信州で震度5強!

けさ長野県中部、松本付近でM5.5、最大震度5強の地震が発生しました。



8月4日に「コバケンとその仲間たち」が茅野でコンサートを行うのに先駆けて、ご一緒する地元信州の太鼓チームの方たちもコバケン先生作曲の「夏祭り」のCDを聴いて練習をはじめていらっしゃいます。
7月半ばに一度私が練習会場に出向いて、コラボレーションの部分の打合わせ(文字通り太鼓の“打ち合わせ”です!)にお邪魔することになっているのですが、けさ遅番出勤だったのでその件でご連絡したところ、「けさ大きな地震があった」とお聞きして驚いたんです。

じつは最近、あまりお騒がせしても…と思って「なまず通信」に記事を書いてなかったんですが…
ちょうど11日前の6月19日(日)だったと記憶していますが、東京・世田谷から見て北西の方角から、真っ赤に燃えるような雲が放射状に見えたので、わが家の屋上に上がってデジカメで撮ったのがこの画像です。

世田谷より北西1
世田谷より北西2

最近また行徳高校の電磁波の観測データが表示されていないので、電磁波の変化を知ることはできませんでしたが、また新潟・中越方面で1週間~10日ぐらいのうちにあるのでは…と思っていたんです。
(3日前の今週月曜日の未明、近所で真夜中にカラスが鳴いていました。)

06300816large.jpg

長野県中部、内陸のきわめて浅いところを震源としてM5.5。

3月の東日本大震災を引き起こして以来続いている三陸沖~茨城沖とどういう関連があるのか、気象庁もはっきりとした見解を示していないようです。

この「なまず通信」にも3月ごろからよく書いてきましたが、内陸型の浅いところを震源とする地震は別物と考えた方がいいと思います。

福島沖あたりを震源とする“余震”もここ数日活発になっているようです。
あれだけ大きな海底の動きがあったあと、日本列島のあちこちにまだ歪みのエネルギーはたまっているはずです。

あと誘発する要因として、きょう7月1日は新月です。そして大潮は4日まで続きます。ここ数日はひき続きちょっと注意した方がいいかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR