ザリガニの赤ちゃん

<この記事は、追加更新による続きものです>

昨年の11月からご無沙汰してました、ザリガニの子どもたち。
なんとか年を越し、年明けには氷が張っていたこともありましたが、こんなに大きくなりました。

20130511.jpg ★クリックすると大きな画面になります

一番大きなものは9センチを超えましたが、小さいものだとまだ4センチぐらい。卵から一斉にかえったのに個体差があるものですね。
死んで食べられてしまった子たちもいるようで、今現在の正確な匹数はわかりませんが10数匹でしょうか?

あと本日、近所のプレイパークでニホンザリガニを釣ってきました。
アメリカザリガニの方がすっかり有名になってしまいましたが、日本の在来種は赤みがなくて黒っぽいですね。

20130511 (2) 


~これまでの記録(追記でアップしています)~

2012年 11月10日(土)

水槽をのぞいてみると、藻の上にいくつもの抜け殻。
大きなものだと5センチ前後、小さなものでは2~3センチ。個体差はありますが、だいぶ大きくなってきて、そろそろ「赤ちゃん」ではなくなってきた感じがします。

1110a.jpg 1110b.jpg 1110c.jpg
クリックすると大きな画像でご覧になれます

とくに大きくなったものは「共食い」を防ぐために別水槽に移しています。こちらは現在もっとも大きくなった1匹。なかなかゲージに沿う形でじっとはしててくれませんが、体長5.5センチほどに成長しました。



10月27日(土)

夏の終わりからの観察記事、「ザリガニの赤ちゃん」のその後です。
先週から小学校の教室にも7匹ぐらい行っています。

何十匹かいる中で、「わ、大きくなったな」とその時たまたま目についたのをピックアップして観察してるので、必ずしも同じ個体の成長記録ではありませんが、大きなのは体長45ミリほどになりました。

PA270119.jpg PA270122.jpg
水槽の中には、こんなものが漂ってたりします。 ↑ ザリガニの抜け殻です。

ところで、昔グループサウンズが流行った時代(昭和40年代)に、「ザ・リガニーズ」っていうグループがいたのをご存知でしょうか?
 
ザ・リガニーズ ★クリックすると大きな画像でご覧になれます

すみません、ザリガニとは直接(というか全く)関係ないお話しでした!


10月13日(土)

大きな水槽(押入れ用プラケース)にお引越しして1週間。
ちょっとしたビオトープ(自然を縮小したような場所)でしょ?

1013a.jpg 1013b.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧になれます

静止画像だと分かりづらいですが、人影が近づくと中でピンピン動くのですぐ分かります。素焼きのウサギの耳の先あたりにも一匹…

顔を合わせるとすぐ喧嘩をはじめるので、広い水槽内に隠れ場所をたくさん作ってやりました。  大きいものは体長3センチを超えています。
1013c.jpg 1013d.jpg
顔を合わせるとすぐに取っ組み合いに…

ザリガニの子にとって天敵はクチボソなどの魚(大きいのはニゴイ)。この水槽に入れてやったらあっという間に食われてしまうでしょう。
1013e.jpg 

10月6日(土)

いつの間にかこんなに大きくなりました。藻にはたくさんの“ザリガニの実”がなっています(笑)
人影が近づくとピンピンと跳ねるように水中を泳いで藻の影に隠れます。
1006a.jpg 1006b.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧になれます

水槽にはたっぷりの水、大雨の時には水が溢れないように植木鉢の敷皿をかぶせてやってます。 毎朝金魚の餌をひとつまみ、餌がふやけて沈んでいくと寄ってきて抱えるようにしてむしゃむしゃと食べてます。

1006c.jpg 1006d.jpg
体長は大きいもので2センチを超えました。水槽内には大小あわせて20~30匹。


9月15日(土)

お腹にかかえた卵がほぼ全てかえり、お腹から離れて独り立ち(泳ぎ)できるようになったなと思ったら、お母さんザリガニは死んでしまいました。母としての役割を終え、いまは植木鉢の土の中で眠っています。

一方、赤ちゃんザリガニは脱皮を繰り返して日に日に大きくなっています。
長いヒゲの部分を除いて、頭から尻尾の先までの体長はおよそ1センチぐらいにまでなりました。

0915a.jpg 0915b.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧になれます

生まれたザリガニはざっと2~300匹はいたと思われますが、いま水槽内でピンピン跳ねているのは30~40匹といったところ。

1日おきに水を換え、水草を何種類か入れてやり、金魚の餌を細かく砕いたものをあげて可愛がっていますが、脱皮を繰り返して大きくなって、最終的に何匹ぐらい生き残ってくれるか…? 


9月4日(火)

お母さんザリガニのお腹にくっついていた卵もかえり、赤ちゃんザリガニが増えてます!
金魚藻にも、お母さんザリガニの背中にも…

P9048434.jpg P9048441.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧になれます


8月31日(金)

最近あまり餌を食べないな、と思っていたら…
P9018426.jpg   DSCN1385.jpg
                        ↑ 親ザリガニのハサミの間
 水槽の中になにやらうごめくものが…               
             よく見るとザリガニの赤ちゃんです! 

P9018431.jpg →拡大P9018431b.jpg

体長は3ミリほど。でもちゃんとハサミもついていて、ピンピン元気に後ずさり泳ぎしてます。

お母さんザリガニのお腹には、まだまだ卵がたくさん!
P9018425.jpg 

私も子供のころからザリガニは何度も飼ってきましたが、赤ちゃん誕生は初めて見ました。



   ↓ よかったらワンクリックよろしく!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ウチでも、ザリガニの卵から孵化したことがあります。
ものすごい数の赤ちゃんたちが、お母さんのお腹のところから出て行ったり、急いで戻ったり・・・でも、結局1匹も大人になりませんでした。残念。

Re: No title

そうなんですか~ 残念ですね。
赤ちゃんザリガニを流さないように水換えするにはどうしたらいいか、手ポンプの吸い込み口にガーゼでフィルターを作って汚れた水を吸い出そうか…など色々考えてます。
まあ、ザリガニはもともと清流ではなく濁った池にいますから、それほど気にしなくてもいいかな、とは思いまが… 「しぜん」シリーズを読み返してみて、脱皮を繰り返して大きくなっていく赤ちゃんのために、藻を入れてやるなど、できるだけのケアはしてあげようと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR