スメタナ連作交響詩「わが祖国」


「モルダウ」という曲を、皆さんご存じでしょうか?

小さな一滴の水が集まって流れとなり、やがて大きな流れとなっていく…
チェコを代表する作曲家、スメタナの作品で、日本語の歌詞で合唱でも歌われる名曲のひとつです。

この「モルダウ」を含む連作交響詩「わが祖国」は全6曲から成り、チェコの古い伝説・歴史にまつわる曲と、チェコの美しい自然・現在に至るチェコにまつわる曲とが2曲ずつペアになっています。

“プラハ市民に捧げる連作交響詩”という副題がつけられていて、毎年「プラハの春音楽祭」では必ず演奏されるチェコを代表する楽曲です。


プラハの街とモルダウ
ヴァルタヴァ(モルダウ)とプラハの街


スメタナ作曲・連作交響詩 「わが祖国」

1.「高い城」(Vyšehrad ヴィシェフラド)

ボヘミア王国のヴィシェフラド城で「竪琴をかきならしながら戦いの武勇を語る」という、チェコの古い説話を題材にしている。
冒頭、2台のハープによって奏でられる旋律は、「勝利の竪琴」を象徴するテーマとして、この連作交響詩全体の重要なモチーフになっている。
1曲目「高い城」テーマ
*冒頭のシ♭・ミ♭・レ・シ♭=BEsDBは、スメタナ自身の名前のイニシャルから取ったという説もある。 

高い城(イメージ)
高い城(イメージ)


2.「モルダウ」(Vltava ヴァルタバ)

冒頭2本のフルートのかけ合いにハープや弦のピッチカートが重なる。小さな滴がキラリと輝きながら寄り添い…
1.流れの誕生(2つの源流)

やがて流れは集まって弦楽器群に引継がれ、美しいテーマが現れる(メインテーマ)。

1bメインテーマ

  *チェコの童歌(「きらきら星」のチェコ版のような曲)がモチーフになっているともいわれる。

流れは、狩人たちが狩りをする森を抜け…
2.狩人たちの森

農夫たちが結婚式で踊る風景…
3.農夫たちの踊り(結婚式)

月の光を川面に映し、精霊たちが踊り…
4.月の光

ボヘミアの大地を潤しながら流れていく(メインテーマの再現)。

やがてヨハネの急流で大きく渦を巻き…
6.ヨハネの急流

大きな流れとなってプラハの街を悠然と流れていく。
7.流れはさらに大きくプラハの街へ

そびえ立つ風景としての「高い城」も姿を現わす(1曲目の冒頭のテーマより半音高い調になっている)。
8.高い城のテーマ


モルダウとプラハ城


3.シャールカ(Šárka)

恋人に裏切られたことから、世の中の男性への復讐に燃える恐ろしい女神の伝説で、チェコでは誰もが子どものころからよく知っている物語。

スメタナ自身が「細部にいたるまで情景が目に浮かび、物語についていけるであろう」と書いているとおり、物語をそのまま音楽に表している。

 ♪冒頭:シャールカの怒り
 ♪(行進曲風)シャールカを退治するよう命じられたツティーラトの軍勢が近づいてくる
 ♪シャールカは自らを岩に縛り付け「助けてちょうだい」と懇願する
                  (★クラリネット=シャールカのモチーフ)
 ♪「そうか、よしよし助けてやろう」(★チェロ=ツティーラトのモチーフ)
 ♪愛が芽生えたかのように、美しくロマンティックな展開に…
 ♪楽しく祝宴が始まる。3拍子:呑めや歌えやの大騒ぎ
    やがて酔いも回りツティーラトたちは眠ってしまう(★ファゴット:いびき)
 ♪様子をうかがい出るシャールカ(★クラリネット)
   にわかに動き出す弦楽器群、そして…虐殺!
   さらにテンポアップして、トロンボーンなど金管楽器による勝利の宣言へ!


惨殺劇ではあるが、なぜか最後のトロンボーンは明るく響く。
本来は弱いものが知恵を絞って強いものに勝つという意味で、この連作交響詩全体の「勝利」というテーマを象徴しているとも言えよう。



シャールカ


ちなみに、シャールカという名はプラハ郊外の谷の名前にもなっている。
次の「ボヘミアの森と草原にて」とペアで聴きたいが、演奏会ではたいていここで休憩となる。かつてのレコードでもここでA面からB面へとひっくり返すことになっていた。 



4.ボヘミアの森と草原にて(Z českých luhů a hájů)

ふたたびチェコの自然を題材にした楽曲。うっそうとした深い森、美しくも厳しい自然、随所に出てくる弦楽器の刻みは、わたってくる風を感じさせる。
夏の日の喜び、収穫を喜ぶ農民の踊り、祈りの情景、喜びの歌、そしてチェコの国民的舞踊でもあるポルカ風の音楽が折り重なるように展開する。
途中ドイツ風の旋律や牧歌的なのどかなメロディも出てくるが、美しいだけではなく厳しい自然もあるようだ。



5.ターボル(Tábor)

この5曲目「ターボル」と6曲目「ブラニーク」は、いずれもフス教徒の歴史と密接に絡んでいて、苦悩の中でもゆるぎない強い意志のテーマ、「汝ら神の戦士たち」というフス教のコラール(祈りのテーマ)が折り重なるように登場する。

フス教徒のコラール20180205

13世紀につくられたフス教の讃美歌が元で、のちにドヴォルザーク作曲「フス教徒」序曲や、カレル・フサ作曲「プラハ1968年のための音楽」でも用いられている。


15世紀、ヤン・フスがプラハ大学(カレル大学)の学長になったころ、イングランドのジョン・ウィクリフの影響を受けて教会改革がおこなわれる。
当時、権力主義的・世俗的になっていた教会を否定し、ドイツ人を追放したため、フスとプラハ市はカトリック教会から破門されることとなる。
さらにフスが「異端者」として火あぶりの刑に処せられると、ボヘミアでは大規模な反乱へと発展する(=フス戦争)。

ターボルは南ボヘミア州の町で、フス戦争のときにフス派の拠点となった場所である。


ターボル


6.ブラニーク(Blaník)

中央ボヘミアの山の名前である。その山奥には、千年の時を超えてチェコ民族の守護聖人が眠っていて、民族が危機に瀕した時に蘇って救ってくれる、という伝説がある。
 
5曲目のターボルの終わりのフレーズをそのまま受け継ぐ形で金管によって力強く始まり、「汝ら神の戦士たち」のコラールと静かな祈りとが重なっていく。

やがて苦しい戦いの時は過ぎ、遠くから勝利が近づいてくる。宗教的なメロディながら行進曲風に力強くなっていく。
 
そして最後のクライマックスでは、1曲目の「高い城」のテーマが「汝ら神の戦士たち」のコラール(=チェコの人々の祈り)と重なって呈示される。

ターボル&高い城20180205

そしてさらにテンポは速くなり、チェコの永遠の繁栄をたたえるかのように再び「高い城」のテーマが高らかに鳴って結ばれる。


プラハ城とヴァルタヴァ(モルダウ川)


★ 
ドヴォルザークは、スメタナより約10年後に現れたチェコの作曲家で、2人はチェコで「国民楽派」と呼ばれている。
ドボルザークはアメリカの音楽学校に学長として招かれて移り住み、アメリカの新天地から故郷・チェコへの思いを交響曲9番「新世界より」にあらわした。
記念して建てられたドボルザークホールは、プラハ城のすぐ近く、モルダウのほとりに今もたたずむ。 

   ↓ よかったらワンクリックよろしく!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

邊見さま

コメントいただいてからもうだいぶ月日が流れますね。
でも昨年12月に神奈川でのコンサートでお目にかかり、コバケン先生ともご縁があったと知り、世間は狭いな…と思いました。
「管理人だけに表示」にていただいたコメントですが、ご了解いただけましたのでここに引用返信にてオープンにさせていただきます。
いつの日か、コバケン先生のもとでご一緒に演奏できたら本当に嬉しいですね!



> こんにちは。
> 先日はコメントをありがとうございました。
> ブログ、拝見させていただきました。
> ランキングなんてあるんですね。
> 知らなかった機能でこのように繋がりができるのは
> 本当に面白いですね。
>
> ところで、モルダウですが、大学4年の時
> コバケンさんの指揮でドヴォルザークの8番の一番フルートを吹いた時、
> モルダウの一番が一回休んだので高い塔と共に
> コバケンさんの下で演奏したので懐かしいです。
> 大学でのオケの思い出としてもコバケンとの
> ドヴォルザーク8番は一番思い出深い演奏会でした。
> その後、友人と留学中にチェコに行き、この写真のような
> プラハの風景を見てきました。
> ものすごく懐かしく、そして綺麗に撮れている写真ですね~。
>
> 長くなりましたがもう一点。
> コバケンととその仲間たちオーケストラ 、始めて知りました。
> 私は小学校が養護学校の、中学校が盲学校の隣の学校で
> 音楽を始めた時、彼らに音楽で関わることを最終目的としていました。
> しかし、音楽を聴かせることしか頭になかったのですが
> 一緒に演奏する!という素晴らしい選択肢に
> すごく感銘を受けました。
> もしいつかお手伝いできることがありましたら
> お声をかけてくださいね。
> いつかお会いできるのを楽しみにしております。
>
> それでは毎日蒸し暑いですがお体にお気を付けください。
>
> 邊見 亜矢
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR