ムンクの『叫び』

硬派の記事が続いたので、たまにはこんなネタも…
メニュー画面の下の方に埋もれているこのカテゴリ「★パウゼ(ひと休み)」もお忘れなく!


ムンクの『叫び』
は、もう20年ほど前になるでしょうか、タモリの「笑っていいとも」でも話題になり、人がびっくり仰天したり凍りついた表情の代名詞となりました。近現代の絵画でこれほど有名になった例も珍しいでしょう。

絵画のタイトルは『叫び』
ノルウェー語では「Skrik」、英語では「The Scream」
ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクが1893年に制作さた油絵です。

遠近法を強調した構図、血のような空の色、 フィヨルドの不気味な形、極度にデフォルメされた人物などが印象的な作品でもっとも よく知られ、ムンクの代名詞となっている。


これをオヤジギャグラーに見せたらきっと言うだろうと思われる言葉は…

①なにかムンクあるか~!(文句)
②ムンクの酒びたり!(毎晩毎晩…)
③ムンクムンクしてきちゃった…

この中でちょっと吹いてあげても良いかな~と思われるのは②ぐらいでしょうかね~
しかし本当、オヤジGってくだらない…

ところで、ムンクの叫びってじつは4コマで出来ていたって知ってましたか?

ムンク4コマ <サイト画像より>

そしてこんな造形はいかが…

ムンクミカン

「ミカンをムンク(剥く)」なんてオヤジGにしないで、純粋にこの造形を味わいましょうね、はい!

この記事を含むカテゴリ→ 「★パウゼ(ひと休み)」

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR