「イスラエルより愛をこめて」

7月23日(水)

ガザへ発射する砲弾に「イスラエルより愛を込めて」と書くイスラエルの子供たち
★ガザへ発射する砲弾に「イスラエルより愛を込めて」と書くイスラエルの子供。


どんな惨状を捉えた写真よりも私には衝撃的です。これが教育の力、社会の影響力というものなのか…と。
血を流しているパレスチナの子供たちも、この砲弾に落書きしているイスラエルの少女たちも、われわれアジア人から見れば同じような子供たちに見えるんですが…

国と国とが武力をもって武力を制し、憎しみの連鎖を断ち切らないかぎり、世界中どこの国でもこのような子供たちが育っていくということです。日本と中国・韓国もきっと…


画像の是非よりも、想像力を!

悲惨な状況をとらえた画像がサイトにはたくさん流出しています。「生々しい画像を見たくない人もいるのに」という非難の声もある平和な日本ですが、決して他人事(ひとごと)ではないと思うのです。
必ずしも悲惨な画像をアップされたものを見せられなくても、この地球上で現実に起きている悲劇について心を痛める想像力って大切ですね。

上の画像も「合成じゃないか?」という声もあるようです。たしかに今はCGでかなりのことが出来ますから。 実写であっても、撮影した場所や撮影した人の意図が必ずしもその通り受け手に届いているとは限りません。(→ 「崩れ落ちる兵士」はウソ?

もし仮にこの画像が合成・やらせによるものであったとしても、ある意味「ポスター」のようなメッセージとして、そういうことも起こり得る現実を受け止めることができたら、むしろ私は素晴らしいと思います。


あらためて(再掲)

集団的自衛権も行使容認されようとしている今、武器の輸出も自由化され、武器の製造・輸出で業績を伸ばすことが予想される企業から、多額の献金が自民党に寄せられているといいます。
国(政権)もいったいどっちを向いて政治をしているのか、見方によっては死の商人を奨励しているようにさえ見えてきます。

武器輸出企業 ★クリックすると大きな画面になります

さらに驚くべきことにfacebookでも話題になってますが、こんな発言をした財界人も…

★「そろそろどこかで戦争でも起きてくれないことには、日本経済も立ちゆかなくなってきますなあ。さすがに日本の国土でどんぱちやられたのではたまらないから、私はインドあたりで戦争が起きてくれれば、我が国としては一番有り難い展開になると思ってますよ。」

(安倍首相の私的諮問機関・安保法制懇のメンバー葛西敬之 JR東海代表取締役名誉会長の10年以上前の発言)

そろそろ戦争でも起きてくれないと… ★クリックすると大きな画像になります

国の官僚も財界人たちも、人命よりも企業の利益追求を最優先させてきたということが明らかです。
もうそろそろ本当に政財分離(=政治と財界との癒着を断ち切ること)が必要なのではないでしょうか?


とりあえず、今われわれにできること!

私がここ3年ほど、ことあるごとに書いてきましたが、「経済=金儲けの原理」こそが豊かさの敵であり、人類の敵である、ということがより鮮明になったのではないでしょうか?

人の命よりも企業の利益が優先される。それは例えば企業の効率化の名のもとに安全対策がおろそかにされたり、経費を削減されたり、危険を隠ぺいしたり…という企業活動のあらゆる場面で噴出しますが、その極致が軍事産業、いわゆる「死を売る商人」たちです。

イスラエルに武器を供給しているルート、および武力行使につながるビジネスラインを断ち切ること。こちらの記事をご一読の上、よかったら署名の輪を!

https://secure.avaaz.org/jp/israel_palestine_this_is_how_it_ends_loc/?sTSSBhb

10459_childrencrying11_0_599x300_1_460x230.jpg


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR