ビッグアイ(大阪府堺市)コンサート 終了!

9月11日(日)
大阪府堺市の国際障害者交流センター
ビッグ・アイ アートフェスティバル

「バリアフリーコンサート」
~音楽の世界から共に生きるよろこびを~


おかげ様で盛況のうちに終演しました!

東日本大震災からちょうど半年、アメリカの同時多発テロからちょうど10年。
尊い犠牲になられた方たちへの祈りと、「がんばろう日本」のメッセージを込めて…


わざわざ遠くから足を運んで聴きにいらしてくださった皆さん、車椅子で最後までお聴きくださった皆さん、本当にありがとうございました。私たち演奏家一同、皆さんが感動してくださるところからたくさんの力をいただいています。

そして仲間オケの愛する仲間たち! 音については謙虚に追及しあいながらも、ずっと末永くよろしくお願いしますね!


画像ギャラリー

やや大きめのサムネイルで貼り付けます。画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
(★保存はご自由にどうぞ! ブログなどに使われる時は、小さく「撮影:高木」とクレジットをお願いします。)


9月10日(土)
朝9:50品川駅集合 10:13の「ひかり」で新大阪へ
P9102355.jpg P9102357.jpg P9102360.jpg P9102361.jpg P9102362.jpg P9102363.jpg

富士山も頭を出し…
P9102366.jpg P9102369.jpg

新大阪着 ~ バスにて会場へ
P9102371.jpg P9102372.jpg P9102373.jpg
P9102374.jpg P9102376.jpg P9102378.jpg P9102379.jpg P9102380.jpg
14:30 国際障害者センター「ビッグアイ」到着

15:00~ 会場リハーサル
P9102382.jpg P9102383.jpg P9102384.jpg P9102385.jpg P9102386.jpg

18:30~ レセプション
P9102390.jpg P9102391.jpg P9102392.jpg P9102396.jpg P9102400.jpg P9102401.jpg P9102404.jpg P9102411.jpg P9102414.jpg P9102423.jpg P9102424.jpg P9102425.jpg P9102427.jpg P9102429.jpg P9102431.jpg
 P9102434.jpg P9102447.jpg打楽器集合!

P9102449.jpg P9102452.jpg P9102453.jpg P9102455.jpg P9102457.jpg 
オランダから初参加のルーランドさん(チェロ、アムステルダムでチェンバーオーケストラを指導されてるそうです)


客室飲み会(私の211号室にて)
P9102461.jpg P9102466.jpg P9102458.jpg


9月11日(日)
朝9時半~ 自主的なセクション練習
P9112469.jpg P9112473.jpg 

和太鼓はロビーにて
P9112474.jpg P9112475.jpg P9112481.jpg
和太鼓チーム「ひだまり」のみなさんと
 「大丈夫! 本番は楽しく行きましょう!」

オケの打楽器メンバー
P9112486.jpg

11:00~ リハーサル開始
P9112487.jpg P9112488.jpg P9112489.jpg P9112490.jpg P9112492.jpg P9112494.jpg P9112496.jpg
前日に開催されたアートワークショップ「蜘蛛の巣アートづくりに挑戦!みんなでつないでつながって」(講師は現代美術家の松田明久さん)で制作されたオブジェ。


皇后陛下殿へ寄せ書き
P9112497.jpg  P9112508.jpg 

♪ロビーにて
P9112507.jpg P9112514.jpg
2010年3月「こころコンサート」・9月「神戸コンサート」に続いて、高木が小学校1・2年の時に担任だった先生がご友人らとご来場くださいました(画面で高木の左)。ご友人らでチケット応募されて当選されたそうです! 
右の車椅子の方はビッグアイの館長です。お世話になりました!

P9112517.jpg 
大阪に単身赴任中のご主人とともにご来場くださった音楽関係の友人。
千葉県からわざわざお越しくださいました。
 

P9112510.jpg P9112519.jpg
「♪アイーダ」「♪1812年」にバンダとして加わられた プール学院中学・高校のみなさん


19:13新大阪発「ひかり」で東京へ…
P9112522.jpg→アップP9112522トリミング
P9112524.jpg乾杯!

P9112531.jpg P9112525.jpg P9112526.jpg P9112528.jpg P9112529.jpg P9112532.jpg P9112534.jpg 

新横浜下車組(一部)
P9112538.jpg

22:03品川着 「お疲れ様!」「ありがとうございました!」
P9112540.jpg 

*次は11月12(土)・13(日)…郡山、
11月26(土)・27(日)…盛岡・青森でお会いしましょう!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スバラシイ!

高木様、

画像等拝見させて戴きました。ありがとうございます。
「ス・バ・ラ・シ・イ」の一言。弾ける笑顔満載の写真勢揃い。
聴衆の皆様と共に大きな感動を爆発させたイベントになったことでしょう。是非この感動を次の場所で爆発させて下さい♪♪

宮川公子

たのしそう♪

実に楽しそうですね。
マエストロもご機嫌でいいですね。
音楽のもつ計り知れない力をかんじますね。
これららも
がんがりましょう♪♪

素敵な笑顔ですね
素晴らしいです

blogで終わってしまうのが惜しいくらい…!

すばらしい!!

コンサートの大成功、おめでとうございます。
写真がいつもながらお上手なので、熱気が伝わってきました。
一緒にビックアイに伺ったような気分!!
こころコンサートのことがよみがえりました~~v-266

No title

このたびのコンサート&前日リハにご招待いただきありがとう存じました。
視覚障碍者ということで小林桜子さまには多大なるご配慮を頂き
いくら感謝しても足りません。

リハの様子からマエストロの音楽に対する熱い想いや、障害者・健常者の区別なく
、音を作り上げていく真剣なやりとりはとても感動的でした。
私は視覚障害者ですが、まだ日常生活でさほど困ることはありません。
でも、いつか視野が狭くなって全盲になる危険を持って生きています。
そんな私が音楽を始めたのはお医者様の薦めもありました。
実際このオケには中途失明の方もおられて、それでも音楽をあきらめずに頑張っておられる。
勇気を頂きました。そして感じたことがあります。
私はいまフルートアンサンブルをしておりますが、私以外は皆健常者です。
それが故でしょうか、人と歩み寄り音を作り上げていく、そんなことができないひとが
少なからずおられます。他人の気持ちを察することができない&思いやれない。
これはもしかしたら障害がある人の方が得意かもしれません。
今回のリハで思いましたが、見えないのに見えている。
マエストロのお言葉をお借りすれば、「心の目でみている」ということになりますが、
まわりの空気を心で体で感じて音を紡いでいく。素晴らしかったです。
プール学院の若い女の子たちも一生懸命でした。視覚障害者も知的障害者も健常者も、
それぞれが立場をわきまえマエストロの心をくみ取り、周りの音を聴き&感じ、 共鳴して、
オケが、音が、みんなの心が、一つになっていく・・・。
月並みな言葉しか思い浮かばなくて書き連ねておりますが、
本番からすでに2日も過ぎているのに、まだ音が私の中で鳴り響いています。
普通のプロオケもよく聴きに行きますが、このオケは負けず劣らず素晴らしい集中力で
見事に聴衆を引き込んでくれました。
私はその日のうちに帰路につきましたが、帰りの飛行機の中で反省しました。
「なんて無意味な甘っちょろい生き方をしてきたんだろう」と・・・。
自分が障害者であることを悔やんだり運命を呪ったりということはありませんし、
むしろ障害者でよかったと心から思っていますし感謝しています。
でもこのオケの演奏を聴いて&観て、
改めてこれから障害に立ち向かう勇気を頂きました。
長くなりましたが、オケの関係者の方々に深く御礼申し上げますとともに
マエストロと奥様のご配慮に重ねて御礼申し上げます。
ぜひ末永くオケを続けて頂き、障害者と健常者の垣根を越えた
素晴らしい音楽を世界に届けてください。
本当にありがとう存じました。

御礼

その節は大変お世話になりました。
土曜日のリハーサルではどうなる事やらと思いましたが、本番では大きなミスもなく?曲がりなりにも何とか演奏出来たかなと思います。
ひだまりの皆を代表して御礼申し上げます。
本当にいろいろと御指導ありがとうございました。今後とも何かあればその時には宜しくご指導のほどお願いいたします。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR