1月19日(木)


先週あたりから、関東から見ても関西から見てもはるか西方向に向かう地震雲らしきものの画像を複数の知人のfacebookを通じて拝見し、やや気に留めていました。

一方、北関東~福島にかけて、ふたたび地震が頻発している中にあって、きのうご紹介したYou-Tubeで、北海道大学の森谷教授が年明けのテレビ番組で、「電波の異常はずっと続いている」というデータを紹介されていました。

考えられるおよその方角のひとつに、房総沖というのが含まれています。

1.19 世田谷から東の空

この画像は、きょう(1月19日・木)、遅番出勤する午前11:05ごろ、世田谷からほぼ真東の空を携帯カメラで撮影したものです。

飛行機雲がぼやけたもの…と見るにはちょっと無理がありそうです。東京から東には成田空港がありますが、このような位置に飛行ルートはありません。

気象衛星からの画像もお昼ごろチェックしてみましたが、雪になるかもしれないという薄い雲の塊が西から近づいているものの、このような東西に延びる雲がなぜできるのか…?
西高東低の冬型の気圧配置による風では、こういう方位に筋ができるとは考えにくいのです。



またしても残念なことに、千葉・行徳高校の電磁波のデータは止まったままです。
あまり不要な不安を煽ってもいけませんが、このところまた各地で地震も活発化しているようですし、23日(月)は新月で、26日(木)まで大潮 が続きます。

向こう1週間ほどの間、関東地方でもいちおう念のため身の回りには気をつけて過ごした方が良いかもしれません。



昨日・今日、ほぼ同じ内容でfacebookにもご紹介したところ、多くの方からコメントをいただいています。よろしかったこちらもご参考まで…
 http://www.facebook.com/profile.php?id=100002506413041

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR