第8回「愛のほほえみコンサート」

6月21日(日)

今年で第8回となる「愛のほほえみコンサート」に、記録係としてお邪魔してきました。
2_20150622011808373.jpg 1_20150622011808f16.jpg

午前 受付まわりを準備するスタッフ
3_20150622011809909.jpg 4_20150622011809cdc.jpg

私がここ3年ほど「音楽療法」を学んできた国立音楽院で、主に「ジャズ・コード・即興」を教えておられる池田公生先生を中心にNPO法人「夢のはな奏であい」が主宰して毎年行われてきたコンサート。私がお邪魔するのも3年目になります。

6_201506220118108bd.jpg 5_20150622011810f1b.jpg
★画像はクリックすると大きな画面でご覧になれます(以下すべて)。


このコンサートの柱は大きく2つ。

「チャレンジド コンサート」

さまざまな障がいを乗り越えて音楽に取り組む演奏家によるコンサート。国立音楽院にはさまざまなコースがありますが、インクルージングクラスというのがあり、さまざまなハンディを乗り越えて学んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

そしてもう一つの柱が…

「被災地から、そして被災地へ」

詩に託された想いを、池田先生の作曲・編曲によって心に響く音楽にしてくださり、毎年披露されています。
宮城~岩手など東北各地にお住まいの方で大切なご家族を失った方の想い、あるいは遠く離れた世田谷にいながらも被災地への想いを詩に託して…被災地と世田谷区をつなぐ架け橋です。


<プログラム>

オープニングはジャズ界の大御所、ギターの山木幸三郎カルテットの演奏で
♪「Misty」
6a_20150622012111adb.jpg 6b_20150622012112b11.jpg 6c_20150622012113784.jpg
 Gt.山木幸三郎、Ts.森田眞人、Bs.宮本博敏、Pf.池田公生(敬称略)

★一部、午前中のリハーサル画像を含みますので、出演者の服装が本番と異なります(以下同様)。



◆チャレンジド コンサート

♪「Step by Step」
ピアノ:山田美穂さん
7a_2015062201232614a.jpg 7b_2015062201232663c.jpg

♪「A lot of Flowers」
ピアノ:岩崎花奈絵さんとお母様の準子さん
7c_201506220123270b4.jpg 7d_20150622012328ec9.jpg

♪「風」、「夏の思い出」
作曲・ピアノ:太田将誉さん
7e_20150622012328ce2.jpg 7f.jpg

♪「夢はどんなときも」
作詞・作曲:新井裕樹さん
7g.jpg 7h.jpg

<歌詞>
夢はどんなときも

♪「さびしさ かくれんぼ」
作詞:池澤和代さん

演奏:池田公生&お洒落倶楽部
6d_20150622012113a8a.jpg

<歌詞>
さびしさ かくれんぼ

1部の締めは、田螺拓郎さんのピアノと山木幸三郎トリオで、ジャズの名曲「A列車で行こう」
8a_20150622012752af9.jpg 8b_2015062201275340a.jpg 8c_20150622012753d9e.jpg


被災地から そして被災地へ


♪「満天の星 陸前高田」
 (チャレンジド演奏家でもある岩崎花奈絵さんによる作詞)

8d_201506220127548ca.jpg 8e.jpg

<歌詞>
被災地から、そして被災地へ

♪「空からの合図」(世田谷在住の平松利津子さん作詞)

9a_20150622013224b81.jpg


作詞への想い…

某新聞社で子供新聞を書かれていて、文章を書くことにはまったく抵抗がなかった。でも、被災地を想って詩にするのに2か月も要されてしまったそうです。
言葉にできることには限界がある。でもそれが歌になり、祈りになる素晴らしさ…

9b_20150622013225783.jpg 9c_20150622013225270.jpg 9d.jpg

9e.jpg 9f.jpg

昨年に続いて大船渡市から詩を寄せてくださった平山睦子さんから2作品。

♪「復興」 (作詞:平山睦子さん)
♪「三陸気仙 春の巡礼路」 (作詞:平山睦子さん)

9h.jpg 9g.jpg

<歌詞>
三陸気仙 ~春の巡礼路~

平山さん

平山さんは大船渡市にお住まいで、地震・津波では助かりましたが、それまでクリーニング店を営んでおられたご主人が、その後まったく違う仕事で苦労されつつ亡くなられてしまったそうです。決して災害は「終わった」わけではなく、ずっと続いているのです。
でも、亡きご主人と気持ちをひとつに、気仙地区(岩手県の大船渡・陸前高田・住田町)をあちこち「巡礼」された想いを綴ってくださいました。


最後は「届け! こころの歌」と題して、
今日の出演者全員と、「歌・謡・隊(うたうたいたい)」の合唱

♪「奇跡の一本松の歌」

10a_20150622013750b62.jpg 10b_20150622013750dd5.jpg 10c_20150622013751262.jpg 10d.jpg

<歌詞>
届け!こころの歌

♪「幸福になるための歌」

10e.jpg 10f.jpg 10g.jpg 10h.jpg



私も3年連続でこのコンサートにお邪魔してますが、詩に表れる表現が少しずつ変化してきているように思いました。

「海よ、私の大好きな海よ、どうしてあの日怒ったの?」…といった、津波への生々しい記憶をぶつけるような作品は今年はなく、亡くなった方・失ったものを想い、寂しさを乗り越えて、希望をもって自分は自分らしく生きる…そんなメッセージが心に残りました。

4年という月日が過ぎ、生々しい記憶は次第に薄れ、目まぐるしく移り変わる日々のニュース報道だけを見ていると、もうすでに災害は過去のことのように思ってしまいがちです。復興予算も上限が設けられ、各自治体負担の話が出てきたり、「すべてはコントロールされています」などと海外で豪語する人物が現れたり…(ここでは多くは書きたくありませんが)

でも、人々の心に「終わり」「収束」はないのです!

「忘れてはならない」のは東日本大震災だけではありません。
自分とは違う立場の人たちを想う優しさと想像力、そしてせめて自分にできることで表現する力…

きょうのコンサートでは、こんな取組もご紹介されました。


ししゅう高田松原プロジェクト

ししゅう ししゅう1 ししゅう2

世田谷区の松原と、陸前高田をつなぐ、刺繍(ししゅう)に託されたメッセージです。
遠く離れていても、なにもしないでじっとしているのは辛い。ひと針刺すごとに、自分の想いを形にしていくことで、その辛さが癒されていく…

ししゅう3 ししゅう4 ししゅう5 ししゅう6 

昭和女子大で家政学と福祉が複合したような学科を受け持っておられた元名誉教授の天野寛子先生の素晴らし作品がロビーで注目を集めていました。

ししゅう7 ししゅう8 ししゅう9


◆音楽を通じて「ともに生きる社会」へ!

障がいのある方とも、音楽の力で「ともに生きる」社会へ…
震災後は、被災地とも音楽の力による「絆」を…

私もマチュアながら、ちょうど10年前にある指揮者との出会いがあり、この10年ほど参加させていただいているオーケストラがあります。その活動で、震災後には東北でのコンサートにも何度か参加させていただき、奇跡の一本松も間近で見ました。

★別件で恐縮ながら…
 → 
「コバケンとその仲間たちオーケストラ in 北上・大船渡」(2012年8月)
  「コバケン先生との出逢い」(05長崎、06熊本)

私も学生時代からオーケストラ活動は続けてきましたが、この活動との出逢いがあったお陰で「音楽の力でなにかできたら!」という想いを抱き、3年前から勤め帰りに学校通いを始めようと思えたのです。

その学校の授業を通じて知り合ったひとりの先生が、不思議なほどよく似たテーマで活動してこられていたのです!

音楽が結びつけてくれる人とのご縁の不思議さ、そして音楽の力の素晴らしさをあらためて。
単に自分が音楽が好きだから演奏したい、というだけでなく、「音楽の力で、せめて何かできることを」という想いをほんの少し持つことで、人の輪が広がり、言葉だけでは表せない表現力が音楽という形になり、祈りとなっていく…



今日の「愛のほほえみコンサート」の関係者のみなさん、本当に素晴らしいコンサートをありがとうございました。こういう機会を与えられている人たちは、とても幸せだと思います!

11_20150622014501b3d.jpg

どうかこれからもこういう輪がひとりでも多くの方に伝わっていきますように。
大切なものを失って悲しむ人が、少しでも早く癒されますように。

そして、このような活動がいつまでも続けられる平和な世の中が壊されませんように…


   ↓ よかったらこちらもワンクリックよろしく!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR