分かりやすい説明

赤塚不二夫 

たしかに…

自分がしっかりと理解していること(=理解力)と、聞き手の気持ちが分かること(=想像力)。
この両面が「分かりやすい説明」には必要でしょう。

テレビの世界で、ちょっと専門的なテーマになるとすぐに大学教授をひっぱり出しますが、専門的な知識の量や「権威」よりも何よりも、ちゃんと分かりやすく伝える力があるかどうかが問題です。

真相を明かされたくないと、わざと専門用語を使って「特殊な世界」を演じて煙に巻くような言い方をすることもあるようです。自分の保身にばかり目がいって、真実を知りたいと思っている多くの人の気持ちが分からない、つまり人としての想像力が欠如しているからではないでしょうか?

でも、そうした意図がないにもかかわらず、分かりやすい説明ができないとしたら…?


「難しいことは分かりやすく、分かりやすいことは面白く、面白いことは深く」

これ、前にも書きましたが、井上ひさしさんの言葉の一部をちょっといじってますが、私の信条です。でもこれがなかなか難しいものだと痛感します。 

 

分かりやすい説明を阻害しているのは?

ひとつは、本人がどこまで本当に深く理解できているかです。
ある説明を聞いて、あるいはマニュアルを読んで、「自分は分かった」「自分はできる」というレベルだと、違う角度から見てみる、自分の言葉で説明する、逆から説明する、といったことまでできません。

でも、本人自身が苦労して発見してきたことならば、いろんな角度からの知識や発見が複雑に結びついて1本の大きな樹のようになっていることでしょう。それをどこからどう説明するか?
必ずしも説明・プレゼンテーションのプロではなくても、本当に本人がよく理解していることだったら、知識は立体的につながっているはずです。 幹の部分から枝へ、また別の枝へ、違う枝がどこかで同じ幹につながっている…etc.

単発で言われたことが聞き手の予備知識の不足によって理解できない部分があったとしても、そこを明確に質問できれば、きちんとした説明が返ってくるはずです。


そしてもうひとつ、もし本人が本当に深く理解しているはずなのに、どうしても説明が分かりづらいとしたら、残る原因は説明の表現方法の問題かもしれません。

よくパソコンの操作に非常に慣れた人になにかを尋ねると、いとも簡単にちょこちょこっと対応してくれるんだけど、何が問題だったのか、どこをどういじったのかがさっぱりわからず、「いま何をどうやったの?」と説明を求めてもいまいち分からない…ということがあります。

こちらもちゃんと理解して自分で使えるようになりたいのです。最初は誰でも分からなかったはず。相手はいま何をどう理解できないのか、その状況や気持ちを想像して、うまい喩えなどを使っていかに分かりやすく説明できるか…?



このあたりは、日頃から心がけてちょっと訓練することで向上できると思います。
たとえば、最寄駅から自分の家まで、あるいは行きつけのお店までの道順。本人は位置関係や裏道まで知り尽くしているでしょう。それを、初めて訪ねて来る人にどう伝えるか?

一番分かりやすそうなルートを選んで説明する。それも、駅を降り立ってある出口を出たところに広がっている風景から平面的に説明していく方法もあります。あるいは地図のように上空から見下ろした位置関係で説明する方法もあります。
場合によってはその両方を併用したり、別のルートも併せて説明することで、およその位置関係(全体像)を理解してもらう、ということもあるでしょう。


いまは携帯という便利なものがあります。街中で「今どこ?」と居場所を探り合っている若者の姿をよく見かけます。

携帯などなかった頃は、前日に家庭電話あるいはFAXで待ち合わせ場所をしっかりと伝えなければ、せっかく近くにいたのに会えなかった、ということもありました。今はだれでも携帯という便利な道具を持っていますが、はたして表現力はどうでしょうか…?

頭の悪そうな人は、たいてい同じ言葉で同じ説明をただただ何度も繰り返しています。
その説明では相手が理解できていないんじゃないかな、まったく違う方向に勘違いしているんじゃないかな、と考えてみる必要があります。言葉を変える、説明方法を変える、といった修正ができるかどうか、喩えを出すなど応用が利くかどうかです。

公私ともども、人生のいかなる場面でも「分かってもらえる」ことはとても重要。
そのためにも「分かりやすく伝える」ことは常に考えていきたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

全くその通りですね^_^

理解したモノは第三者に立体的に、多角的に表現出来ますね。^_^

私は初心者の方々には普通、日常的な物や事に置き換えて「比喩」を用います。
するとお相手も「あ、なるほど〜^o^分かり易いです」と返って来ます。

知識なんでモノは、いくらでも共有して頂いて結構。
そういつも思っておりますので、出し惜しみなんてしません。

しかし、コンピュータはソフトハード両面から構成されている代物なので、似ていて異なる特性の違う二つのモノで成り立っていますから、なかなか説明に手を焼きますのも事実です。

知識を人にコピーする(理解して頂く)場合、相手によっては無駄な時間を使わせてしまうのでは?と感じる事も多々あります。

・常に習慣的に事細かに理解したい!と思っておられる方
・神経質な方
・トラブル対して強く恐怖心を抱く方
・責任感の強い方

は特に噛み砕いて説明させて頂いてますが、それなりに時間を要します。
それより何より「今は解決したトラブルの事より大目的を果たされた方が良いですよ^_^」と諭す事もありますし、仮に説明してもその知識はまたこの先「何年かに1度有るか無いかの問題」なので、その人が「その時まで覚えているか難しいな」と言う事もあり、そんな稀な事をお相手の業務時間を割いてまで知っても価値が薄いと感じた場合には敢えて難しく説明させてもらう事があります。(*^_^*)

私はその会社の社長さんとも特に親しい仲なので、会社全体を考えると大目的を果たして欲しいなと想うからでもあります。^_^

これはその人の今の時間を有効にして頂く為に敢えてやる操作なのですが・・・。
お相手によっては後日、何故ああ言ったのかの種明かしをします^o^
稀な事はその時点では無駄に近い知識だと思ったので、割愛しましたと。
それでも意欲的な方には改めてメール等で説明致します。
知識欲の旺盛なのは良いのですが、優先度で見たら、それより「貴方は今はその先にあるやりたかった事を、実現するべきだ」と諭す事もしばしばであります。。。


こう言った事は、永年の知恵と申しましょうかお相手の事を思っての事なのですが。。。

知識欲が強く今大事な事を後回しにされる方は特に先述の様な方に多い様に感じます。
まぁその方々の個々の価値観の問題でもありますが。

更にトラブルの度に感情的になって食らいついて来る方にはいくら比喩を用いても、「解った様な解らん様な!」と言う方もいます。
興奮していてうまく私の言葉が受信出来ていないのか?それともやはり私の説明がまだまだ未熟なのか?と悩む日々でございます。

m(_ _)m

Re: 全くその通りですね^_^

Hilopさん

早朝から熱心なコメントありがとうございます。
「何のために」「どこまで」という、理解する側の需要の問題のように拝読しました。
そのあたりを説明する側もちゃんと分かって説明するかどうか?ということですね。

私の職場でも、毎年入ってくる新人さんが各部署を研修で回り、1つの部署に数日滞在します。
目的は、組織内にはどんな部署があって、日々どんな動きをしているのか、そこを知っておくことですね。
私も新人さんへのオリエンテーションを担当したこともありますが、この部署はなんのためにあるのか、放送の仕事の中でどういう役割をもっているのか、という大枠を伝えたら、あとは現場の雰囲気を見てもらって「こんなこともあるんだよ」という程度にとどめます。
が、人によっては、細か~い業務の発注方法から伝票の流れまでをとうとうと説明する人がいます。

また定例会議でも、各部署の大きな動き、他部署にも関連して共有しておいてほしい情報を出し合う場。部署内の日常業務について、あるいは走っている業務ごとに、じつに細かく日記を読み上げるようなことを話し始める人がいますが、その会議の目的、聞き手が求めている情報をまったく理解してないんだと思いますね。

相手に必要な知識の程度や学ぶ目的によって、いま相手に必要な情報は何なのか?、どこをどの程度まで伝えて共有しておけばよいのか?、そのあたりを押さえておくことも「分かりやすさ」の重要な要素ですね。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR