「ん?」からの発想

6月2日(日)
 

ちょっと真面目な記事を書いたり、FBで真面目なコメントを交わした直後に、なにかのはずみでこういう面白画像を集めたサイトに当たると、とたんにモードが切り替わりますね~(笑)

しかし、よく見つけてくるな~と思いますね、ほんと!

モッコリ 

ひとことコメントは、「たぶんマッコリだと思う」でした。
コメントとしてはもうひとひねり欲しかった私は、「いや、案外あったりして…」とコメントを付してシェアしたのでした。



そういえば、韓国料理の「スンドゥム・チゲ」のことを、「寸止めチゲ」と勘違いして(=思い込んで)た奴がいて、韓国でそう言ったらちゃんと通じたそうな。

「もうちょっとで煮えるぞ」というところで時間切れとなる「寸止めチゲ」!
まるでカップラーメンにお湯を注いで出来上がる寸前に胸のランプがピコンピコン鳴り始めて「もう行かなきゃ!」となるウルトラマンの心境か…?(笑)



ところで「寸止め」といえば、今年の4月1日にこんな話題が…

新幹線が駅に到着する際に、本来の停止位置よりわずかドア1枚分~1センチだけ手前に停止させる「寸止め技術」を競うゲームがJRの若い運転士の間で密かに流行っているとか。

1センチより短いと本来の停止位置と見なされ、ドア1枚分以上手前だと停止位置を直さなくてはならず、いずれも「寸止め」としては失格!
ダイヤを守りながら、いかにドア1枚~1センチの間で止められるか?

同じ組合に所属する車掌も「審判」として協力し、この「寸止めゲーム」はJR東日本・JR東海・JR西日本の乗務員の間で密かに拡まっているそうです。

ちなみに、これまでの寸止め最高記録保持者は、JR西日本・大阪運転所に所属する32歳の運転士(2児のパパ)。
2013年3月3日、同運転士が運転する下り「のぞみ21号」が名古屋駅に停止する際に出した1センチ8ミリが最高の寸止め記録だそうです。



ところで、このメールをわが「魚雷サークル」メンバーに発したのは今年の4月1日、エイプリルフールの日でした。
真面目に読んでくださった皆さん、ありがとうございました(爆)!


    ↓ やられたと思ったらワンクリックよろしく!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR