ひきつづき、カラー・愛称募集中!

ほかの記事にすっかり埋もれてしまって「最新記事リスト」の枠からは消えてますが…
ひきつづき募集中です!
「小っちゃいもの倶楽部」のこのミニディ-ゼル君にふさわしい色 & 愛称 を考えてコメントください。

P5150157.jpg

この子に関する記事は、このカテゴリのひとつ下、こちらの記事をご参照ください。
http://resolutely.blog6.fc2.com/blog-entry-275.html


何人かのブロともさんからコメントいただいてますが、色・愛称ともまだ今ひとつ具体的には出ていないようです。

これから梅雨に入りますが、新緑が美しく映える季節。また夏にはどこか涼しい高原にでも行きたくなりますね。
かつてどこかの森林鉄道で資材を運搬していた小さな機関車が生き残り、リニューアルされて観光トロッコでも牽いていたら…というイメージが近いかもしれません。

でも必ずしも“テツな常識”でお考えにならなくてもけっこうですよ。
ある程度「ありそう」なところに落ち着くかもしれませんが、とりあえず皆さんの直観&無責任な閃きで結構ですので、どしどしお寄せください!

お待ちしています!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カラー

かわいい~
明るい緑。草色。
バッタ君みたいにかわいい感じで

Re: カラー

昭和大好きさん

なるほど~ バッタ君ですか~(笑)
たしかに私もグリーン系はいいなと思ってました。木曽の森林鉄道にも黄緑のがいましたね。
ただあまり強い感じの“黄緑”ではなく、どちらかというと白で薄めたような淡いグリーン系(グリーンティを牛乳で割ったような色)がいいかもしれませんね。あと単色ではなく何かとツートンもいいかも…

カラー

考えました。というより思いつきです。
昭和大好きさんも書かれていたとおり、やはり緑は外せない気がしています。(これとて自信を持って!というほどではないですが)
ただ、ちょっとややこしいです(笑)。
ボーダーです。
それも、出来れば各パーツに無条件の水平のボーダーです。
まず、車輪の少し上のレベルくらいまでが緑で。しかも限りなく黒に近い色味で。
そして、その上に下の段の濃い緑の5分の1の幅で白に近いクリーム色(ちょうど、ホーローの鍋のような)のストライプが入ります。
次にまた緑がくるのですが、こんどは濃い色味ではなくて普通の緑で同じ幅の帯状に。
その上は4分の1の幅で同じくホーロー色。
次に、黄緑というよりも白が混ざった緑色。
で、またその上に3分の1の幅でホーロー色。
その上が、白に緑が混ざったくらいの最薄の緑。
ここまでが、かまぼこ型の屋根の下部までです。
屋根全体は再三出てきているホーロー色です。
ただ、屋根の横の雨どいにあたる直線部分のみ、ごく細く鮮やかなピンク色がアクセントです。

フーッ、文章で表すのは難しいですね。つまり、緑の帯(幅はみな同じ)が屋根に近づくほど薄くなっていき、間のホーロー色の幅も広くなっていく、という塩梅です。
イメージとしては、夏色から次第に春色に変わっていき、ブーゲンビリアのような花をつけて、てっぺんで雲になる感じです。

わざわざ、小難しくした訳ではないのですが、実際にこの小さな躯体にそうしたお化粧ができるのかどうかは僕にはよくわからないままの勝手な発想です。

Re: カラー

う~ん、なるほど~
黒に近いグリーン、ふつうのグリーン、白を混ぜたような淡いグリーンと下から何段階かに分けて…
そしてストライプにはアイボリー(ホーローの色?)、雨どい付近にアクセントのピンク。
たしかにおっしゃりたいことは分かりましたが、マスキング(塗り分け)がかなり大変そうですね~(笑)

でもアイディアとしては素晴らしい。そこまで複雑な塗り分けでなくとも、そのイメージは大切にしたいですね!ありがとうございます。

ジャッキーさんはたしか関西にお住まいのようですが、京阪電車の普通・急行色はご存知ですよね。あそこまでくっきりとしたグリーンの2トーンではなく、全体にもう少しミルクを混ぜたような淡い感じの色(車内の塗装としてよくあるような眼にやさしいグリーン)で濃淡をつけ、どこかにワンポイント、薄いベージュのラインを入れる、ぐらいのイメージならいかがでしょうか?
かなり有力な候補としてエントリー承りました。ありがとうございます。

P.S.
ちなみに、そんな色のチェンバロ(ハープシコード)やギターがあっても素敵かもしれませんね。

No title

複雑なカラーリングで失礼しました。

チェンバロには少しくすんだ緑色が塗られているのをよく見ますね。豪華な楽器のケースの裏蓋にはよく画が描かれていますが、さすがにそこのところは、専門家に依頼するのだそうです。たしか、卵黄と顔料を混ぜ合わせるテンペラ技法で描かれると聞きました。

よく小さい時は機関車を『ポッポ君』と呼んでたのを思い出しました(*´∀`*)懐かしい!
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR