新年度の教材さがしに表参道へ 

5月11日(日)

大型連休を過ぎて最初の日曜日、東京は半袖でもいいほどの初夏の陽気になりました。

久々に表参道のカワイ楽器へ。学生時代はこの近辺はまさに庭でした。社会人になってからも、街ゆくカップルやお洒落な女性たちを尻目に、休日はよくここへ来て楽譜を探し、夕方から市民オーケストラの練習へ…そんな青春時代を過ごしていました。

1_20140511234913921.jpg

だれが呼んだか「シャンゼリゼ通り」と言われるこの通りも、同人会の古いアパートが撤去されて有名な建築家のデザインによってお洒落なビルが建ち並び、表通りだけでなく裏に一筋入ったところにもブティックなどが建ち並び、すっかり様変わりしました。
でも、けやき並木に新緑が生い茂ると、私の青春時代と変わらない風景がよみがえります。



さて、きょうのお目当ては新年度の授業に絡めて必要な音楽書籍の購入。電話で在庫確認して取り置きをお願いしてあったのでその受け取りに。
ついでに、わが家のピアノ椅子がもう古くなって座面がかなり危険な状態になっているので、新しい椅子の相談に。担当の方が外出先からちょうど戻られたところで、久々にお目にかかることができました。

きょう購入したテキストは…
なぜか大人の飲み物が隅っこに見えてますが…(笑)、和声学、対位法、それと子供向けピアノ指導教材の3冊です。

2_2014051123491354a.jpg


♪ 和声Ⅰ ~理論と実習~ (音楽の友社) 

「和声=和音のつながり」と理解しますが、基本3和音の展開形に関する話、属七に関する話が中心にまとめられています。 中身はチラっとこんな感じです。

3_20140511234914b43.jpg 

三善晃先生、小林秀雄先生など11名の先生たちの連著による「赤本」とも言われる基本書。もともと東京藝術大学音楽学部の和声の集団授業のために編纂されたものだそうです。
これまで手元になかったので、これは手元にあっても良い1冊です。


♪ 名曲で学ぶ対位法 ~書法から作編曲まで~ 柳田孝義著(音楽の友社)

対位法の授業は昨年度いちおう履修しました。が、正直言って「対位法って何?」という掴みどころがいまひとつ分かっていません(笑)。
2つ以上の旋律の進行と音の重なり(和声)に関する法則なんですが、いわゆる主旋律のハモり(ほとんど平行)とは異なります。2つ以上の旋律がそれぞれ独立していて、4度はダメ・連続の5度はダメ・併達の5度はダメ…といった禁止事項がやたらと多いのです。

同時に鳴っている2つ以上の響き(和音)のつながりを見る「和声学」とは根本的に違うんですよね、「対位法」って。
どなたか「対位法とは何か?」を明確にひとことで定義できる方がいらしたら、コメント欄にぜひ書き込んでくださいまし。

4_20140511234914455.jpg

まあともかく、古くは教会旋法をはじめとするバロック以前の音楽、16世紀のバロック全盛期、バッハ・ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェンなどの古典派~ブラームスなどのロマン派~近代まで、数々の名曲の中に見る対位法の実践場面が豊富に載っているので、時間のある時に読めたら…


♪ Bastienのピアノベーシック「ピアノのおけいこ」(日本語版 東音企画)

可愛らしい紫色のピアノの教則本は、「ピアノ指導教材研究」という授業で用いられるテキストです。音楽療法とは直接関係のない科目ですが、面白そうなので空き時間に履修できたらと。
音名と歌詞が両方書かれていて、曲ごとに題名に合った漫画が描かれています。こんな感じです。

5_20140511234915739.jpg

ちなみに、いま下の娘(小3)が「楽譜をちゃんと読めるようになりたい」と言うので、家にあった(亡き母が近所の子供を教えるのに使っていた)ピンク色の「メトードローズ」(安川加寿子 訳編)を使って私なりに見ているので、この授業も大いに参考になるかも…。

ところで、音符を読めるようになる訓練と、楽譜を見て手が動くようになる訓練と、音楽性を養うことって、すべて同時進行でできるんでしょうか…ね?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR