~私のブログ & facebook ライフ~

何か伝えたいことがあったら電話をかける、手紙を書く…それしかなかった時代に青春時代を過ごした私としては、最近の情報伝達手段の多様さ・便利さには驚くばかりです。

私と同年代の人の中にも、すでに携帯・メールにはついていけない、という方もいらっしゃいますが、私は多少目薬のお世話になりつつも、この便利な情報伝達・出会い・交流を大いに楽しませていただいている幸せ者です(笑)。

どんな技術・情報システムでも、便利なものほど悪いことにも使えてしまいます。
それらとどう付き合い、どう使いこなしてどう活かすかは人それぞれでいいと思います。


◆facebook

1か月半ほど前に始めたfacebookで、いまご一緒しているオーケストラの仲間たちがすでに50人ほど、その他も音楽関係の方が多いですが、この8月22日現在で友達が107人となりました(うちfc2のブログと共通する方も何人か)。

もともとfacebookは外国の大学の名簿から生まれただけに、顔写真・本名・出身地・所属…など、まさにバリバリの個人情報を掲げます。それを警戒する方もいらっしゃるでしょう。私も始めるにあたってちょっぴり躊躇しましたから。

でも考えてみたら、2チャンネルをはじめ無記名・ペンネームで自分が別人になり済ますことで、好き勝手なことが無責任に書けてしまうメディアもありますね。
それに対して、逆に自分の実名をはっきり出すことで、皆さんそれぞれの自覚と責任で変なことは書けなくなるという面もあるはずです。

個人で仕事をされている方などで、自分をもっと多くの人に知ってほしいという方はもちろん、まったくの個人ベースでも似た世界・価値観の人を発見できてつながれます。
また、年賀状程度しか付き合いのない方で、住所が変わって久しく連絡が取れなかった方を発見できたり、逆に発見していただくことも…
いわば自分自身の名前・居場所を旗印として掲げておくような役割にも活用できますね。

個人情報も、すべてを強制的に書かなければいけないわけではないので、自分なりにここまでは出してもいい、という範囲にしておけばいいわけです。 

またfacebookは世界とつながっていて、1国の情報統制でも規制することができないため、中東の革命もこのfacebookを通じて情報が共有され広まっていったんです。
 
知り合いのまた知り合いへ、という輪の中に自分を置き、きちんとした情報を発信して共有できていくという意味で、ミクシーやアメブロとはまた違った活用方法があると私は思っています。


fc2 ブログ

音楽を通じたバリアフリーを目指す活動をご紹介したり、コンサート情報を掲載するために、去年(2010年)の4月にこのブログを立ち上げました。

私はそれまでにもよく写真係をやることも多かったのですが、かつてのフィルムでは、現像・同時プリントしたものを皆さんに見せ、ほしいカットを焼き増しして差し上げる(主に郵送)という手間がありました。
それが100人を超える大オーケストラで、皆さんいつも会えるわけではなく、海外など遠隔地にお住まいの方もいらっしゃる中では、写真の焼増なんてそれはそれは気の遠くなるほどの労力になります。

今はデジカメですから、画像をどこかにアップしておいて皆さんに自由に見ていただき、ほしいカットはそこから保存していただけたら…と。

ただ、“個人情報”がとかく問題になるご時世、いちおう配慮してパスワードを設定できるブログにしようと思ったのです。
パスワードを知っている人は、何らかの形で私の知人です。私が個人的に撮影した“写真アルバム”を私の知っている知人だけに回覧して見せているようなもの、そこからお好きなものは差し上げます、という感覚ですね。

そんな使用目的も想定して、ある知人が私に向いていそうなこのfc2でブログの基本ベースを開設してくださったんです。


最近の私の情報発信術

アマチュアですから自分の出る演奏会は年にせいぜい数回。その案内と画像だけでは話題がもちません。
せっかく情報発信できるブログがもったいないので、音楽・楽器に関するあれこれ、旅、鉄道、模型、さらに社会に対して思うこと…と色んなテーマ(カテゴリ)別に記事を書くようになりました。

ブログは日記みたいなものですから、「きょうはどこへ行った、あそこのラーメン美味しかった」でもいいのです。 でもせっかくなら、同じ音楽仲間と共有したいテーマ、さらに広く皆さんに知ってほしい・考えてほしいテーマなどを発信していきたい。
 
ただ、写真資料が多いもの(旅・鉄道模型など)もあれば、ほとんどが文章のもの(社会・時事に思うことなど) もあり、それぞれコラム風に書き始めるとそれなりに文章量・画像データともに重くなってしまいます。

最近はパソコンをもたずにモバイル系(携帯)であらゆる情報をやりとりされている若い方も多いので、携帯から私のブログをご覧になるのはけっこう大変でしょう? ごめんなさいね。

ですから最近はなるべくひとつの記事をめちゃくちゃに重くしてしまわないように、携帯でも一応見られる長さで一区切りつけるように書いてるつもりなんです。同じテーマでも(1)(2)など…と。

そして、自分なりのメモ帳であり発信源でもあるこのブログと併用して、facebookにはなるべく簡潔に、仲間たちへのリアルタイムな情報発信をしています。 ブログに書いた記事をリンクで貼り付けておけば、facebookから1クリックでこのブログに入ってくることができます。「詳しい記事を読みたい方はこちらをどうぞ」と。
またGoogleなどの翻訳機能を使えば、このブログが一瞬にして違う言語に訳されて表示されますから、世界中で読むことができます。


ブログをはじめて変わった私

*表現する習慣

マニアックなことをマニアだけを対象にマニアックに…というのがお好きな方もいらっしゃるでしょう。
でも私は、どんな世界の話題であっても、それをいかに多くの人にも共有していただけるか、という方向に喜びを感じます。ひとりよがりで思っていること、分かっているつもりのことも、いざ人にちゃんと分かってもらえるように書く、というのは大切じゃないかと。

自分だけの日記であっても、あるテーマに関して思うことでも、文章にして書いてみる。 つまり“自分なりに表現してみる”ということが習慣になってきたということでしょうか。自分自身の頭を整理する上でも、これはとても大切なことだな、と気づかされます。

「私」という人間の色んな面・価値観・人生(ただし仕事を除く)が、このブログをご覧いただければだいたいお分かりいただけるのではないかと思います。


*「真面目→砕け」から「砕け→真面目」へ

ブログをやってなかった頃の私は、パーティなどで知り合う方にも、まずは名刺をお渡しして自分の所属・名前を明かし、趣味の音楽活動の話などで自己紹介し、打ち解けてきてからジョークを飛ばし、相手によっては下ネタに…とだんだん降りていく「硬→軟」型の会話が多かったんですね(本当はそんなに硬くないんですが)。

ところがブログに色々と綴るようになってからは、自分でも面白いぐらい会話が変わりました。初対面の方とも、いきなりくだらな~いジョークから入るんです。
そしてこの人には私のことをちゃんと知っててほしいなと思う相手には、このブログのタイトル・URLなどを書いた私製の名刺をお渡しして「真面目な私についてはブログを見ておいて下さいね」というパターンが多くなったように思います。

最近14年ぶりにたまたま再会したある方にそれをお話ししたら、前の真面目な高木よりも、砕けた会話からいきなり入ってくる今の高木の方が入りやすい。はじめに敷居を高くすると入りづらいし、音楽など共通の話題で盛り上がれるのは限られた人になる。でも、砕けたところから入っておいて「真面目な私はあとでブログ見ておいてね」の方がいい、と言われました。

たしかに、このブログを見ていただければ、仕事以外の「私」という人間がだいたいお分かりいただけるはず、という安心感があるんでしょう。初対面の方にまず真面目な私を知ってもらわなくては、という余計な力が抜けたんじゃないかと思います。

以前は仕事の名刺の裏に携帯の番号やブログの題名・URLをボールペンでちょこちょこっと書いて渡してたんですが、必ずしも仕事上の相手ではないのに仕事の名刺を使うのも良くないですし、どんな相手にも仕事(所属)の名刺しかない、というのも寂しい感じがします。
コンサート後の立食パーティなどでいちいちその場で何枚も書くのも面倒ですから、今は個人的なブログ案内などをコピー用紙に印刷して名刺サイズにカットしたものを使っています。

またさらにちょっと真面目な話…
もし私に万が一のことがあった時、娘たちがこのブログを見てくれて「あ、お父さんはこんなことを考えて生きてたんだな」と分かってもらえたらいいな、とさえ最近思うようになりました。


◆コメント交流

同じブログをやっている人たちでも、コメント欄をどう活用するか、訪問先でどの程度コメントを残すか、いただいたコメントへの返信は…そこは本当に個人差があると思います。
別に強制するつもりもないし、自分も好きな時に気が向いたら残せばいいと思っています。

何か記事を書いてアップした時って、なにか「仕掛け」を置いたような感じになりませんか?
少したつと、誰か訪問してくれて読んでくれたかな?、何か足跡を残してないかな?…と気になります。
 
非常に例えは悪いですが、どこかに火をつけた放火犯のようなもんで、しばらく時間をおいてから「どうなったかな?」と必ず現場に戻ってくるのです。
特定の相手に狙いを定めて「魚雷メール」を発射するのと違い、どちらかというと「タコツボ漁」の壺を沈めたような感覚にも近いかな?

本当にひどいたとえですね(笑)。決して私は放火魔じゃないし、皆さんのことをタコだなんて思ってないんですが、ひとつの分かりやすい例えの話です、はい(笑)!

ですから、そんな私にとって、よほど迷惑なコメント(ほかのコメンテーターや本文で話題になっている特定の人物を罵倒するような表現など)でない限り、コメントを入れていただけると嬉しいですし、どんなコメントでもできれば非公開にはしないでオープンにしたい方ですね。

中にはこちらが本文で伝えたかった言外の気持ちをみごとに言い当ててくださることもあれば、こちらが必ずしも本文中で言いたかったこととはちょっと別の視点から、その方の個人的な思い出などを入れてくださったり…いろいろですが、どちらも私は好きです。

千客万来、せっかくご訪問になられて読んでくださったのなら「拍手」をワんクリック、できれば「コメント」をひとこと、残していただけたらとっても嬉しいですね。

さらに最近私の周りで起こり始めている嬉しい現象として、「コメント交流」があります。

♪「ブロとものブロともは、みなブロともだ」って唄が昔ありましたよね(?)

ブログの管理画面には「訪問履歴」というのがあり、同じfc2のブログをやっている相手だと履歴が表示されるんですね。で、その表示をクリックするだけで簡単に相手のブログを訪ねることができる。そして興味のある記事にコメントを入れたり、入れられたり…そしてやがて「ブロとも」に。

また「ブロとも」さんに限らないんですが、パソコンで私のブログをご覧になる方は、私の「ブロとも」さんやリンクで貼り付けてあるページにもワンクリックで行くことができます。
そういうつながりで、「ブロともさんとブロともさんがブロともさんになる」ということが起きてくるのですね。

また意外と面白いのが、本文よりも「コメント欄」だったりするケース。
記事を書いたご本人とコメンテイターだけでなく、そこで私のなじみの「ブロとも」さんとばったりお会いしたり、コメンテイター同士で会話が飛び交ったり…(人様の記事を舞台にあまり節操もない長文・品位のない会話は慎まなくてはいけませんが…笑)。

ま、そんなこんなで、私も大いに人生を楽しませていただいているのであります。
意外と皆さん書かれていないブログに関する話題、みなさんからの話題提供もぜひお待ち申し上げております。
このテーマ、またいずれ…

<追記>

新しいリンク先:「信州玉川太鼓のホームページ」
この8月、茅野でのコンサートでご一緒した和太鼓のみなさんのページです。
7月にいちど練習にお邪魔する際に岡谷駅まで出迎えに来て下さるという清水先生に、私の顔が分かるようにブログを事前にご紹介したところ、わずか1週間ほどの間に隅々までご覧になられてらしたんです。
そして本番ではティンパニとともに勃発してしまった犠牲者、いや、仲間です!


 ~「私のブログライフ」より~  ♪ Akira T

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ハジメテの…

拍手1番乗り!
8ヶ月目にしてやっと…!!!
うわぁぁい!

blogライフ

ワタクシも最近blogの本当の楽しさがわかりましたわ。
お会いしたことのない方でも、共感してくださり、心配してくださり・・・なんか、こう、自分を改めて知るきっかけにもなっておりますわ。こちらのblogから、たくさんのお友達ができましたの。
とても感謝しておりますわ。
それと、知識豊富な記事では考えさせられますし、音楽ネタは単純に楽しいし、魚雷勃発ネタは・・・うふふですわ♪

No title

はい、タコ壺に入り込んだタコです。(笑)
『ティンパニで朝食を』だなんてふざけた、いやセンスのいいブログネームで書かれているのはどんな人物だろうと、興味深々で読ませてもらっているうちに、必ず日に1度ならず開く習慣が出来上がってしまい、みごとにハマってしまいました。(あれ、やっぱりタコだ)

最近、つとに思うのが、ティンパニの周りにブロとも連中が日々集いながら、朝食ならぬ紅茶とスコーンで茶話会を催しているみたいだなぁということです。
この現象はネットの世界に於けるいちばんのプラスの部分だと思います。もちろん個人的には、まだどなたともお会いしたことがないのですが、なんかいいですね~この雰囲気。
これからも、この茶話会の末席に座らせていただけると嬉しいです。

No title

はい。タコです。

ネットがなかったら、絶対に知り合うことのない人と、かなり深いところで話ができたりするのも、面白いようで恐ろしいような気もします。

それでも、やはり同じような感性の人が何となく集まってくるところが、この茶話会。これからもよろしくお願いします。

Re: ありがとうございます

皆さんからの早々のコメントに感謝です!

8か月目にして初拍手のかすみさん、おめでとうございます!きっといいことありますよ!

ジャッキーさん、ト音記号先生、ワル姫さま
「タコツボ」の例えはあまり良くなかったと思いますが、皆さんによくご理解いただけたようで(笑)。その心は?…はい、それはきっとツボにハマられたんでしょう。

実はティンパニにとってこの“ツボにハマる”というのはとっても大切なキイワードなんです。
いくら楽譜通り間違いなく叩いていても、その時々に流れゆく音楽の中で、微妙に早くても遅くてもいけない。つまり音のツボがあるんですよね。そこにハマることができるかどうか…

「ティンパニで茶話会を ~そのツボにはまった仲間たち~」…いいですね~
これからもどうかよろしくお願いいたします!!

No title

いつの間にか「ティンパニーで茶話会を」になってしまったんですね! それはそれで良い感じがします(笑)魚雷ネタ専門で、第2のBlog創設は如何でしょうか?(ここで爆!となりますよね!?)

今回の記事はとても素晴らしい事が書かれていると思い、共感しながら拝読させて頂きました。私もこうしてBlogを通じて色々な方とお話が出来るなんて考えてもいませんでしたし、いつも高木さんがコメントを残してくださる事もとても嬉しいですm(^^)m  これからも宜しくお願いしますね!

お久しぶり!

みどりさん

お久しぶりじゃないですか~
そうなんですよ

「ゆく川の魚雷は絶えずして、しかももとの魚雷にあらず。よどみに浮かぶ爆笑は かつ消えかつ結びて 久しく静まりたるためしなし」

鴨の腸詰め『豊冗記』より

てなわけで、第二ブログですか~?

ブログ名は
「ティンパニで勃発を」
かな…

No title

   こんばんわ。ず~と、読んで此処で、コメントさせて頂きます。

 穏やかな文章にして、穏やかなお姿、お顔ですね。私のブログは、長駄文の毎日更新ですから、好き嫌いが顕著だと思います。カテゴリー内の<マイギャラリー>には、そんな日頃の訪問者さん達への息継ぎとして、絵の収録がしてあります。また、短編には、小説もどきの物も幾つか乗せて在ります。お時間が有りましたら、どうぞ。

    これも、何かのご縁でしょうから、今後とも宜しくお願い致しまする。

Re: No title

いえいえ、私もけっこう気まぐれに本音を語っているつもりですよ。
ブログは今どきの便利な機能を使った素晴らしい自己表現だと思います。自由に書いて、コメント交流して、自分の身の回りの直接関係のある世界だけではつながらない輪がひろがっていったら素晴らしいと思います。
よかったらブロトモになっていただけたら光栄です。

No title

               有難う御座います。

 私の様な場違いなブログ内容ですが、貴ブログの品位を傷付けてしまうのが、気掛かりではありますが・・・不評を買ったら、即抹消して頂ければ宜しぅ御座りまする。一切、お気遣い為されまするな。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR