カテゴリー設置から5年

7月24日(金)

戦後の日本がずっと追い求めてきた資本主義、自由主義、競争主義。企業が自由競争で成長すれば国民の生活も豊かになる…?



しかし今の社会を見ると、企業が儲けても国民は豊かにならず、カネを持っている者=成功者で、自分が成功者となるために他人を蹴落とし足を引っ張り、カネさえ払えば何をやってもいい、そんな歪んだ姿になっていないでしょうか?
人のことなんか関係ない、自分さえよければいい、今さえ良ければ後のことなんか知らない、想像力も思いやりもない、ストレスのたまる世の中へ…


「豊かさの敵とは?」
この記事は、2012年の3月、つまり東日本大震災からちょうど1年後、まだ民主党政権だった時に書いたものです(タイトルをクリックすると記事に飛べます)。

その後ふたたび自民党が政権をとり、第二次安倍内閣が成立すると「アベノミクス」を旗振りに、私の考える「豊かさとは?」とはまったく逆方向への矢が次々に放たれてきました。
弱きものをどんどん切り捨て、大企業ばかりを優遇し、見かけの数字だけの景気を上げる経済第一主義へ…


「人の命よりも、地球よりも、企業の利益は重い」?


中学校の社会科で、憲法で定められた基本的人権の理念を「人の命は地球より重い」と習いました。
それを文字って、私のブログ内でしばしばこの表現を用いてきました。

そんな経済(=企業の利益)第一主義の発想。
原発や武器を輸出し、海外で戦争できる国を目指してまでも? 
まるで母体を滅ぼしてでもひたすら増殖をつづける「がん細胞」のように…



私は当初からそんなアベノミクスには反発してきた一人です。
「経済」という名のマネーゲーム感覚、企業中心の金儲け主義、アベノミクスを良しとする風潮、ひいては自分には関係ない、自分さえよければいい、今さえよければいい…そんな世の中の空気に対して、ぶつけようのない怒りを感じてきました。

私だって身の回りの楽しい話題・おいしい話題・可愛らしい話題・音楽寄りの話題だけをアップしていれば楽しいし、みなさんも気楽に「いいね」が付けやすいことも分かっています。

でもあえて、今のような政治・社会の風潮の不条理に対して、私なりに想うところを発信するために多くのエネルギーを費やしてきたように思います。
すべての人がいつまでも幸せに、おいしいものを食べられ、美しい音楽を楽しめる世の中が続くように。
子や孫の代まで恥ずかしくない日本を引き継げるように、そして世界中の友と仲良く平和で暮らせるように…

私のブログ内に「豊かさとは…?」というカテゴリーを設けたのは2010年の7月。いまからちょうど5年前、ブログを開設して数か月ほどたった時です。以来、さまざまな出来事をこの切り口で見つめ、折に触れてつづってきました。

よかったらこちらからさかのぼってご覧ください。
★カテゴリー 「豊かさとは…?」

  

    ↓ FBでのシェアも歓迎ですが、よかったらこちらにもワンクリックを!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

同感です。

Facebookではありがとうございました。
ムヒカ大統領まで出て来るとは思いませんでした^ - ^
現代社会は、過剰消費依存症なんでしょうね。
猫や犬でも持っている、他者への思いやりを忘れて、薬物依存症患者のように自己の強欲を満たすのに没頭しているように見えます。
判断力が退化してしまった感じがしますね。
人間は、絶対に1人では生きて行けません。
どんな人も必ず他者の助けと関わりがあって生きて行けるのです。
人を無視した思想は、必ず破たんし自滅の道へ向かうでしょう。
人類が自滅するかもしれない時代に、今までの弱肉強食の競争の時代は終わったと思います。
これからは、他者を認め助け合い思いやる共存の時代だと思います。
強者が弱者をくじくのではなく、強者が弱者を助けるいたわる、地球社会でなくてはなりません。
地球人が、助け合い互いが思いやる思想が共有されて初めて貧困、飢餓、戦争、病気、災害、環境問題が効果的に緩和されて行くでしょう。
ムヒカ大統領もピケティも根底にある考えは同じだと思います。
安倍首相がやっていること、やろうとしていることは、その考え方とは真逆の方向で、決して人類の多くが平和に繁栄することは無いと思います。他者を抑え込む力が前提のやり方だからです。争いは絶えず、様々な問題を克服することは出来ず、人類と地球にとって、不幸な道へとつき進むでしょう。
今、世界がイデオロギーを越えて、民主主義を守り、互いが助け合い思いやる地球社会を目指さない限り、個人や人類、地球に明るい未来は無いと思います。

Re: 同感です。

タローさん

ご丁寧なコメントありがとうございます。
こちらこそ、FBではありがとうございます。

本当にそうですね。
「弱肉強食」とは自然界の摂理でもありますが、人間はその自然の調和・バランスさえも崩すほどの他者攻撃・略奪の歴史を繰り返してきました。自分が生きるのに必要な範囲をはるかに超えて、他者をしのぎ、備蓄し、むさぼり、奪い…

去年より今年、今年より来年…と目標を高く設定することは、ある意味「発展」「成長」としていい面もありますが、永久に右肩上がりということはあり得ません。そのために大切なものを見失い、無理がたたり、人が人を疲弊させていくだけです。一流企業と言われてきた日本を代表する大企業でもそうした現象がつい最近明らかになりましたね。

物質的・金銭的な豊かさではなく、人と共存し、分かち合い、ともに生きていく本当の意味での「豊かさ」へ。
われわれ一人一人が自分の身の周りをチェックして、「身の丈に合った」やり方で「幸せ」を見つけていくことが大切かと思います。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR