桜、さくら、サクラ…

矢良瀬桜(やらせざくら)

桜

矢良瀬川(やらせがわ)の流域に生息する緋寒桜の一種。白っぽい可憐な花を咲かせることから、平安の時代に和歌にも詠まれた。

…なんて真っ赤なウソです。

「やらせ」+「さくら」

実際には桜の花なんか咲いてないのに「あそこの桜は見事だよ」「この前の日曜に行ってみたら3分咲きだったから、次の週末ぐらいが絶対に見ごろ!」などと嘘の情報を流して花見客を呼び寄せ、「あそこの団子はうまい!」などと大声でふれて回ったり、場所取りのブルーシートの値段を不当につり上げるなど、商売の片棒をかつぐこと。<私だけの俗語辞典より>


ニセ情報に注意

今はどんな商売にも、単にモノを作ればいいのではなく「情報が勝負」と言われますね。皆が必要と感じて求めるものの価値だけでなく、「情報」によってモノの価値そのものまで左右されるのは株価の変動を見ればお分かりでしょう。
ただ問題は、その情報の質(中味)であり、またその情報をどう使って何をするか(モラル)が問われてくるというお話しです。

この辺からはちょっとだけ真面目に読まれた方がいいかもしれません。


ステルスマーケティング(Stealth Marketing)

アメリカ空軍が開発した、エイのような姿をしたレーダーに映らない偵察機「ステルス」。あれを販売すること…ではありません。

ステルスマーケティング(Stealth Marketing)=実際には「広告・宣伝」であるにも関わらず、一見「広告・宣伝」であると気付かせないように装って広告・宣伝すること。

分かりやすい例でいうと、学園祭の焼きそばの出店の前で、「ここの焼きそばは最高に美味しいね!けさからもう3回も並んでるよ!」などと大きな声で言いながら客集めをすることを「さくら」「おとり」「やらせ」と言いますね。冒頭の「やらせザクラ」のような行為のことを指します。



インサイダー取引等

サイダー風呂に浸かって行う取引…じゃありません。
株式会社にとって有利な情報・不利な情報など内部事情に詳しい立場を利用して、株価の変動を公開前に知って株の売買を行うこと。証券取引法違反として罰せられます。

こちらは、情報としては真実なのですが、公式になる前のいわば「やみ情報」を入手して証券取引をすることが禁じられているのです。

それに対して、株価を変動させる目的で嘘の情報を流すと「偽計業務妨害罪」という刑法にも触れる犯罪になります。「噂を流しただけで罪になるの?」という理屈もありますが、株価を変動させる目的でやることが問題なのです。

例えば、ある会社が「経営危機にある」「どこか別の企業に買収される」といった嘘の情報を流して株価の下落を図ったり、逆に「凄い製品を開発して市場に乗り出す」「私は今日○○株も買ったぞ」といった嘘の情報で株価を吊り上げたり…
複数の人間になりすましてネット上に書き込むと、それを見た投資家たちが一喜一憂して慌てて株を売買するため株価が変動するみたいですね。

私に言わせれば、本当にその企業を愛して応援するのではなく、どこかの大統領や首相の発言ひとつにも一喜一憂して株を売買するマネーゲームは本当の意味での「投資」ではないと冷ややかに見てますが、「情報」が金を動かすいい例と言えるでしょう。 

 

◆「宣伝」のつもりはなくても…

「噂」「口コミ」のレベルならば、法律で禁止したり罰則を科すような規定はありません。

ただ、広告・宣伝が目的であるにもかかわらず、それを隠して一見公平であるかのように装い、著名人や読者の多いブロガーが事業主(=お店など)からなにがしかの“報酬”を受け取って「ここの〇〇は美味しい!」などと記事に書いた場合、商法および広告のモラルにひっかかってくる可能性があります。

たとえ実際には報酬など受け取っていなくても、著名な人が放送などのメディアで行きつけの店を実名で紹介したり「そこの〇〇は美味しい!」などとブログ等で発言すれば、充分な宣伝効果が期待されますね。実際に宣伝になってしまう面もあるでしょう。

また本人は「広告」のつもりで書いてなくても、結果として「広告ではないか?」と第三者から疑われる可能性があります。

アメリカではすでに、マーケッターと著名人との関係や金銭の授受があったかどうかを明らかにすべきだという「倫理基準」を設ける動きが出ているといいます。

日本でも消費者団体や競合店から「倫理上の問題」として議論される可能性が今後出てくるかもしれません。

ブログやfacebookなど、ネットによる情報がこれだけ発達した今日、だれでもが情報の発信者です。あくまで個人的な出来事・好み・意見として書く分には、よほど誰かを誹謗中傷したり迷惑を及ぼさない限り何を発言しても自由ですが、無意識のうちにある店の商品やお店の「宣伝」をしているかのように思われないよう、読者や友達の多いブロガーさんはちょっと気を付けた方がいいかもしれませんね。


  ↓ よかったらワンクリックよろしく!
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR