秘密保護法スタート

12月10日(水)


いよいよ今日から特定秘密保護法スタートですね。
東京新聞のほか朝日・毎日も一面トップ(しかもほぼ全面)です!

10440244_627044504085042_8833750116417717177_n.jpg★クリックすると大きな画像になります

前から書いてきたように、一個人・民間人が何か言ったり書いても直ちに逮捕されることはありませんが…

●何をもって「秘密」とするのか定義がない=範囲は非常に広く曖昧で、時の政権トップの判断によって変わる

●公務員が対象だが、記者の取材に対して「秘密主義」が多くなる=国民の知る権利が侵される

●一般人でもうっかりしたことを言ったら逮捕されるんじゃないかという間違った不安から、ますます大人しい羊が増え、たわいのない話題ばかりが増える


◆正しい情報、正しい理解

「うかつに正しいことを言うと逮捕されるよ」…去年の今ごろ呑み屋さんでのジョークとしては笑ってましたが、もう飽きました!

ところで「風評被害」という言葉が福島から有名になりましたね。
風評被害を防ぐのは、「隠蔽」「ごまかし」「沈黙」ではなく、「正しい情報」「正しい理解」です。
もし実際に危険があるならそれは「風評被害」ではありません。広く正しく伝えられなくてはいけません。

どうもその辺りを誤解され、真実から目をそむけ「見ざる・聞かざる・言わざる」になる人が多いような気がします。

秘密保護法もしかり。法律名から当初は「個人情報は守るべきだ」と思ってた人もいましたが、その後「うっかりしたことを言うと逮捕される」へ。まさに「風評被害」でしょうか?

真実を正しく国民に知らせなくてはいけないのに、それを阻む壁ができた、ということが本質であり、そこに危惧を感じるべきでしょう。


◆秘密保護法とは

尖閣諸島付近で海上保安庁の船に中国船が体当たりしてくる画像がきっかけの法律だと記憶します。官庁内に保存されていた動画を職員が「流出」させたというもの。あれが国家が国民に対して「秘密」にしておく必要のあるものなのかどうかいまだに分かりません。国民の知る権利はどうなのか…?

この法案が出てきたとき、女優の藤原紀香さんがご自身のブログで「これはとんでもない法律。情報統制であり、報道の自由や国民の知る権利を脅かすものだ」と訴えられました。

でも、その時点で、国民の70%以上は「特定秘密保護法案」をきちんと理解しておらず、私の知人でも「個人情報が守られるのはいいんじゃない」程度の認識の人も実際にいました。
それが日を追うごとに皆も知るところとなり、戦前の治安維持法をも彷彿とさせるものだとなり、反対デモも起きましたが、あまり報じられることもなく可決成立されてしまった…

私の記憶に残るかぎり、ざっと今までの経緯はそんなところでしょうか?
→ 「秘密保護法案について…」(2013年10月)参照


この法律が意味することは?

安倍首相は去年、この法案を可決する際に「マスコミの取材の自由、表現の自由を制約するものではない。取材と表現の自由は確保する」と言いました。

しかし、この法律の意味・しくみを理解すれば、国や行政のトップが「秘密」と定めること(←その都度の判断で決める。安倍政権の決めることには実にこれが多い!)に関しては、国民に必要な情報が覆い隠されて出づらくなることは確かです。

国家の安全に関わること、国民の命と安全に関わること、あらゆることにおいて「正しい情報」と「正しい理解」に大きな壁ができたということだけはしっかり認識しておきたいと思います。


<追記>

ノーベル賞授賞式を今夜(日本時間の明日未明)に控え、マララさんの言葉が改めて紹介されています。
世界中の子どもたちに教育の機会を訴え、タリバンの凶弾に撃たれて奇跡の生還を遂げた17歳の少女。

「一人の子ども、一人の先生、一冊の本、一本のペンが世界を変えるのです」、「誰かが声を上げてくれるのを待っていてはだめ」、「なにも言わないで殺されるのを待つか、言って殺されるか、私は後者をえらびました」、「お墓に行くことを神様が引きとめてくれた」…etc.

すべての子供に教育の機会をというのはごく当たり前のこと。その当たり前のことができない世界に対して、当たり前のことを言っているのです。口に出るひとつひとつ言葉には、なんの恐れもためらいもありません。

日本の若者にも、隠ぺいする政治家や企業のトップにも、失言を繰り返す腐敗した政治家にも、少しは見習っていただきたい。
そして国民も、秘密保護法について正しく理解し、べつに銃口を向けられてるわけではないんですから、言うべきことはちゃんと言っていきましょう!



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR