11月28日 天体ショー「半影月食」

日付変わって 11月29日


「半影月食」をわが家の屋上で撮影しました! 

冬の太陽は空の低いコースを通りますが、月は逆に頭の真上を通過します。
その原理は前に「1分で分かる太陽・地球・月」という記事で書きましたが、その時に描いた図を引用して…

地球・月イラスト冬


21時半ごろから、月は地球の半影部分に入っていて、23:33がもっともピークになると聞いていたので、その頃カメラを構えました。 まさに頭の真上です!
三脚を立てて頭の真上を狙うのって、けっこう難しいですね。上半身だけバルコニーに出して仰向けに寝た状態でファインダーをのぞきました。

23:45ごろの月
23時45分ごろ 
オリンパスE620 ズーム150、シャッター500分の1、マニュアルフォーカス

食のピーク時とはいえ、やはり皆既月食のようにはっきりとはしていなくて、「ふだんよりちょっと暗いかな?」という気がする程度。写真で見るとただの満月ですね(笑)。
今あの辺に地球の影が伸びてるんだな~、太陽はちょうど真下にあるのか~、と思いながらシャッターを切ってました。


あと、今回の満月は地球からもっとも遠い位置にいるそうですね。何か月か前には「スーパームーン」で地球にもっとも近く、大きな満月が見られました。

月は地球の回りを約30日かけて回っています。地球が完全に止まっていて(=地球はマイペースで太陽の周りを円軌道で公転していて)、その地球の回りを月が回っている、と考えがちですが、実は地球と月はお互いに干渉しあっているのです。

人との関係でもそうですが、相手の存在が大きければこちらもそれだけ動かされますね。相手がたとえ自分より小さくても、こちらがまったく影響されずにマイペースではなく、何らかの影響をお互いに与え合うでしょう。

月と地球の重さの比率は6:1。 6:1の2つの重りをロープで結び、クルクルっと回して空中に投げたような動きでお互いに干渉し合いながら回っているはずです。しかも両者の距離は常に一定ではなく、遠ざかったり近づいたり…
ですから地球から見て太陽を背にした状態の満月はほぼ30日に一度巡ってきますが、たまたま月が近くにいる時と、遠くにある時とがあるんですね。


さて、せっかく見上げた深夜の冬空、頭上の満月の近くにはこんな星たちが…

月・木星・アルデバラン

月・木星・アルデバランとオリオン座 
いずれもオリンパスE620、ズーム14~42、シャッター15秒、マニュアルフォーカス

木星は惑星ですからいつもこの場所にはいません。
冬を代表する星座「オリオン」の左上の赤いのがベテルギウス(ギリシャ後で「脇の下」という意味)。オリオンのベルトの3つ星を延長したあたりにもぽちっと赤い星がありますがアルデバラン。月がこんなに近くで輝いていなければこのアルデバランを含む小さなV字の星も見えるはずで、そのあたりが「おうし座」です。
そしてこの画面には入ってませんが、やや西よりの頭上には「すばる」(プレアデス星団)もきれいに見えていました。


11月28日(水)

きょうは満月。関東では2つの高気圧のちょうど谷間に入り朝から雲が広がり、日中は雨も降りましたが、夕方には美しい夕焼けが見られ、いまは東の空から昇った月が雲の切れ間に輝いています。

PB280373.jpg

PB280371.jpg

19時30ごろ自宅から撮影しました。月のやや左下に輝いているのは木星です。


★そして今夜はもうひとつ、ちょっとした天体ショー「半影月食」が見られます! 

今月14日の新月の時にはオーストラリアで皆既日食が見られましたが、同じ月の満月の日にまたしても食が起こるのは珍しいですね。

時間としては今夜23時33分ごろ、ちょうど頭の真上で見られるはずです。

121126NEWSMOON01.jpg
影山えりかさんの「Loha News」より


   ↓ よかったらワンクリックよろしく! 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR