「経済政策」から「心の政策」へ

6月25日(水)

きょうの東京新聞、こちらの社説記事を読んでいただければ私の言いたいこともよくお分かり頂けると思います。

10362628_486113008201569_3978180820729343659_n.jpg

株価を上げることがそんなに必要なことなのでしょうか?
「経済」という言葉を最優先させる時、人は多くの過ちを繰り返してきたのではないでしょうか?


【社説】 新成長戦略 奇策や禁じ手ばかりだ
     (2014年6月25日 東京新聞)


株価さえ上がれば何をやっても許されると思っているのだろうか。安倍政権が閣議決定した新成長戦略は、なりふり構わぬ手法が目立つ。国民の利益を損ないかねない政策は成長戦略といわない。

国民の虎の子の年金積立金を株式市場に大量投入する「官製相場」で株価つり上げを狙う。

財政危機だと国民には消費税増税を強いながら、財源の裏付けもない法人税減税を決める。

過労死防止が叫ばれる中、残業代ゼロで長時間労働につながる恐れが強い労働時間規制緩和を進める。

低賃金など劣悪な環境で「強制労働」との批判もあがる外国人技能実習制度を都合よく活用する。

昨年の成長戦略は安倍晋三首相の発表会見中から株価が急落、大失敗に終わった。今回はその経験だろう、株式市場とりわけ外国人投資家の関心が高い法人税減税や労働市場改革を柱にすえた。国民の財産の年金資金による株価維持策という禁じ手まで使うに及んでは株価上昇のためなら何でもありかと思わざるを得ない。日々の株価に一喜一憂する「株価連動政権」と揶揄(やゆ)されるゆえんである。

新しい成長戦略は「企業経営者や国民の一人一人が自信を取り戻し、未来を信じ、イノベーションに挑戦する具体的な行動を起こせるかどうかにかかっている」と最大のポイントを挙げている。しかし、この成長戦略でどうやって国民が自信を取り戻し、未来を信じればいいのか。

二十年近く続いたデフレの大きな要因は、非正規雇用の急増などで国民の所得が減り続け、それが消費減退、企業活動の低下を招くという「賃金デフレ」であったことは通説だ。正社員の給与も伸び悩み、中間層が消失、一握りの富裕層と大多数の低所得者層に置き換えられたのである。

だとすれば、まずは非正規労働の増大や長時間労働に歯止めをかける。人材教育や訓練に力をいれることによって生産性を高め、働く人への適切な分配を進める。成果主義によって報酬を決める労働時間規制の見直しでは、生産性向上よりもかえって長時間労働を生む懸念の方が強いだろう。

原発再稼働を目指し、トップセールスと称して原発や「武器」を世界に売り歩き、今度はカジノ賭博解禁に前のめりだ。どうして、こんな奇策ばかり弄(ろう)するのか。正々堂々と経済を後押しし、国民が納得する形の成長戦略でなければ、いずれ破綻するであろう。



安倍政権が当初から突き進んできた道は、見かけの数字による景気回復と、大企業密着支援型の政策であることは明らかです。
いま国民のために必要なこと、とくに私がこの記事を含むカテゴリー「★豊かさとは…?」にここ3年ほど綴ってきた想いとはことごとく真逆のことばかりではないでしょうか?

もし私だったらどんな政策を優先したら良いと思うでしょうか?

●原発は即時廃止する方向を打ち出し、かといって化石燃料を燃やして電力を得るのではなく、自然エネルギーや水素エネルギー・ガスエネルギーなどの技術開発の援助を最優先する!

●株価のコントロールに国民の血税を投入して市場介入するようなギャンブル型の政策ではなく、むしろ投資目的の行動を規制する!

●政財分離、すなわち政治と財界との癒着関係を切り離す!

●法人税の軽減など財界・大企業べったりの政策をやめ、その分を国民の税負担の軽減や福祉・医療など社会保障制度の充足に回す!

●一律にかかる消費税の逆進性(弱い立場に厳しい性格)を見直し、生活必需品や食料品は大幅に減税し、ぜいたくな出費については高い税率にする(消費税導入前にあった物品税の発想)
おなじ外食費でも、ひとり1回いくらまでは消費税率を下げ、それ以上のものや会社の領収書をきっての飲食費(いわゆる交際費や会議費)には高い税率をかけるなど、具体的な検討をすすめる。

●パチンコ・競馬・競輪・宝くじ、さらに今後実現しようとしているカジノなど、ギャンブルによって得たお金には高い税を課す!

●もうけ主義ではなく、社会のため、弱い立場の人のために必要とされるものに対して、より柔軟な支援が行き届くようなさまざまな施策を講じる。

●復興支援、障がい者支援、高齢者支援のみならず、凶悪犯罪や自殺を減らすべく、一般国民の心の豊かさをはぐくむ政策(=心の政策)へと方向転換する!

いかがでしょうね?.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR