「私流のブログ & フェイスブックの使い方」

ブログをはじめて間もなく3年

いつもご訪問ありがとうございます。お陰様でこのブログを開設して間もなく3年になろうとしています。今現在の仕事のこと(仕事上知り得たこと等)には触れず、もっぱら趣味の音楽活動・鉄道模型・季節の話題・ちょっと社会的なテーマ…など、個人的に思いつくままに綴ってきました。

あくまで個人的なページですから、世の中には当然違う意見の方もいらっしゃるでしょう。
でも私は「つぶやく」という表現はちょっと無責任のような気がしてあまり好きになれません。

少なくとも「寝言」じゃないですし、半径1mの友達だけにしか通じないような表現ではなく、自分なりの「意見」として、なるべく誰がご覧になっても分かるようにきちんとした文章で書こうと心がけてきたつもりです。


私は典型的なアナログ人間です!

けっこうマメに更新しているので、きっとパソコンなどデジタルに強い人間かと思われがちですが、ある演奏会の後の宴会でも話題に出ましたが、「私は典型的なアナログ人間の代表選手」なんですよ(笑)。

知人に立ち上げてもらったブログに記事を書く(文章を書く)ことは好きですが、パソコン画面の設定やブログの環境設定などは全く未知のことばかりで、簡単なことにいつも戸惑っています。
ただ、何かを文章に書いて表現することが好きなんでしょうね。文章を打つことにはまったく抵抗もなく、短い時間でけっこう長い文章でも書けてしまうんです。「人に伝えたい」という思いはかなり強い方じゃないかと自覚しています。


自分なりに「書いてみる」ということ

何か文章を書くということは、「いまの私」「いままでの私」がなんとなく思ってきたことを「形」にして出すということ、つまり「自分なりの表現」だと思います。

ただ漠然と思っていることはあっても、それを何かの話題と絡めて文章にして書いてみることで、頭の整理にもなりますし、さまざまな話題を通じて「私はこういう考え方をしてる人間なんだ」というアウトラインが見えてくるような気がします。
 
人生の中にはさまざまな節目があると思いますが、色んな意味で「今の自分」「今までの自分」に正直に問いかけ、実際の私とはギャップがあることもあるかもしれませんが、自分なりに表現して発信してみることの大切さは実感させていただいています。


フェイスブックは巨大な掲示板?

一方、1年半ほど前からフェイスブックという世界にも入ってみました。
アナログ人間の私としては、フェイスブックの仕組みを理解するまでにもかなり戸惑いました。

でも、なんとなく分かってきたのは「フェイスブックは大きな掲示板のようなものじゃないかな?」ということです。
 
友達の数にもよりますが、まずフェイスブックを開くと、フィールドには友達がアップした近況・写真・シェアしたものなどが新しいものから順にたくさん出てきます。

自分が近況や携帯で撮った写真をアップした直後に、「ちゃんと掲載されたかな?」とアクセスしてみると、わずか1分とたたないうちに友達がいくつも記事をアップされているのに驚きます。すでに私がアップした記事はいくつか下にあるのです。時間帯によっては皆さん一斉にフェイスブックに何かを書き込まれているんですね。

そこに出てくる記事たちはみな「友達の近況」ですね。多くの友達が今この一瞬にもフェイスブックを開いているので、リアルタイムでの「今」の情報を発信・交換するには非常にすぐれたメディアだと思います。
以前だれかが、あと数時間で演奏会という時に楽器を忘れたか壊れたかで「この近くに楽器を貸してくれる人を知りませんか?」とアップしたところ、たまたま近くにいた人から楽器を借りることができて本番に間に合った、などという超絶技巧も!
Yahooの知恵袋以上のSOS対応ですね。

しかし一方、それだけ多くの情報がリアルタイムに飛び交うためフィールドの回転も速く、何か「記事」をじっくり書いてもすぐに埋もれてしまいます。 ある特定のお気に入りの人のウォール(タイムライン)を個別にチェックすれば別ですが、フィールドをざっと眺めるだけだと情報は埋もれやすいと思います。
フェイスブックはいわば、特定の人の部屋を訪れるよりも、みんなの近況をちょこちょこチェックできる巨大な掲示板のようなものではないででしょうか?


私流のブログ&フェイスブックの使い分け

私はそのようなとらえ方で、わりと簡単な「今私はここにいるよ」「いまこんなものを食べてますよ」「これから~~します」といった自分の「今」をリアルタイムに発信し、情報交換したいときにはフェイスブックを使います。

そしてもう少し自分の近況や思いについてじっくり書きたいことは、「自分の部屋」「自分のノート」のようなブログに書き、 それをフェイスブックにリンクで貼り付けてアップしておく、ということをよくやります。 いわばホットな告知・ご案内ですね。

皆さん仕事やリハーサルの合間や旅の道中など、それぞれお忙しい中で他の友達の近況をチェックされているのでしょうから、あまり長々と長文を載せるのはきっとご迷惑でしょう。
でも、資料を調べたり、自分なりに頭を整理しておく上でも、ブログにはブログの良さがあると思っています。 もし興味のある方にはお時間のあるときにゆっくり読んでいただけたらと。

私だけでなく、ご自分のページをお持ちで、フェイズブック上に時々「ブログを更新しました」とリンクを貼られている方は、おそらく私と似たような感覚をお持ちではないかと思います。


メイン会場はどっち?

フェイスブックでの友達つながりはフェイスブック上を中心に、という考え方はもちろん正しいと思います。フェイスブックに近況をアップし、そこに「いいね」や「コメント」を残す、それだけでももちろん充分です。

でも、せっかくブログにしっかりした内容を書いて、それをフェイスブック上に「ご案内」「告知」している場合、訪ねてほしいメイン会場はどちらでしょうか?
皆さんフェイスブック上では「いいね」や「コメント」を残してくださるのに、ブログには何も訪問歴が残らない…というのはちょっと寂しく感じることがあります。

変な例えですが、例えばコンサートの案内をどこか喫茶店の掲示板に張り出したとします。その喫茶店には「良かったよ」とか「感想」をくださるのに、コンサートの会場では拍手もしないで、来たことも告げずに黙って帰りますか?

べつにブログのアクセス数を競ったり、ブログランキングで上位になりたい、と思っているわけではありません。ブログランキングを上げたところで何か景品が当たるわけでもないですし…(笑)

ただ、自分なりに想うところを形にして発信したら、どのぐらいの方が見てくれたのか、どんな感想をお持ちなのか、ということを知りたいと思うのは人情ではないでしょうか?
小学生のころ、学級会で手を挙げてみんなの前で何かを言う時もそうでしたが、自分なりの意見を出すにはちょっとした勇気もいりますよね。

それに対して、必ずしも全員から賛同を得ようとは思いません。皆さんそれぞれ違った考えもあるでしょう。でも少なくとも、ある部分には賛同いただけたり、ちょっと違う角度からの意見がいただけたら嬉しいと思いませんか?
逆に何か言ってもまったく反応がなかったら、不安になったりガッカリしませんか?


◆「匿名」か「公開」か?

よくブログは個人的な世界だから、人の家を訪問するようなもの。フェイスブックは「友達同士の会話」みたいなものだから気楽だけど、ブログは不特定多数が見るもの。だから敷居が高くて拍手やコメントは残しづらい、という風に思ってらっしゃる方もいらっしゃるようですね。

でも私は思うに、それはすべて逆です。

たしかにフェイスブックには、登録している「友達同士」だけに限定公開にしてtwitterに似た感覚で近況を交換し合っている方も多くいらっしゃるようですね。でも、記事をアップするにあたっては「友達限定」にするか一般に「公開」するかが選択でき、「公開」にしたものは全世界にオープンになります。「アラブの春」もフェイスブックからはじまったように、情報の伝達の広さ・速さはブログよりもはるかに力を持っていると思います。

あとフェイスブックの場合、「いいね」をワンクリックしても「コメント」を残しても、残した人の名前が自動的にしっかり残ります。もともと「匿名」ではなく「実名」を前提にしたメディアですから。でもそのお蔭で、ある程度自分の発言には責任をもってきちんとしたマナーが守られる面もあるように思います。

一方ブログは、必ずしも本名をフルネームでは出さずにペンネームで開設できます。そこに「拍手」をつけても、誰がアクセスして「拍手」を残してくれたのかも分かりません。たまたま同じブログをやっている仲間同士なら訪問歴が表示され、その時間帯に拍手がひとつ増えていたら、「あ、あの人が見てくれたのかな?」と推測できるに過ぎません。つまり「拍手」を残して下さっても「コメント」を残してくださっても、そちらの個人情報は一切何も残らないのです。

アメーバのブログだと、コメントを残したい訪問者の方もアメブロ登録していないとできなかったり、登録してあってもいちいちIDコードを聞かれたりして、入れてもうまく投稿できないことがよくあります。また仮にコメントを残すことができても、管理者側からのコメント返信ができないような設定もあるようですね。私はどうもアメブロって苦手なんです。
その点私のやっているこのfc2は、とくにメールアドレスやブログURL欄に記入しなくても、またお名前がペンネームであっても、登録も必要なくどなたでもコメント投稿できます。
(「ブロとも」さん以外はこちらで承認しないと公開されません)

主にブログをご覧になる方は、すでに私がこのブログを書いていることをご存じでご訪問くださっている方たち。また同じジャンルで、またはキイワードで検索してヒットした方たち、つまり同じテーマに関心をもっている方や、価値観や考え方の似た者同士が多いように思いますし、「ブロとも」さんたちとも実際にお目にかかるなど、とてもいい関係でお付き合いさせていただけてサークルのような世界だと思っています。
 
ですから「フェイスブックは友達同士だから気楽だけど、ブログは敷居が高くて拍手やコメントは残しづらい」ということは決してないと思います。



先ほどのコンサートに例えるなら、せっかく会場まで足を運んでくださってご覧になったのなら、誰が来てくださったのか、演奏はどうだったのかを知りたいと思います。
仮にフルネームでなくても、本人にだけ伝わるようなペンネームでもファーストネームだけでもいいですから、どうか、こっそりのぞき見して黙って立ち去らずに、何か残してくださったら嬉しいですね。  色々とくどくどと書きましたが、どうかご容赦ください。
 

   ↓ まずはお気軽に「見ましたよ」「そうだね」のワンクリックを!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメントのその後を追う方法はありますか?

私は、何かにコメントした場合、その後に返事があったらぜひ読みたいと思います。
しかし、ブログでそれを容易に実現する方法をみつけていません。mixi, Facebook と、自分のコメントの後にコメントがあったら容易に知ることができる環境を知ってから、ブログでもできないかと何度か探したのですが、実用になるものをみつけられていないのです。

そのために、ブログにコメントすると、たいてい書きっぱなしになってしまいます。おそらく、このコメントにお返事を頂いても、読むことはないでしょう。

それが、私がブログに関する通知が Facebook にあれば、そちらにコメントする理由です。そちらなら、筆者にせよ他の読者にせよ、自分がコメントした記事に関するコメントを見落としにくいからなのです。

Re:たしかに…

北西風さま

コメントありがとうございます。なるほど、たしかにそういう面はありますね。
フェイスブックはたしかに、自分がアップした記事へはもちろん、誰かの記事にコメントを残すなど、何らかの足跡をつけたところに何か動きがあると「お知らせ」が届きますね。そういう意味ではこの記事にも書いた通り、フェイスブックはリアルタイムでの情報交換に、友達の動きをチェックするのに向いています。

それに対してブログは、自分の部屋のようなもの。ユースホステルに備え付けのゲストノートに何かを書き残すのに似ています。その後誰がそれを見てくれたのか、誰かが違うことを書き込んでいるのかは、ふたたびそこを訪ねて見てみるしかないですね。
コメント記事を入れた記事に何らかのチェック(ヤフーオークションの「ウォッチリスト」のようなもの)をつけておき、同じ記事に誰かがコメントを入れたらメールで通知が届く、といった仕組みは今のところ残念ながらありません。

私がまだフェイスブックを知らず、ブログだけをやっていた2年ほどは、ブロともさん同士でも時々訪問しあい、コメントを入れて数日たったらどうなってるかな、と開けてみるとコメントへのお礼や返信が書いてある…そういうものだと思ってました。そしてそれは今も楽しんでいます。

ブログは誰がいつ訪ねてくれたのか、どの記事を読んでくれたのかがまったくわからないため、なおさら見てくださったら何らかの足跡を残してくださると嬉しいな、と思っているのは私以外のブロガーさんたちも同じだろうと思いますよ。

いずれにしても、私はブログによる情報発信も、ただ自分勝手に好き勝手なことを書いてるからいいんだじゃなく、メールやフェイスブックと同様、コミュニケーションの1手段だと思っています。ですから、見たなら見たよ、同感だよ、いい記事書いてくれたね、私はちょっと違うと思うよ…など、どんなことでもいいから反応をいただけると嬉しいと思うだけです。

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR