中学の勉強は基本です!

2月25日(月)


中学生の娘の勉強をたまに見ていると、本当に人生に必要な基本はすべて義務教育の中にあり、と痛感します。

たとえば、心臓には4つの部屋がありますが、血液の流れはどうなっているのか…?

べつに医学を専門に学んでいなくても、自分の身体のことについてこれぐらいは知ってた方が良いと思いますが、ふだん見ていないものは忘れてますよね。

教科書の図を見ながら、あらためて私なりに図を書いてみると…

心臓と肺・血液の流れ 



これをただ暗記して覚えるのでなく、こんな点に注意してイメージを持ちましょう!

●「右」とか「左」とは、身体の左右。このような図ではたいてい身体を正面から見たものが多いので、鏡に映ったように左右が逆になる。

●心臓から送り出される血液の道が「動脈」、心臓に戻っていく血液の流れが「静脈」。

●一般に動脈は鮮血(赤)、静脈は疲れた血(青)というイメージで色分けされるが、肺との関係では逆になる。なぜか?肺に向かう血(=肺動脈)は酸素をまだもらう前、肺から心臓に戻ってくる血(=肺静脈)は酸素をたくさんもらったばかりの真っ赤な血、です。

●心臓に入っていく血液はいずれも上の「心房」に入り、下の「心室」から送り出される。

●全身で使われた血液は、右の心房に帰ってきて、右の心室から肺へと送られる。肺から戻ってきた新鮮な血液は左の心房に入り、左の心室から全身へと出て行く。


…ということですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

これを画像でみるとややこしいです

こんばんは。人体にかかわらず、中学の勉強は大変役に立ちますよね。基本がたくさんあります。

私は病院にいますが、頭では解剖というか流れがわかっても、画像を目の前にすると頭がこんがらがります。
特に体を下からみた画像と横からみた画像、関連付けるのには並大抵ではないです。
頭の血管となると、平面でなく立体で考えていかないといけない。

でもそれは医学に限らずですよね。
何かを組み立てるとき、完成図を細部まで想像できるかとか、そんな感じです。

人の体はとても不思議です。
そして、素晴らしくて何故か笑えてしまった絵を描いてくださってありがとうございました。いい感じですよ

Re: これを画像でみるとややこしいです

saoriさん
ありがとうございます。模型を作るのも、家を設計するのも、苦手なことを克服して練習するのも、「いかにイメージを描けるか」が大切ですね。「覚える」のは結果だと思います。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR