遺伝子組換え作物の輸入自由化の危機!

私のブロともである「♪コーヒーと音楽とラララ♪」さんの記事に書かれていた、アメリカの「カリフォルニアのばあさんブログ」の記事をご紹介します。
 

日本で遺伝子組換え農作物が承認されそうです。

アメリカのモンサント社が除草剤グリホサートに強い遺伝子組替えされたセイヨウナタネやワタ、トウモロコシ等を日本でも栽培する許可を申請しています。 そして日本農林水産省はそれを許可しょうとしています。
詳しくはこちらをご覧ください。 農林水産省 プレスリリース
これが承認されて日本でも栽培が始まると種の汚染が始まり、大変な被害になります。

何故 遺伝子組換え農作物が危険なのが是非下のビデオをご覧ください。 以前日本で放送されたドキュメンタリーです。

巨大企業モンサントの世界戦略(前編) 遺伝子組換 バイオテクノロジー
前半 30分



後半 30分



日本で遺伝子組替えの農物作を栽培する事に反対の方は是非下のサイトで反対意見を送って下さい。 農林水産省は6月21日まで意見・情報の募集をしています。

農林水産省 意見・情報募集サイトはこちらです。 オンラインで送信できます。

遺伝子組替えに反対の方は是非ブログやお友達を通して広めてください。


◆以上原文のままですが、下記のオリジナル記事へアクセスすると寄せられた多くのコメントもご覧になれます。
→ カリフォルニアのばあさんブログ


<私からもひと言>


アメリカの多国籍企業 モンサント社。一見バイオテクノロジーの技術を使った素晴らしい科学技術にも見えますがその実態は…? きわめて独裁的な販売ルートを世界に広げ、莫大な利益を上げています。
ドキュメント番組のどこをご覧になってもお分かりでしょうが、徹底した情報管理で在来品種を守ってきた農家は窮地に立たされ、各地で自然環境の破壊、人体への悪影響・危機、といったことがメキシコ、南米、インドなど世界各地ですでに起きています。

★詳しくは、上記ブログにYouTubeで貼付けられているNHKBS1のドキュメンタリーをご覧ください。この番組は、もともとフランスのTV局が緻密な調査に基づいて制作した番組です。ブログには30分とありますが48分です。

そしてなんと、こともあろうに日本政府が、今それを自由化して日本に導入しようとしているのです!

国民の命よりも企業の利益を優先してきた政府(←アメリカも日本も)の体質は、決して今にはじまったことではありません。薬害エイズ問題もしかり、原発推進もしかりです。
いま震災からの復興に向けて、原発問題をはじめ国民の安全と命に全力で取組まなくてはいけないこの時期に!

ひとりひとりの力は弱くても、「食と安全・命」について一人でも多くの方が「自分の問題」としてとらえ、関心をもち、農水省に対して意見を投じてくださることを願ってやみません。

<以下、私が農水省に投稿した文面のコピーです>

絶対に反対です!
NHKBS1で2回シリーズで放送された「巨大企業モンサントの世界戦略(前編) 遺伝子組換 バイオテクノロジー」ご覧になられてますか?
アメリカも日本も、政府は「国民の命」よりも「企業の利益」、「科学的な検証結果」よりも「政治的な力」を優先してきたことが随所から明らかですね。

除草剤に強い遺伝子組換えの植物にどういう危険があるか、多くの科学者の警鐘は巨大企業の莫大な利益と国の政策によって隠ぺいされ、排除されてきた事実が世界各国にあることはドキュメント番組のどこを見ても明らかです。

大豆・トウモロコシなどは、そのものを食べなくても粉末となってお菓子などあらゆるものに使われて人体に入ってきます。
今すぐに(=企業の利益・国の政策で決めた方の在任中)にすぐに被害は出なくても、何十年後かに子供に、そしてその子供たちの次の世代に、奇形やガンが発生する危険があると世界の科学者たちは警鐘を鳴らしています。

わが国では過去に「ポリ塩化ビフェニール」「PCB」などが大きな問題になってきました。実際に人体に悪影響・被害が出てから因果関係が証明されたとしても、国はなかなか責任をとってくれませんよね。薬害エイズ問題もしかりです。
被害が起きてからでは遅いのです。

行政に携わる方たち、いま決定権のある立場にある方たちも、科学者たちが警鐘をならしているようなものをご自分のご子息に本当に安心して食べさせることができますか?

企業の利益と国策優先の考え方を今すぐにあらためて、ひとりの人間として、よく考えてみていただきたいです!

いま我が国は大震災からの復興、原発の問題などをかかえ、今こそ「国民の安全と命」を第一に考える原点にかえらなくてはならない時ではないでしょうか?
ぜひとも再検討いただいて輸入自由化をストップさせていただけることを切に願います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ご紹介有難うございました。 一人でも多くの方に知って欲しいのでYoutubeの掲載もとても嬉しいです。 オアシスさんという方がNHKのクローズアップ現代でもこの問題を取り上げてくれるようにリクエストしたそうです。 取り上げてくれますように。 

Re: ありがとうござます

ありがとうございます!
終わりの方で私からのひと言にも書きましたが、「人命よりも企業の利益」「科学的根拠よりも政治的な力」…事実が握りつぶされ正しいことを言っている人が排斥される…そういう構造はアメリカも日本も同じだなと感じました。地位や立場のある人だとかえって言えない場面もあるのなら、一般の国民が声を上げていくしかないと思います。音楽に関することを中心にはじめたこのブログですが、私も微力ながら書けることは書いていくつもりです。今後ともよろしくお願いいたします。


No title

Chiblitsさんの記事を掲載して頂き、ありがとうございました^^
私のBlogで皆さんにご紹介した甲斐がありました!!!!

私はYoutubeの貼り付けをサボってしまい、文面だけの掲載になってしまいましたが、高木さんの記事はChiblitsさんのBlog同様に素晴らしい記事になっていますね。きっと多くの方々にご協力頂けるのではないかと思います。 そして、NHKや新聞などでも是非報道して頂きたいですね!! 

Re: No title

みどりさん、おかげ様で! 
さっそくChiblitsさんからもコメントをいただきましたので返信コメントも書きました!
今の日本に始まったことではなく、アメリカ政府も国民の命よりも企業の利益に見方してきた、ということです。
私が子供のころからニュースで話題になっていたポリ塩化ビフェニールもPCBも…そして薬害エイズも原発も…
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR