」といった要所に振りを入れるぐらいでしょうか。

でも、手に限らず脳を喜ばせる方法があります。
歌詞の内容に合った顔の表情、発音をする ために、脳からの細やかな指令が出されるのです。

たとえば、きょうの歌の歌詞にもこんな単語が出てきます。

 *「朝日」「かがやく」など、きらきらと明るいイメージのことば
 *「ともしび」「幸せ」「ほほえみ」など、あたたかみのあることば

これらの「ことば」を、気持ちを込めて皆さん一緒に発声していただきました。
気持ちを込めるだけで「ことば」にも表情が豊かに現れるんですね!

そこできょうの2つ目のキイワード
 ★ 音楽を愛する上で最大の敵、それは「無表情」である!

カラオケでも、曲のイントロから歌い出しの雰囲気、歌い込む山場、ひとつひとつの歌詞の意味…そこをちょっと意識するだけで「聴かせる歌」になるのです。

きょう3つ目のキイワードは…
 ★ 脳が喜ぶことをしている人は、まわりの人も幸せ(happy)にする


きょうの歌

正月明けてすでに2週間、いまさら「お正月」ではありませんが、お正月にまつわる曲って案外ないんですね。
「♪もういくつ寝ると~」の「お正月」は、お正月を待ち望む12月の歌ですね。
しかも24日までは街じゅうクリスマス一色ですから、スーパーなどであの曲が流れる賞味期限は1週間しかないんです。
「♪年のはじめの ためしとて…」は「1月1日」、もっと賞味期限が短くてせいぜい3が日。
「たこたこ上がれ~」はありますが「コマの歌」はない…そう案外ないんですよ。

そこで、冬・雪にまつわる曲として歌詞本から選んだのは…

♪スキー…山はしろがね 朝日を浴びて 滑るスキーの…
♪冬景色…さ霧きゆる港江の 船に白き朝の霜…
♪雪の降る街を…雪の降る街を 〃  思い出だけが通り過ぎてゆく
♪冬の夜…ともしび近く衣縫う母は…

そして、私の歌会でのラストテーマ
♪「見上げてごらん夜の星を」


5_2017012321413087c.jpg
4

例によって楽譜は書かず、どんなイントロを入れようかメモ程度におたまじゃくしを書く以外は、横書きの歌詞の下にコード名だけを記入。楽譜なしで演奏することにも慣れてきました。

次回は昭和の歌謡曲を考えています。

「すっぴん」…どういう意味で使いますか?

1月19日(木)

久々に「ことば」に関する記事を書きます。
「すっぴん」という言葉、よく耳にしますが、あなたはどういう意味で使いますか?


多くの女性が口にされる場面では…
「すっぴん」=メイクしてない状態、素顔

<使用例>
*(撮られた写真を見て)「いやだ~、わたしこの時~~なのよ」
*(写真を撮られるときに)「~~ですけど、いいんですか?」…etc.

ちゃんとメイクもしていない状態(=人様にお見せできない状態)で失礼します、
といった謙遜(もしくは言い訳?…笑)としての使われ方が多くないでしょうか?

でも、本来の意味は…

すっぴん=「べっぴん」に類似してできた造語で、化粧をしなくても美しい人、いわゆる「素肌美人」のこと 

だそうです。
男性が、素肌の美しい女性を褒めるときに用いるのが本来の使われ方だったみたいですね。



多くの女性たちの「すっぴん=メイクしていない状態」という意味での使い方も定着してますし、私もとやかく言葉尻をとらえるつもりはありませんが、もし言葉が誕生した時の本来の意味でとらえてしまうと…

「私、すっぴんなんで」は、謙遜どころか、「私、メイクなんかしなくても十分美人なんで」、ということになります。
「私、失敗しないんで」という決め台詞の女医さんがいらしゃいましたね。あんな感じでしょうか?

みなさんはどんな場面でどんな使い方をされてますか?



ところで…
能面のような無表情なメイクのことをなんというでしょうか…?
答えは、くだらないこの記事の終わりをどうぞ!
→ Nomen

 

性格は変わらない? ~柔軟な頑固さ~

1月13日(金)


◆性格は変わらない?


生まれながらの性格、育った環境から長年身についた習慣は、そうそう簡単には変わりませんね。

しかし…

居酒屋やファミレスで皆さんの会話の中にしばしば登場する「あの人の性格は~~」「この前なんか~~って言ったらなんて言ったと思う?」「仕事はできるんだけど、あの性格は困ったもんだよね」…etc.
そうした場面でレッテルを貼られる「性格」は、ちょっとしたものの言い方行動パターンを指していることがほとんどではないでしょうか?

ちょっとした場面で「ありがとう」や「ごめんなさい」を言わない、自分の決めたルールでマイペース、人には文句だけ言う…etc.

人と接する上で問題とされるような性格、いわば社会生活上問題となるような性格は、ちょっとしたものの言い方や行動パターンを改めることで改善されることが多いのではないでしょうか?

「俺はこういう性格なんだ」と決めつけて開き直るのではなく、ちょっとしたものの言い方や行動パターンを変えてみることで、周りの人たちとの関係や見える世界が変わるかもしれません。


◆頑固さにも2種類

なんでもかんでも人に合わせる、お客さんの好みに合わせて売れるものだけをつくる、自分の主張・ポリシーがない、優柔不断、付和雷同…etc.

最近のTV番組でも、「視聴率」という前近代的な商業主義の数字に振り回されて、どの局も同じような売れっ子芸能人を出してきて、ウケを狙った低俗なバラエティ番組ばかり、報道のポリシーはどこへやら…

そんな中にあって、昔ながらの伝統にこだわり、自分が納得するものを追求し、売れる売れないに関係なくいいものを提供し続ける…
そうした「あっぱれな頑固さ」は絶滅してほしくありません。

個人の意見でも、「こんなことを言ったらどう思われるかな?」じゃなく、自らが学んだこと・経験を積み重ねたこと・自分なりに考えたことをベースに確固たる信念をもち、揺るぎない態度でブレない人生観・価値観は大切にしたいですね。

しかし反面、ろくな経験もないのに思考パターンが凝り固まっている、いわゆる「視野の狭い頑固さ」は困ったものです。

ある物事に対してあまり中身を追求することなく思い込みで見方を決めてしまい、凝り固まって他の意見に耳を貸さず、他人を理解しようとせず、いつも同じ論法で展開する…(いわゆる「ネト〇ヨ」と呼ばれる人に多く見受けられるパターンです)

それはいい意味での頑固さとは全く違い、単に頭が固い、視野が狭い、柔軟性・協調性に欠ける、わがままな頑固さ、視野の狭い頑固さ、手に負えない頑固さですね。

人のふり見てなんとやら…(笑)

週末午後の独り言でした。

Akira

長崎「軍艦島」

1月10日(火)

㈳日本音楽レクリェーション指導協会の理事長、堀口直子様がこのお正月にアップされた長崎「軍艦島」の現在の画像をシェアさせていただきます。

1_201701101925040af.jpg 2_201701101925051c9.jpg

「軍艦島」については、NHKでもかなり以前からしばしば取り上げていて、私もその島の名前からして興味をもっていましたが、残念ながらまだこの目で見たことはありませんでした。


★以下、クリックすると大きな画像でご覧になれます
3_20170110192506062.jpg 4_2017011019250712f.jpg 5_201701101925079d9.jpg

1970年代、私はまだ中学~高校生でしたが、「あすをひらく」という科学ドキュメント番組(30分)がありました。
身近なテーマを科学的に検証するその番組で、鉄筋コンクリートの建物の寿命について取り上げたことがあったのです。

高度経済成長期にどんどん建てられた鉄筋コンクリートの建物。しかし川砂利が取れなくなって代わりに海の砂を使うようになり、よく洗ってもどうしても塩分が残る。それが鉄筋を錆びさせる、耐久年数はどれぐらいなのか…というお話し。

そこで軍艦島の調査の話に。海に囲まれて常に強い潮風にさらされている軍艦島の建物は、都会でのコンクリートの老朽化を、時間を縮めて観察できる、ということでした。

6_20170110193009b50.jpg 7_2017011019301072c.jpg 8_2017011019301115d.jpg 9_201701101930127aa.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧になれます

それから40年以上たった現在の軍艦島の姿…

かつて炭鉱でさかえ、学校やショッピングセンターもあり、家族とともに生活の場だった「街」…かつてここに住んだ人は感慨深いものがあるでしょうね。



今から12年前の夏、「長崎被ばく60年メモリアルコンサート」で初めて参加したオーケストラ。
障がいのある方とも「ともに生きる」をテーマとして活動し、その後「音楽の力」「せめて私にできることを」と思うに至った、私にとって原点ともいえるのが長崎の地。

そのコンサートのあと、家族で長崎から船で周遊したことがありますが、そのコースからは軍艦島を見ることはできませんでした。

その軍艦島の今(=このお正月)の画像をFBにアップされていたのが、偶然にも昨年認定試験でお世話になった㈳「日本音楽レクリェーション指導協会」の理事長、堀口直子様でした。

堀口様には快くご了解いただいて画像を拝借しました。ありがとうございます。


<堀口様からの紹介文>

帰省中の元旦に世界遺産の軍艦島に上陸!
明治23年から炭鉱都市として栄えた、人口密度は東京の9倍で世界一の街。最盛期は5200人が住んでいました。大正5年に日本初の鉄筋コンクリートの高層住宅が建設され、幼稚園から小中学校、映画館まであったそうです。
三菱がこの島を買い取り開発が開始されてから40年前に閉山。日本の経済発展の歴史が詰まった軍艦島(端島)、ぜひ、一度足をお運びください。感動します。

軍艦島の名前の由来は、軍艦「土佐」の姿に似ているからだそうです。

10_20170110193012f65.jpg

三菱重工業のクレーン上部の、ひし形の三菱マーク。白い部分の面積はテニスコート一面分だそう。
いかに大きいかがわかりますね。こちらでは16万トンの船が作れるようです。



マロンがやってきました!

1月7日(土)

年賀のご挨拶の中でも小さくご紹介しましたが、
マロン(メスのトイプードル)が今日から新たに家族になりました!

1

ショコラに次いで「名づけ親」の下の娘に抱かれて…

2

おなじみのショコラは、間もなく4歳。お姉さんになれる…かな?
先輩のショコラを今まで通り「第一」にしてあげるから、マロンとも仲良くしてあげてね。

3

並んだケージで、マロンの方を向いて排泄するなど、すでにお姉さんぶりを発揮…?

4 5

トイレやご飯のマナーなど、ご指導よろしくね!

15972568_1238478936245642_3205767110258792207_o.jpg
娘がキラキラコラボしてくれました!

*カテゴリの名称を、「ショコラ」から「しっぽの生えた天使たち」に変更しました。

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR