きょうの音楽より

11月16日(土)

きょうは土曜授業です。学校へ出かける前、午後のリビングにて。

2013.11.16ピアノとショコラ

休日となるとなぜかピアノの脇でうんちをするショコラです。ルンバが写ってますが、吸い込み(巻き込み)注意!


音楽療法ポピュラー

今日のテーマは大好きな「トリオ・ロス・パンチョス」!

♪「ベサメムーチョ」
♪「キエンセラ」
♪「キサス・キサス・キサス」
♪「ラ・マラゲーニア」…etc.

3人の男性ボーカルがギターを弾きながら歌うグループで、1944年にニューヨークで結成。
歌詞はスペイン語でラテン音楽なのに、なぜかニューヨークで結成されたというのがちょっと意外でした。

レキントギターと呼ばれる特殊な小型のギターの高音域が魅力で、男性ボーカルの声もけっこう高いのです。

1960年代が絶頂期で、何度も来日。ベートーヴェンの「エリーゼのために」に歌詞をつけた「情熱の花」は日本語版もつくられ、ザ・ピーナッツが歌っていたこともあり、今ではアメリカよりも日本人のファンが多いようです。
とくに1960年代にこれらの曲に親しんだ年代(=現在60~70歳代)の人にファンが多く、音楽療法の世界でもこれから需要の出てくるジャンルかもしれませんね。

私もまだその年代よりは若いですが、けっこう好きです。ボーカルはとても高音で、カラオケではキイを大幅に下げないと歌えませんが(笑)


リラクゼーション

ハーブの香りを嗅ぎながら、緊張感を高める音楽やリラックする音楽などを聴く時間。きょうは、シューベルトの歌曲をリスト編曲によるピアノソロで…

♪ 「鱒」…間違って「たる」と読んだ人がいるそうですが、「ます」です。
♪ 「美しき水車小屋の娘」より「水車小屋の男と小川」
♪ 「   〃     」より「どこへ」
♪ 「菩提樹」    ほか


ホルヘ・ボヘットのピアノ演奏。彼の弾くベヒシュタインのピアノは、スタインウェイともベーゼンドルファーとも違い、高音が固く澄んでいて、メロディを他の楽器で奏でているかのように聴こえる部分も。

セラピーには、歌詞(ことば)が邪魔になることがあるので、本来ピアノは伴奏ですが、ピアノでメロディも一緒に。
さすがはピアノの名手・リストの編曲。細かい動きの中にもちゃんとメロディが映え、しかも高音域ばかりでなく中声部にメロディが出てくることも。いったい何本腕のある人が弾いてるんだろう…と。


また最近、私にとってはちょっと深刻な悩みが…

「菩提樹」はホ長調のはずですが、最初はどうしてもヘ長調に、つまり「ミ」が「ファ」に半音高く聞こえてしまうのです!
自分で弾いている時はすぐに修正されますし、オーケストラの楽器はまだいいのですが、パイプオルガンやピアノなどの音をいきなり聞いたときに、このように半音高くズレて聞こえてしまうことがよくあるのです。
年齢のせいでしょうか!?…どなたかこういう経験のある方がいらしたら教えてください。

ついそんなことを気にしながら聴いてしまうので、ちっともリラクゼーションにはならなかったようです(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。

こんばんは。私もここ数年は、同じような経験をしています。Edurなのか、Es durなのか。。みたいな。。絶対音感が揺らいでますが、逆に転調をしても違和感はなくなりましたよ。
加齢のせいなのでしょうかね。^^;

Re: こんばんは。

NOBUMAMAさん

さっそくありがとうございます。やはりそういうことあるんですね。
はい、確かに転調しても違和感を感じないなど、「相対音感」でも生きてはいけますね(笑)
ただ、ちょっと不便なのが耳コピです。聞いた音をさっとピアノでなぞれたはずが「あれ、ずれてる!」というのはとてもショックです。ジャズPの先生が弾くコードやスケールをすぐその場で模倣したいのに、半音ずれて聞こえているととても不自由です。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR