全音楽界による音楽会(4月20日サントリーホール)

お陰様で、大盛況のうちに終演しました。
心をひとつに合わせてくださった皆様に感謝いたします。
 

   ジャンルを超えた音楽の力を!
   「全音楽界による音楽会」
~東北関東大震災チャリティコンサート~


4月20日 
1
IMG_0001_20110421010312.jpg

サントリーホールの休館日を無償にてご提供いただいての公演 です。
チケット0円、ただし出演者も聴衆もひとり1万円以上の義捐金を!
全席指定で、4月5日のチケット発売からわずか20分あまりで完売!
2004の客席と500人を超える出演者の心がひとつになりました!

4a
4

【プログラム】

第一部
三枝成彰:震災のためのレクイエム
ソロ:堤剛(vc)

<神楽坂女声合唱団と仲間たち> 緑の星に
<スター混声合唱団> 上を向いて歩こう
<湯川れい子、亀渕友香、池未信とその仲間クワイヤー> きずな
<六本木男声合唱団> 三枝成彰:「レクイエム~曾野綾子のリブレットによる」より 『四つの頌歌』
               *ソロ:中丸三千繪(Sop)、樋口達哉(Ten)
指揮:大友直人
管弦楽:東北関東大震災チャリティコンサート有志オーケストラ

第二部
指揮:小林研一郎
管弦楽:コバケンとその仲間たちオーケストラ

5
6 

・グノー:アヴェ・マリア(ソロ:池田理代子)
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番より 第2楽章(ピアノ:小林研一郎)
・シベリウス:交響詩「フィンランディア」 op.26
・アイルランド民謡:ダニーボーイ
・チャイコフスキー:序曲「1812年」変ホ長調 op.49

★「1812年」を終えると、2000席のスタンディングオベーションをいただきました!
皆さん本当にありがとうございました!


第三部
指揮:大友直人

小川里美(Sop)、奥村愛(Vn)、小原孝(Pf)、神谷郁代(Pf)、川井郁子(Vn)、熊本マリ(Pf)、小林沙羅(Sop)、佐藤しのぶ(Sop)、佐藤美枝子(Sop)、佐野成宏(Ten)、塩田美奈子(Sop)、清水和音(Pf)、千住明(Com)、千住真理子(Vn)、堤剛(Vc)、仲道郁代(Pf)、中丸三千繪(Sop)、ジョン健ヌッツォ(Ten)、長谷川陽子(Vc)、林美智子(M-Sop)、樋口達哉(Ten)、福島明也(Bar)、外囿祥一郎(Eup)、松本蘭(Vn)、三浦友理枝(Pf)、村治佳織(Gui)、渡辺俊幸(Com)

石井竜也、ル ヴェルヴェッツ、大貫妙子、クミコ、coba、小林幸子(指揮:小六禮次郎)、姿月あさと、倍賞千恵子(pf:小六禮次郎)、平原綾香、森山良子 (五十音順。4/1現在)
管弦楽:東北関東大震災チャリティコンサート有志オーケストラ

<トーク>三枝成彰、林真理子、茂木健一郎、山田邦子、湯川れい子 (五十音順)、他
<総合進行>露木茂、永井美奈子、他

2 
出演者は500名を超え、オーケストラ2つ・合唱団4つ、ソリスト多数…
楽屋ももちろん待ちスペースも足りません!

3
私たちオケの楽屋も男女混合、とても130名は入りきれません。そのすぐ隣の楽屋にも、ふだんなら個室楽屋が用意されるはずの素晴らしいソリストのお名前が“連名”(=相部屋)で…

ステージも入れ替わり立ち替わりで、第一部から第三部までまとまった休憩なし!
皆さんいずれも熱い演奏はもちろん、お心のこもった言葉をいただきました。

でも時間はいつもどおり無情に流れていきます。われわれの第二部の時点ですでに30分押し!
第三部まですべて終わったのは23時をゆうに回っていました(予定では22時半終演)。

当日のご来場者および出演者からは3300万円以上 3,437万円 の義捐金が集まったそうです。小ホールで行われたバザーの収益も含めると4千万円近くに、さらにモルジブ共和国からもまとまった義捐金をいただきました。

さまざまな立場・ジャンルの演奏家と2000人の観客の皆さんが一体となった、素晴らしく熱いステージでした。皆さん本当にありがとうございました!!

そして東北地方の皆さん、決して一人ではありません!
「みんなは一人のために、一人はみんなのために」です!!
いずれ被災地でも演奏できる日が来ることを心から願っています! 



バリアフリーのコンサート

今回「コバケンとその仲間たち」には、福島在住のメンバーも数名このコンサートのために上京されました。
また視覚に障がいのあるメンバーも、昨年3月のNHK「こころコンサート」以来数名が参加されています。マエストロからメンバーが紹介されました。
 
そして、全盲の綱川氏(フルート)にマイクが渡されると、「この演奏会会場にいる時にも地震が来るかもしれない。みなさんまずご自分の安全が第一ですが、近くにハンディのある方がいたら、助け合って力を貸してあげてください」と会場に語りかけると、暖かい拍手が起こりました。

そして、昨年から「コバケンとその仲間たち」とも何度も共演され、世田谷の小学校にもお招きしたトロンボーンの鈴木加奈子さんも、きょうご参加されました。
7
8 

ステージ正面には巨大な祈りのオブジェがあった関係で、ナンシーのすぐ真後ろがティンパニになってしまいました。 ごめんね! 譜面台はどけたからね!

9 

リハ中、いつのまにかティンパニの方に方向転換し、足元のケーブルに鼻をくっつけてすやすやと…  いつもお利口なナンシーでした!


★画像はすべてリハーサルの、音を出していない時のものです


★後援:NHK厚生文化事業団
 NHK「福祉ネットワーク」をはじめ、民放各社も取材に入りました。
 近日中にTVでもご紹介されるでしょう。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お疲れ様でした

早速おじゃまします。 画像認証がなくなったとのことで、ちゃんと投稿できたらうれしいです。
ナンシーの写真、お言葉に甘えていただきました。 ありがとうございます。
こんなすばらしいオケに参加させていただいていることに、感謝です。
5月もがんばってください。 またご一緒できるのを楽しみにしています。

Re: お疲れ様でした

Kanakoさま
はい、コメント頂きました。
コメント投稿の最後に出る、あの「画像承認」なる厄介なものを解除でき、ブログもバリアフリーに一歩前進ですね!(笑)
5月1日はご一緒できないのが残念ですが、いずれまた…
ナンシーにもよろしく!

素晴らしいコンサートでした

本間さん親子と4人で伺いました。
コバオケ、いつもにも増して、みなさんの思いが一つになって、うねりを感じました。
ラストの「1812年」はもうその絶頂状態で、それがスタンディング~につながったのだと思います。
本当に、素晴らしい演奏でした。
懐かしさもこみあげて、なんだか感無量でした。

第3部もまたプロの発表会?
今後絶対にありえないような企画。
だんだん時間も遅くなり、最後5プログラムを残して、22:45に会場を出ましたが、とにかく終始楽しめました。


Re: 素晴らしいコンサートでした

ぴあふるたくママさんへ
本間さん親子とご一緒に会場にいらしてたんですね!お目にかかれず残念です。

でも今回本当に出演者も多く、まるで「紅白」の舞台裏のように人の出入りも多くワサワサしてました。でも皆さん決して殺気立つことなく、やさしさと笑顔の溢れる暖かい空気。あんなサントリーホールを見たのは初めてでした!
しかしそれにしてもオケが2つに合唱団が4つ。100人を超える我々仲間たちオケメンバーが男女一緒に1つの楽屋に入りきるはずもなく、廊下に人がはみ出していて通行の邪魔になる…かといって客席はすべて埋まっていて客席で聴けるはずもなく…
第二部が終わってまもなく流れ解散となってしまいました。出演者通しはおろか、どなたが聴きにいらしてくださってたのか全く分かりませんでした。

おつかれさまでした。
素晴らしいコンサートになったようですね!
2000人のスタンディングオベーション、素敵です。みんなの心が一つになった光景が浮かびました。

お疲れ様でした。

翌日、ニュースでたくさん流れていましたね。

ご案内いただいたようにネット配信を見ました。22時過ぎだったかな?まだオーケストラの方々がいて、チューニングしてるんです!もうビックリ!ちょっと音声が途絶え途絶えになりましたが、そのあと石井竜也さんが出てきて…。映像からでも会場の熱い雰囲気が伝わってきました。生で見たらもっとすごかったんでしょうね♪

5月も出られるんですね。どうぞ体調にお気をつけて…

Re: お疲れ様でした。

ありがとうございます。
ネット配信でリアルタイムでご覧いただけることをもっと早く知っていたら、第一部からご覧いただけたのに…(残念)
最後だけでも雰囲気は伝わったかな?たしかに、22時過ぎてまだお客さんもいる会場でオーケストラがチューニングしてスタンばってるなんて普通じゃ考えられませんよね。「ジルベスターコンサート」や「紅白」じゃあるまいし…。
色んな団体・ソリストが入れ替わり立ち替わり、出演者だけで500名を超え、まるで「紅白」のバックヤードみたいにごった返していました。あんなサントリーホールを見たのは初めてです。
でも放送現場のような“殺気”はなく、みなさん暖かい笑顔に包まれていました。殺気がなかった分だけ時間がおしたとも言えるかもしれませんが…(笑)
5月1日は「コバケン仲間」の単独コンサートです。よかったら連休中ですし、東京まで聴きにいらっしゃいませんか?

お疲れさまでした

Akira様、このような奇跡的なコンサートでティンパニーの力強い音を会場に響かせられていたとはなんと素晴らしい!
NHKのラジオで、このコンサートの誕生の話を知りました。デザイナーのコシノジュンコさんから三枝さんへの震災翌日の一本の電話がきっかけだったそうですね。「思っているだけでは何もならない。即行動あるのみ」というコシノさんのスピリッツが多くの人を瞬時に動かしたということです。自分が発端となるには二の足を踏む人(おそらく大多数の人)でもきっかけさえあれば!ということで大きなうねりになるのですね。

遅まきながら、リンクさせていただきます。

Re: お疲れさまでした

ジャッキーさま

リンクに仲間入りさせていただき、ありがとうございます。
NHKラジオでそんな紹介をやっていたんですか…?知らなかったな~
FMのクラシック番組でしょうか、それともラジオ深夜便あたり…?なにしろ番組数がとっても多く、「福祉ネットワーク」のクル―は何年にもわたってコバケン仲間オケ&ハンディのある参加者を追いかけてるのですぐに分かりますが、他はさっぱりわかりません。よかったらどの番組でお聴きになったのか教えてください。

ジャッキー様も可愛らしい小さなお子様がいらして、お父様の演奏を間近に聴いて成長されていくんですね。
これからも音楽愛好家として、またパパとして、よろしくお願いいたします!

No title

過去の番組表をNHK第1のHPから引っ張り出して調べました!
件の番組は4月4日放送の『つながるラジオ』(司会 柿沼郭 石山智恵)の中のゲストを呼んで話を聞く、ラジオ井戸端会議「逆境から立ち上がれ」―被災地へエールを送りたい―というコーナーでした。移動中のクルマの中で聞きました。コシノジュンコさんは<神楽坂女声合唱団と仲間たち>に所属されているのでしょうか?地震のあくる日だったかに作曲家の三枝さんに是非、チャリティーのコンサートをやりましょうよ!と持ちかけられたのだそうです。三枝さんもそれはいいことだ!と。あとはご存知の通り、もの凄い奇跡的なコンサートになったわけですね。もし、コシノさんの‘鶴の一声’がなければ実現していたかどうか・・・。

素晴らしいコンサートだったんだろうなぁ…!
しかしナンシー、可愛いですね
お利口さん(*・ω・*)!
ますます05/01が楽しみになってきました。
1812年に心躍らせています*゜

Re: No title

ジャッキーさん

わざわざ過去の番組表まで調べてくださって恐縮です。
そうだったんですね。車の中だとラジオを聴くこともあるでしょうから、ラジオの情報ってやはり大切だなと思います。
20日のコンサートに向けては、サントリーHが休館日を無償で提供してくれるというところにほとんど同時多発的に色んな音楽家たちが善意を持ち込んだ、という感じです。他でもいま善意の同時多発があちこちで起きています。こういう活動がひとりでも多くの人に灯火をともすことができたらいいと願いつつ、感謝をこめて…

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR