ツユムシ

5月13日(水)

今年もこの季節がやってきました。
昼間は初夏の陽気となり、日が暮れて夜風が気持ちよく、散歩にでも出たくなるこの季節、草むらや植え込みから「ジーー」と響き渡る虫の声が…

子どものころからあの声の主はいったい誰なんだろうと思っていました。
電車にまだ冷房が完備していなかったころ、郊外を走る電車が夜窓を開けて走っていると車内まで聞こえてきましたから、かなり大きな声です。

両親も、あの声の主が何ものなのか分からず、「オケラが鳴いてるんじゃない?」とか、人によっては「ミミズが鳴いてるんだ」とか…。ミミズがどこで鳴くんでしょう…?

はい、あれは ツユムシ という虫です。
キリギリスの仲間ですが、秋ではなくこの季節の夜によく鳴いてます。

きょう、帰宅後に犬の散歩に出たら、近所の小公園の植え込みでかなり近くでこの声が聞こえ、そっと近づいていったら、植込みの上の方に発見!

カメラ付き携帯のライトをONにして、そっと近づいてパチリ!

ツユムシ2015.5.11 ★クリックすると大きな画像でご覧になれます

虫の苦手な方はスルー(無視)してくださいね!

虫好き少年がそのまま大きくなったような50代の私でも、鳴いているその姿を見たのは生涯これが2回目、カメラに収めたのは初めてという貴重な画像なんです。



ところでみなさん、バッタ・キリギリス・コオロギの仲間の大きな見分け方をご存知でしょうか?

体の色が緑か茶色か、頭が尖っているか丸いか、草や木の上で鳴くか地面で鳴くか…
いろんな違いがありますが、鳴き方に大きな違いがあるんです。

この画像では分かりづらいですが、左右の羽を垂直方向に打ち合わせるように震わせて鳴いている(画像が少しブレている)のがお分かりでしょうか?

こういう羽の使い方で鳴くのがキリギリスの仲間です。
何年か前の秋に書いた記事をご参照ください。

→ バッタ・キリギリス・コオロギ





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR