地球いちばん、ベネズエラ33万人のオーケストラ

10月18日(木) 22:00~22:50

NHK「地球いちばん~ベネズエラ33万人のオーケストラ~」
放送をリアルタイムで観ていました。
http://www.nhk.or.jp/ichiban/backnumber/b01/index.html#bn


貧困・犯罪から子供たちや青年たちを救ったのは「音楽の力」でした!

国と企業が貧困社会の子供たちにも楽器を貸与し、無料の音楽教室を開き、遊び道具のように楽器に触れさせ、一緒に音を出す喜びを体感してもらう。

貧困な犯罪多発地域に住み失望の底にいた子供たちがオーケストラと出会い、居場所を与えられ、助け合うこと、あきらめないこと、自信をもつことを見出し、生きる目的と喜びを発見してく。

何年か前に家を出て行ったきり連絡も取れなかった父親との再会を夢見てチェロに向き合う青年。「ボクはここで演奏してるよ」と父親に伝えたい、そしてできるならコンサートに来て欲しい…その夢を叶えてくれたのは、このベネズエラから巣立った世界的な指揮者グスターボ・ドゥダメル率いる2000人のコンサートでした。

指揮台にあがって子供たちを指導している22歳の先生は、音楽と出会うまではごろつきのワルで、ギャングの一味として人を傷つけたり盗んでいたといいます。 それが今は素晴らしい笑顔で子どもたちと接し、音楽の素晴らしさを伝え、勇気と感動をあたえる先生です。

そのほか、自分にはできないと諦め、緊張してしまって吹けなくなっているホルンの女性を、パート内のメンバーが助け合い、ついに一緒に演奏会へ…
2000人のメンバーそれぞれが、音楽との出会いによって人生の転機となったことでしょう。


まさに「音楽の力による“人間復活”、“奇跡の創造”だ」と私は呼びたい!

「本当の教育って何だろう?」とえぐり出されるような思いとともに、あらためて「音楽の力」を確信し、とても他人事(ひとごと)とは思えない熱い思いに駆られています。

その試み(エル=システマ)は、ベネズエラの女子刑務所をはじめ、世界各地でもすでに始まろうとしています。

日本でも…

こういうことのために税金が使われたら、きっと豊かな心をもった人が育ち、幸せな社会が取り戻せるでしょう。


   ↓ よかったらワンクリックよろしく!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR