Merry Chrisutmas

12月21日(日)


下の娘のクラスの女子友だち6人が家に遊びにきました。
お昼から夕方までずっと一緒。仲よしさん、いいね~

141221_1857~01



明日までの課題もかねて、クリスマスソングを全キイで挑戦中!

141221_1906~01

どうしても引っかかるのはふだんあまり使わないF♯=G♭(嬰ヘ=変ト長調)とB(シ♮・ロ長調)。
Ⅰ・Ⅳ・Ⅱ・Ⅵ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅰ…考えすぎるとダメみたいです。

次の音(コード)がイメージできて自然に手が行くのが理想。私の場合、♯で考えるより♭で考えた方が楽みたいです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 ご参考になるかどうかわかりませんが、12のキーに取り組む場合は、5度で転調するとスムーズに行くと思います。すなわち、

 C→F→Bb→Eb→Ab→Db→Gb→B→E→A→D→G→C

です。音階練習もこの循環にすると、進行感が把握できると思います。釈迦に説法でしたが。

Re: No title

そらまめさん
コメントありがとうございます。私もそうしてます。5度進行は本当に偉大な発想、すべてのカギは5度にありと言ってもいいですね。
http://resolutely.blog6.fc2.com/blog-entry-827.html

ただ、今私が学んでいる音楽療法にも関わるんですが、誰かの歌の伴奏をする場合、半音上げたり半音下げたり、曲の途中で半音上に転調したり…という場面が多いんです。

曲中での5度進行の感覚は大切ですね。バッハの時代から、現代まで。「枯葉」、「白い恋人たち」、冬ソナのテーマ、竹内まりあの「駅」、来生たかおの「グッバウデイ」、最近ハムのCMにも使われているラフマニノフの交響曲2番の3楽章(=ピアノ協奏曲5番では2楽章)…至る所に出てきますね。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR