「いい会話」に大切な2つのこと

4月19日(土) 

会話(コミュニケーション)に大切なことって何だと思いますか?
話題の豊富さでしょうか?
話し方のプロのような上手な言い回しでしょうか?

たしかに、小中学校で習う程度の一般常識もないとか、最近の社会の出来事をまったくご存知ないとか、あまりにも恥ずかしい変な言葉使いで会話するのはご勘弁いただきたいですが(笑)、それ以上にもっと大切なことがあると思います。

ワイン乾杯 *イラストは、著作権フリー素材より 以下同じ


はじめて会う相手に手短かに自分自身を知ってもらえて、印象に残り「また会いたい」と思われるには、どういう会話が大切なのでしょうか?


なにかが抜けた会話

「〇〇は〇〇でぇ、〇〇は〇〇だからぁ、〇〇すると〇〇になってぇ…」
最近こういう会話を耳にすることが非常に多いです。

携帯や車の買い替えを考えている人、履修科目を選ぶ学生さん、就活中の若者たち、会社の仕事のあれこれを語り合うサラリーマンやOLさん、子育てに忙しいお母さんたち…etc.
また、女性に向かって、まるで求愛行為する鳥のように、ほとんど一人で喋りつづけている若い男性も…

kaiwaS.gif

商品に関する知識、履修科目やカリキュラム、会社の概要、お得な情報、周りの人の動き…etc.
そうした「情報」はしっかり集め、それぞれの優劣についてはそれこそ評論家並みによく見極めてらっしゃるようですが、それはしょせんハウツウの連続。何か肝心なことが抜けていませんか?

この手の会話に、誰か人の名前を入れてみると…

「〇〇さんは〇〇でぇ、前に〇〇した時も〇〇だったしぃ、〇〇になっちゃってぇ…」
はい、せんなき愚痴が完成します。

OLkaiwaS.gif

ファミレスや居酒屋で、あるいは電車の中で、仕事や学校のこと、彼氏・彼女との関係を友達に「相談」しているのでしょうか?、それとも自分の近況を「伝えて」いるのでしょうか?、 結局のところ何が言いたいんでしょうか?

こういう会話を延々と続けられると、脇にいるこちらもだんだんイライラしてきます。なぜでしょう?

たとえば、余命何か月と宣告された人が大切な友達と過ごす時間にこういう会話をするでしょうか…? 
宣告を受けていなくても、誰にも人生の時間は限られています。その大切な時間の多くがこの種の会話で過ぎていくとしたら…?
この手の会話には、ある大切なことが抜けていると思うのです。


◆「あなた」が見えない

「〇〇は〇〇でぇ、〇〇だからぁ」という話を延々と聴かされて、「結局のところ、あなたはどうしたいの?」と尋ねてみると、「そうなんだよね~、自分がどうしたいのかが分からないから悩むんだよね」と。そこに気づけてよかったですね。

そうなんです。たくさんの情報を集めることはもちろん大切ですが、いくら周辺の情報や条件だけを並べても、「自分はどうしたいのか?」がなかったら結論は出ないでしょう。

何かを買うにも、多機能で便利なものが次々に発売されてくるでしょうが、自分自身が「どういう目的で、どういう使い方をしたいのか?」が明確にあれば、自分に合ったモノ探しをすればいいのです。必ずしも最新モデルに振り回されてどんどん買い替えなくてもいいはずです。

「こっちの方が多機能だ」「これがよく売れてます」…で選ぶのではなく、自分自身の使い方に合ったモノを選ぶことが私は大切だと思います。
家や職場ではパソコンを使い、出先では携帯をどう使うか?…私は自分の明確な意思で、いまだに携帯はガラパゴス派です。

音楽を外でも聴ける装置も、私はある曲を繰り返し聴いて「覚える」ために期間限定で使います。たくさんの曲を入れて年中持ち歩くような大メモリー容量は要りません。むしろ曲の途中で「今の所をちょっと戻したい、ちょっと先に送りたい」という機能は絶対に欲しいのです。
ところが最新の売れ筋のものにはそうした機能のついてないものが多く、量販店の店員さんも探すのに苦労されましたが、結局のところシンプルな「語学学習用」のものが安価で見つかって良かったのです。



人との会話において、情報や条件だけをあれこれ並べるだけなら、必ずしも今の「あなた」と話さなくてもいいわけです。「いま」というかけがえのないひと時を、「あなた」と一緒に過ごしたことが思い出に残るには、主役である「あなた自身」にぜひ居てほしいのです。

自分自身が不在の会話は、先ほどの愚痴ではありませんが、聞いていて虚しいだけです。

「こっちには高気圧があって、こっちには低気圧があって、ここは気流が乱れてて…」と気象配置を眺めてあれこれ言っているだけの、飛行プランのないパイロットの会話みたいではないでしょうか?

航空気象切り取り


相手の気持ちが見えているか?

もうひとつ会話にとって大切なのは、相手の気持ちを考えることだと思います。
大切な時間を割いて相談に付き合ってくれている相手の気持ちを考えているでしょうか?

また、パーティなどで自己紹介をするときに、一人が延々と自分の所属ややっている仕事の細かいことをだらだらと喋ったら、後の人が話す時間が無くなってしまうし、大勢の中の一人として「あなたはどういう人なのか?」という印象が残りません。

初対面の大勢を相手に話すときは、自分は誰のつながりで今ここにきているのか、ふだん仕事・趣味でこんなことをやっているので、こんなことをよく考えます、といった「私自身のストーリー」を手短に伝え、そんな「私」に興味を持ってくださる人とは後で歓談の時に詳しく話せばいいのです。

聞き手はいま何を知りたがっているのか、相手の立場や気持ち、場の空気を察すること(=想像力)が大切ではないでしょうか?
そこが分かれば、今ここでは何を伝えれば良いのかが分かり、分かりやすく的を得た話しができ、結果として気持ちも伝わるはずです。


◆「いい会話」に大切な2つのこと

単に言葉や知識をたくさん詰め込んで、プロのような話し方ができるかどうかよりも、大切なことは「自分自身を語る」ことと、「相手の気持ちを考える」ことではないでしょうか?

いまはIT技術も進み、常に人とつながっていたい人も多いはずで、みなさん会話(=お喋り)の嫌いな人はあまりいないと思います。でも、ただその場だけの「お喋り」だけでは、決して会話(=コミュニケーション)力が豊かとは必ずしも言えません。

自分自身を語るには、ときには友達と離れて一人でじっくりものを読んだり考えたりする時間も大切です。今までの自分、いま自分が何を目指そうとしているのか、「自分自身」と向き合う時間です。

自分の肩書や今やっている仕事の内容を延々と喋るのではなく、「いま私はなぜここにいるのか」をきちんと相手に伝えられるかどうか?

→ 「人をつなげる力=物語」

そして、ちょっと離れた相手ともメール(文章)のやり取りで、相手が知りたがっている事・期待していることに対して適切なタイミングできちんと返せるかどうか?つまり相手の気持ちを思うちょっとした想像力が働くかどうか?

→ 「気持ちに応えるタイミング」 
→ 「未熟な大人から素敵な大人へ」

いい会話とは、人としていい生き方をすることではないか、と私は考えます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

先月に、恋愛トラブルから若い女性が4人、中年男性も殺害された原因はもみな、恋愛トラブルお互いに我儘になり、言い争うい、カットなって相手を殺害する。
今月には警察官が同僚の女性と結婚できないからと殺害する。間違っています。
まさしく、対話力が足りません。納得行くまで喧嘩してもよいから、話し合う、会話が足りないからです。
Akiraさん、ぜひ、今後とも会話力を提唱し続けて欲しいです。

コミニュケーションの最大の効果は

いつも楽しく拝見しております。

コミニュケーションの最大の効果はやはり、互いに理解し合い幸せになれる事に尽きると思います。

コミニュケーションとは前向きな表現の事を指すと思っております、バッドコミニュケーションなんて曲も昔ありましたが(^_^;)
折角なら建設的でなければいけません。
そこにちゃんと意図がない会話はイライラしますよね。
特に男性は物事に合理性を求める性の様なので女性のガールズトークは発散目的での会話が多いとの事なので男性としては「だから?!」と思ってしまうものです。

女性の相談に男性が乗ると結論や方向付けをしてあげたくなるのですが女性側は単に聞いて欲しいというのが目的になってたりしますよね。。。

男性は相談を受けている以上何らかの結論か回答を模索してあげたいワケですが、女性側は結論出されてもその通りの行動には出られないので、困る、、、みたいな事が過去にもありました。

性の違いは欲するモノも違うと言う事を学びました。(^_^;)

男性である私も結論を探し求めて探し当てた時に充足感を得ますから。
でも女性は会話やコミニュケーションの目的が必ずしも男性のそれとは違うと言う事ですかね〜。
(^_^;)

Re(×2): お二方のコメントに…

荒木さん

今朝ほどはありがとうございました。お久しぶりでしたね!
ストーカー事件についても、全く見ず知らずの通り魔的なものよりも、元交際相手とか交際がかなわない相手ときちんとコミュニケーションが取れないことから殺人にまで発展してしまうケースが目立ちますね。

公私ともども業者さんに連絡をすると、電話に出る担当者が代わるたびに同じことを何度も説明しなくてはならない、要望がきちんと伝わっていない、いつまでも返事がないなど、社内のコミュニケーションの悪さが最近あちこちで目立つように思います。
思うに、上から言われたこと(=命じられたこと・マニュアルにあること)はやるけど、自分の問題意識で「考える」ということ、お客さんからの要望の声を受け止めて組織内に「伝える」ということが弱くなっていることの表れではないかとも思います。

女性はより女性らしく美しく、男性はより男性らしく、それ以前に人としての「会話力」はぜひとも大切にしてほしいと思いますね。今後ともよろしくお願いいたします。


Hilopさま

こういう記事に関心をもっていただいて光栄です。
じつは前にコメントくださった荒木さんという方は「脳の科学=五感」がご専門でして、ちょうど今朝ほどフェイスブックに「女性の本当の美しさ」に関する記事をアップされていたんです。
女性が思う女性の美しさ、「有名モデルの〇〇さんのようになりたい」と目指す外観だけの美しさではなく、もっとその人に合った健康的な美しさ、バランスのとれたトータルな美しさを追及してほしい、と。

私はその記事をフェイスブック上でシェアさせていただき、私としてはもうひとつ「会話美人」も目指してほしいと、前にこの「コミュニケーション」のカテゴリに綴った記事を貼り付けてご紹介したのです。

Hilopさんのおっしゃる男性と女性との思考回路の違いについては、たしかにあると思いますね。

もうだいぶ前ですが「話を聞けない男、地図を読めない女」でしたっけ?そんな本が話題になりましたね。
同じ脳でも男性と女性とではその使い方がやや異なるのか、記憶したりものごとを理解するメカニズムにも違いがあるようですね。このあたりはまさに荒木さんの専門分野でしょうから、何かあったらこのコメント欄に遺して頂けたら。

ただ、私がこの記事で書いた「魅力的な会話には、自分自身を語ることと相手の気持ちを察すること(=想像力)が大切」という点に関しては、とくに男性・女性に関係なく普遍的に言えることだと思いまして…





プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR