トンボの季節ですね

あっという間にもう9月ですね!
セミの声も立秋を過ぎたころからアブラゼミ・ニイニイゼミに代わって ミンミンゼミ・ツクツクボウシへ。
そして最近は朝夕には草むらからコオロギの声、街路樹からはマツムシの声も聴かれるようになりました。

そして今はちょっと台風が来てますが、トンボの姿も… 
もちろん夏休みにもトンボはいます。今年は諏訪湖でオニヤンマ・オハグロトンボ・チョウトンボも目にしました。でもやはり赤とんぼの姿が目立つようになってくると、季節の移ろいを感じますね。8月の後半によく見かける胴がオレンジ色のがナツアカネ。そして9月に入って涼しくなってからは胴が唐辛子のように真っ赤なアキアカネが出てきます。

アキアカネ

遅番勤務の出勤前にある音楽仲間のページを拝見していたら、ちょうどトンボの話題が…!
幼いころ昆虫が大好きだった「虫少年」として、トンボにまつわる記事をいくつか書かせていただこうかなと…

で、いきなり話は一気に500キロぐらい飛びますが…(笑)

ジブリの世界はお好きでしょうか?
宮崎駿のアニメ作品って、どれも架空の世界ではありながらも、今の日本人が忘れてはならない大切なテーマとメッセージを秘めているように思います。

人物の心の描写がとっても繊細! 
映像としては“風”の描き方がとってもうまいな~と思います。
あと街や田園の風景にもちゃんと時代考証がなされ、架空の物語ながらも科学的な背景まで見事に隠しテーマのように織り交ぜられているんです!

中でも、「となりのトトロ」と「魔女の宅急便」は私も大のお気に入り!
そのうち「魔女の宅急便」、ストーリーのおさらいです。


『魔女の宅急便』 

ある歳になって、ひとり立ちの旅に出なくてはならない魔女のキキ。 天気予報をラジオで聞いて「今夜に決めた!」と黒猫のジジを連れてほうきに乗って出発! 木にぶつかって飛び立っていくキキをみてお母さん魔女が、「大丈夫かな~? あの子は飛ぶこと以外に魔法を覚えようとしなかったけど…」

海の見える街に着いて、すっかり気に入るキキ。
夕方パン屋さんで買物をしたお客さんが、赤ちゃんのおしゃぶりを忘れて行ってしまいました。「じゃ、私が届けます!」とひとっ走り、ならぬ、ひとっ飛び。
この街にはまだ魔女は住んでないようで、キキはパン屋さんに住み込みで働きながら配達の仕事をすることに。
黒猫をいつも連れて、お客さんに大切なものを届ける仕事…
「くろねこヤマト」がスポンサーになっているだけに、「宅急便」という固有名称(←ニュースでは「宅配便」と一般化して呼びます)もそのまま。…宮崎アニメのうまいとろころですね。

朝、パン屋さんでの仕事はじめ。…ここで流れる音楽が、なぜか「♪ しあわせなら手をたたこう」によく似たメロディなんです。うっかり朝聞いてしまうと1日中頭の中で鳴り続けます。

しかし、嬉々として働くキキにも危機が訪れます(←少し笑ってやってください!)

おそのさんという上品なご婦人から頼まれた仕事は、娘のパーティに間に合わせて手づくりのパイを届けること。スローペースながらも娘を思い一生懸命パイを焼くおそのさんを助け、なんとかパーティの時間に間に合うように届けます。  しかし…出てきた娘はぶっきらぼうに「あぁ、わたしこのパイ、好きじゃないんだよね~」
キキはがっかり。「あんなに素敵なお母様なのに、どうして…?嫌な感じ…」

雨にびしょぬれになり、気力もすっかり抜けて体調を崩して寝込んでしまいます。
人に幸せを届けるお仕事のはずなのに…。今までの疲れも一気に出たのかもしれません。


もうひとり、この街にやってきた時から登場するのが、自転車に乗った男の子。彼の名前が「トンボ」! 魔女がほうきに乗って飛ぶのを見つけて、目を輝かせて必死に近づこうとしますが、キキは相手にしません。
トンボは足こぎの手づくり飛行機で空を飛ぶことが夢。話してみるととっても純粋でいいヤツみたいです。
キキもやがてトンボと話をするようになり元気になりますが、気づくと、ほうきにまたがって飛べなくなってます。
「あれ!?魔法が弱くなってる!」

森のアトリエで絵を描いている友達を訪ねます。
カラスを相手にスケッチしながら…「私もぜんぜん描けなくなる時があるよ」、「へ~、そういう時どうすんの?」
(真剣に自分探しをしてる女の子同士の友情って、男には入り込めない世界。素敵ですね~)

あるとき、街に大きな飛行船が飛んできます。トンボも見に行きますが、飛行船は故障してしまい、ロープにぶら下がったままトンボは宙吊りに…  「私が助けるしかない!」
近くにいた掃除のおじさんからデッキブラシを借りて、必死で念じてまたがるキキ。そして…

  

自分の技を磨いて、人に幸せを届ける仕事を探す。でも色々ある中で落ち込んだりスランプで飛べなくなったり…
音大や美大を卒業されて、自分の世界を追い求めて自分探しの旅の真っ只中にいらっしゃる若い女性たちと、私にはどうしてもキキの姿が重なって見えてしまいます。

対する少年トンボは、純粋に空を飛ぶことに憧れ、ノルマ(仕事)ではないけど本気で夢を追いかけているいわば「アマチュア」。 なんだか私自身と重なってしまうのです…(笑)。


さて先ほど、宮崎アニメの世界には「科学的な背景まで見事に隠しテーマのように織り交ぜられている」って書きました。登場人物の名前にもそのこだわりが感じられるいい例だと思います。

「トンボ」…あの独特の飛行のテクニック! ホバリング(空中停止)から前後・上下・左右へのあの素早い動き…いまだ人類が作り出したどんな飛行機もヘリコプターもトンボにはかないません。幼少のころにトンボに魅せられ、のちに航空工学の世界的権威になられた方もいらっしゃるほど。
トンボはまさに “空への憧れ”を象徴する生き物なのかも知れません。

オニヤンマのホバリング 
オニヤンマ (画像提供:ブロとものChankochanさん)

…その話は、以下の記事(↓)に続けることにしましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トンボからの連想だと

ガレの花瓶&ランプシェードになっちゃいますわ・・・。

ジブリは大好きですの~っ!!
やっぱり「トトロ」が一番ねぇ。 
意外と人気がないのが、「ポンポコたぬき」なんだけれど、
あれも社会情勢を考えらされるいい作品だったとワタクシは思うの。
「アリエッティ」もかわいかったし、小人さんがいる世界ってワクワクしますわねぇ。
原作とはえらく違っておりましたけれど・・・。
「魔女の宅急便」、これはねぇ、ワタクシが魔女になりたいくらいお気に入りよんv-415

ジブリ

私もジブリが大好きです。
中でも「魔女の宅急便」は音楽が抜群だと思っています。
先日、「コクリコ坂から」を観ました。旧制高等学校?と思うような部分もありましたが、脚本が素晴らしいです。1960年代、横浜に住んでいた方には懐かしいでしょうね。
「ぽんぽこ」と「耳をすませば」は、通っていた高校のすぐそばがロケ地で、高校の仲間とは「いつ見ても懐かしくてうれしい。あの頃の熱~い思いや友達を思い出す」と話します。いつまでも残る作品に、自分の青春を重ね合わせられるのが、とてもうれしいです。

ジブリの乗り物

すみません。第2弾です。
ジブリには、トンボではありませんが、空飛ぶ乗り物がよく出てきますよね。
魔女…はほうきですが、ナウシカのメーヴェ(グライダー)、ラピュタの飛行機各種、紅の豚はまさに飛ぶもののお話。
魔女のほうきも乗ってみたいですが、ナウシカのメーヴェが一番乗ってみたいし、ラピュタの盗賊たちの接続ブルンブルン飛行機も乗ってみたいです。

それにトトロも飛ぶと言えば、飛びますね。柔らかくて飛ぶのはいいなぁ。トトロは、娘がビデオ2本がすり切れるまで観ていたので、100回以上は観ていると思います。

No title

ジブリ…私も大好きです
その中で好きなのは、もののけ姫です
『生きろ!』 今でもとても頭に残っています

とんぼは何処へ?

とんぼの話題がいつの間にかジブリのトンボの話題になっている!!さすがティンパニーさんです!(笑)

とんぼ(生き物の方)、今年は被災地では激減だと聞きました。言われてみれば、もう9月だというのに1匹も未だに見かけていません・・・こんな所まで影響を及ぼしているのか、と思うと心が締め付けられる思いです。


ジブリはどの世代にも受け入れられる、最高傑作ですよね~!勿論私も大好きです!ジブリの音楽も子供から大人までと、幅広い年齢層に人気がありますよね。 
先日、生徒が突然「ジブリを弾きたい」と言い出したので、「たまにはいいけど、基礎も勉強しないとダメなんだよ」と、何とかクラッシック路線に戻したつもりだったのですが、その帰りにジブリの本をしっかりと購入していました^^ 生徒の方が、私よりも上手でした~(笑)

魔女の宅急便、大好きな作品で論文も書いたことがあります。
最初のシーンでお父さんがキキを抱き上げながら『大きくなったなぁ』という台詞で号泣したのは良い思い出です(・ω・*)
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR