障がい者であったから…?

障がいのある方の手記を原作とする舞台が公演中止に!

濱田朝美さんとは直接の面識はありませんが、7月30日にJazzピアノの先生であるI.K先生がフェイスブックにアップされていた記事を拝見しました。
この濱田さんのアメブロの文章を拝見する限り、とてもしっかりとしていて信用に値すると思い、シェアさせていただきました。

http://ameblo.jp/sakura-smile-for-you/entry-11582675117.html


原作も舞台台本も見ていないので内容については何とも申し上げられませんが、もしここに書かれていることが事実なら、原作者に対しても土屋アンナさんに対してもとんでもない名誉毀損に当たるのではないかと思います。

双方の言い分、真相が明らかになったわけではないのでまだなんとも言えませんが、濱田さんの切実なる文面から受ける印象から察するに、その演出家や制作サイドの担当者に、番組・イベントなどのいわゆる「業界人」にしばしばありがちな、「とり上げてやってる」「使ってやってる」的な横柄な態度があったことが伺えないでしょうか?

もし社会的地位のある人の書いた原作を題材にした演目だったら同じような態度で接したでしょうか?
障がい者を題材(ネタ)にし、バカにしたような対応があったとすれば、それは断じて許せません。

そして何より濱田さん、今回はさぞ傷つかれたことでしょう。貴女の文章はしっかりしていて信用に値すると思います。
今回のような非常識な制作担当者ばかりではないと私は信じたいです。どうか人間不信に陥らずに、元気な声で世の中に幸せの種をたくさん蒔いてくださいね。土屋アンナさんと出逢えたのも何かのご縁でしょう。


その後のニュースから

濱田朝美さんの原作による舞台「誓い~奇跡のシンガー」は公演中止となり、ワイドショーでもかなり沸騰した議論になっていたんですね。
それによれば、舞台で主演することになっていた土屋アンナさんが稽古を無断で休んだことが理由とされており、土屋さんは「事実無根」と驚いておられるとのこと。

http://www.cinematoday.jp/page/N0055149

なお、先ほどの濱田さんの記事をシェアさせていただいた時点では、この話題がワイドショーなどでも大々的に取り上げられていたことはまったく知りませんでした。つまり私は、原作者である濱田さんのブログ記事だけを読んで、これがもし事実なら由々しき問題だ、という1個人の認識としてシェアしていたのです。

濱田さんのブログ記事をシェアさせていただくきっかけとなったI.K先生も、障がいを乗り越えて演奏する方たちとともに東日本大震災の被災地と音楽の力による絆活動をされているお一人です。
私自身も、8年前からオーケストラ活動を通じて 障がいのある人とも「ともに生きる」をテーマに音楽の力を信じて活動してきた一人です。

いま世の中には、障がいのある方とも同じ立場で、素晴らしい活動を展開している人も大勢いらっしゃる中で、こういう出来事が起こり、うやむやにされるのはとても悲しいことです。 



今後どんな真実が明らかになり、世論がどうとらえるかはわかりません。現時点で一方的な言い分だけを聞いて、制作側だけを責めることはできません。

ただ、私は先ほど書いたとおり、障がいがあるからといってこのような扱いを受けたのが事実なのかどうかは、きちんと究明すべきだと思います。

政治もマスコミも、民意(とくに弱い立場の人たちの声)を無視して傲慢な振る舞いに出ることは断じて許すことはできません。
それをきちんと正すのは、心あるひとりひとりの国民の目です。見て見ぬふりをしてスルーすることなく、まともなことをきちんと表現し発信すべきだと思います。

この件に関して今後もし言うべきことがあると思ったら、私は、あくまで一個人として、いかなる卑劣な圧力にも屈することなく良識ある発言をしていくつもりですので、みなさんもどうかフォローをよろしくお願いいたします。


★なおこの記事は、7月30日にフェイスブックでシェアする際の頭書きに書いた文面、およびいただいた何件かのコメントへのやりとりで書いた文面をもとに再構成したものです。

     ↓ よかったらスルーせずにぜひワンクリック(匿名です)を!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR