世界でいちばん「幸せ」な国、ブータン

「地球イチバン」という番組が3月22日 20:00~20:43 NHK総合TV放送されました。今回紹介された舞台はブータン。
http://www.nhk.or.jp/ichiban/history/h17/item3.html#item3

ブータンという国はヒマラヤ山脈の東に位置し、国土は日本の九州とほぼ同じ面積、人口70万人の小さな国。
日本人によくにた肌の色・顔をした人たちが平和に暮らしていて、「世界でいちばん幸せな国」と言われます。

2005年にブータンで行われた国勢調査で、「あなたは幸せですか?」という質問に国民のなんと97%が「はい」と答えています。

また2010年にブータン国立研究所がまとめた調査によると…

■生活に満足していますか?
 「満足」…83.6%

■地域の人はお互いに助け合っていますか?
 「いつも」…56.6%、「ときどき」…36.8%

地域助け合い 困ったとき

■困ったとき 何人の人がサポートしてくれますか?(病気のとき)
 「8人以上」…64.0%、「6~8人」…15.7%、「3~5人」…14.1%

■地域の一員と感じていますか?
 「強く感じる」…71%、「まあ強く感じる」…25%

■自分さえよければ良いと考えたことがありますか?
 「ない」…77.9%、「まれにある」…12.1%、「時々ある」…8.8%、「よくある」…1.1%

自分さえよければ 人をうらやましい

■他人をうらやましいと感じたことがありますか?
 「ない」…83.7%、「まれにある」…9.3%、「時々ある」…6.2%、「よくある」…0.7% 
                                   <番組資料より 2010年調査結果>


これらの結果をどうご覧になりますか?



ブータンの国王は、ずっと「国民の幸せ」を第一に国づくりをしてきたといいます。

ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界のほとんどの国がGNP(国民総生産)を競うように経済的な発展を追求してきた中で、ブータンはGNH(Gross National Happiness=国民総幸福)という考え方を大切にした国づくりをおこなってきました。

GNHは「憲法」にもうたわれ、政府に10ある省庁の上に「GNH委員会」が置かれるなど、政策の根幹に取り入れられています。

1.公平で公正な社会経済の発達
2.文化的、精神的な遺産の保存、促進
3.自然環境の保護
4.良き統治

という4つの柱をもとに、経済的な成長だけを求めない発展を目指してきました。

GNHの長官は語ります。

「大きな家に住みたい」とか「速い車に乗りたい」といった欲望は際限がありません。それが手に入って感じる「幸せ」は一時的なもので、もっと大きな家やもっと速い車を持っている人が羨ましくなり、またそれを手に入れたくなります。手に入らなければ不満を感じ不幸になります。物質的・金銭的な幸せはそういうものです、と。

ブータンでは世界の経済的な発展をしり目に、本当に必要な調和のとれる発展をめざし、地縁的なつながり・助け合い・愛に満ちた「コミュニティ」を大切に、「安心」して暮らせる社会を目指してきた、と。



人の不幸を喜び、ちょっと何かが違う人を「仲間はずれ」にし、人を蹴落とし、自分だけがお金持ちになって成功し、さらにゲーム感覚でバブルなお金を稼ぐことが果たして「幸せ」なんでしょうか?  まわりは「敵」ばかりで、「安心」「安らぎ」はなく、ストレスに満ちた社会。

この「★豊かさとは…?」のカテゴリでひとつ前の記事に、歪んだ自由主義・資本主義の行きつく姿について書きました。

国の政治も、国民の命よりも大企業の利権・ワガママが優先される。モノの価値・企業の価値さえも「投機マネー」によって左右される。あまりにも本質からかけ離れたワガママな「投機マネー」は規制する政策も考えてよいのではないか、と。
http://resolutely.blog6.fc2.com/blog-entry-439.html

あらためて「本当の豊かさ」って何なのでしょうか?
ブータンから人としての本質的なことを学べたら、たとえ資本主義国家の中にあっても少しは「幸せ」「豊かさ」に近づけるのではないでしょうか?


  ↓ よかったらワンクリックよろしく!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR