憲法70年 ~平和を心から願う日本人の知恵で生まれた九条~ 

5月3日(水)

日本国憲法が施行されてから70年。
主権在民、基本的人権、そして世界に類を見ない「平和」への希求を柱とするこの憲法。

この平和憲法を「戦後GHQに押し付けられたもの」とおっしゃる方がいます。

政府関係者の中にもそう認識し、施行されてから70年も経つこの古い憲法を時代に合わせて改めることが、真の戦後日本の確立であり、真の独立になると。

しかし、2日深夜放送のNHKスペシャル「憲法70年 平和国家はこうして生まれた」を観れば、新たな資料から分かった事実も含めて、その認識は間違っていることは明らかです。

thum_01.jpg

たしかに「マッカーサーノート」と呼ばれる草案はありましたが、その前に、時の総理大臣幣原喜重郎および昭和天皇の「平和」に対する強い希求があったことをマッカーサーもよく理解されていたといいます。

GHQを管理する「極東会議」に向けて、マッカーサーから憲法草案が示されましたが、その後も、日本政府が「恒久平和」を心から希求して、「戦争の放棄」を明言した九条のほか、義務教育など新たな項目も加えて、文面も練りに練っていまの日本国憲法が出来上がった経緯が細かく紹介されました。

防げなかった二つの世界大戦、その甚大なる犠牲を礎に、日本人がマッカーサーとともに心から平和を願い、「二度と戦争をしない国」を世界に向けて宣言すべく9条を含め、世界の憲法史上類を見ない画期的な平和憲法が出来上がったのです。

img_01.jpg img_02.jpg
画像:番組公式サイトより


時代が変わったから、古い時代の憲法だから…?

何度も書いてきたように、「時代が変わったのだからそれに合わせて見直すべき」なのは一般の法律・規則・条令などの話です。

憲法は「国としての在り方」を定め、あらゆる法規の上位に位置し、一政権がたとえ誤った方向に進もうとしても日本という国が誤った方向に進まないための規範なのです(=立憲主義)。

憲法を変えるということは、国としての在り方そのものを変えてしまうこと なのです。

70年前の日本政府の関係者らが、過去の過ちによる多大な犠牲を礎に知恵をしぼり、考えに考え抜いて草稿を重ねた今の憲法は、世界の憲法史上でも類を見ない画期的なものです。

今の自民党がしたためているような改正草案がそれに勝っているとは思えません。
むしろ、今の憲法の基軸となっている「主権在民」「基本的人権」そして「戦争の放棄」といった平和憲法の重要な柱をあいまいにし、解釈によっては日本の進むべき道を変えてしまう極めて危険なものだと思います。

それを、「時代が変わったのだから、古いものは改めるべきだ」、「(北朝鮮をはじめとする)国際関係における危機的状況も現実にある」…などといったことをもっともらしくちらつかせながら、一政権の祈願としての憲法改正にすり替えて誘導してしまうとすれば、過去の戦争の多大な犠牲と引き換えに「二度と戦争しない国」になることを誓って手にした平和を根幹から揺るがせてしまうでしょう。



国民投票には正しい認識で

憲法改正に関しては国民投票があります。

ただ、その機会を活かして、日本が過った道に進まないようにするには、国民有権者が「憲法とは何か?」、「一般の法律・規則・条令などと憲法の違いは?」、および70年前の史実をひも解いて見えてくる戦後日本の重大な決断と英知の結集でできた今の平和憲法について、正しく知っておく必要があるでしょう。

昨年2月の記事も参考まで…
→ 
「憲法改正は必要…?」


政府自民党がこれまで挙げてきた、緊急事態・選挙権を得られる年齢・天皇の退位…などに関することは、現行の法律や規則、運用規定・解釈の変更、あるいは特別法の制定で済むことです。

政府自民党が昨年出した「憲法改正ってなあに?」というマンガ冊子。
これは、一般の法律・規則・条令などの話です。



20160204003407e2a_201705030209593e6.jpg 20160204003407ec5_201705030209594e7.jpg

こういう安易なマンガで、いかにも「改憲は必要だ」と世論を誘導する…

集団的自衛権の説明で用いた「となりの火事」や「アメリカの艦船で輸送される母子」を描いた稚拙な紙芝居と同様、きわめて意図的な悪意を感じざるを得ません。


<追記>

◆NHK世論調査の傾向

同3日夜9時のNHK「ニュースウォッチ9」で、憲法改正に関する意識調査の結果を報じていました。

過去にくらべて、改憲派が減って「変える必要はない」と思う人が増加してきてその差が少なくなってきていて、とくに若い世代で改憲派が大幅に減っていることを報じていました。

IMG_20170503_211135.jpg

個々の質問では、「憲法9条による戦争放棄」について、これを「変える必要があるか?」という問いに対して57%が「必要ない」と答えています。

IMG_20170503_210832.jpg 

一方、戦争や侵略の危険性については、「非常に」と「ある程度」を合わせると圧倒的多数が「危険がある」としています。
つまり、国際情勢に危険については認識しつつ、憲法九条を変える必要はないと思っている人が多い、と言う結果が読み取れます。

IMG_20170503_210847.jpg


戦後ずっと平和を守って来た九条については82%が」「誇りに思う」とし、憲法九条については「変える必要はない」という見方が圧倒的多数ですが、九条以外の部分では「憲法改正も柔軟に応じるべき」だと思っている人も73%いるようですね。

IMG_20170503_211504.jpg


ただ、冒頭の折れ線グラフが示すように、小泉政権のころに改憲派が多かったのに比べ、改憲派の数は減ってきて、反対に護憲派(変えなくても良い)が増加。43%対37%と、その差が縮まってきている傾向。

その理由として考えられるのは、一昨年の安保法制などによってすでに憲法は解釈変更がされているからもう必要ない、という理論的な意見。かつての小泉政権のころのように「改革」が叫ばれていた時代から、いまは「不安」の時代へ。憲法を変えることがなんとなく「怖い」から…、「改革」よりも「安定」志向。

憲法論議は「遠い存在」で「よくわからない」、改革よりも現状維持を望む…見方によっては、「よく分からないし、今のままでとくに問題なさそうだから、このままでいいんじゃない」という風にも受け取れなくもないですが、国民世論も決して「憲法改革」に駆り立てられているわけではなさそうで少し安心します。

いずれにしても憲法改正には国民投票が伴います。
国民・有権者がきちんと考え、騙され流されることなく自らの意思をしっかりもつことが大前提ですね。


安倍総理の声明

そんな中、安倍総理は「これまでの70年、そしてこれからの70年を見据えて、時代に合った新しい憲法に向けた議論をしていこうではありませんか。できれば2020年には新しい憲法をスタートさせたい」と明言しました!

8169.jpg

勝手に「機は熟した」などと判断しないでいただきたい!
閣議決定したのかどうか知りませんが、「例示」のように出してきたのが次の2点。


*高等教育の無償化?

これ、憲法とはまったく関係ない話ですよね!
憲法には「基本的人権」の一貫として「誰でも等しく教育を受ける権利」は書かれていますが、小・中学校をそれぞれ何年にするとか、高校をどうする…といった具体的なことは教育基本法ですよ。まして高校の授業料を無料化するなんて憲法に書くべき内容じゃないでしょ!

(上にも書きましたが、一昨年の集団的自衛権の説明で出してきた「となりの火事」や「米艦船に乗った母子」の稚拙な紙芝居を思い出します。見る人が見れば「おかしい」と思うような稚拙な例を出してきて国民を誘導するテクニックが汚い!)

緊急事態法、選挙権の改定、皇位継承の問題…
いずれも現行法の改定や追加、特別法の制定でカバーできることばかりで、憲法そのものを変える必要はありません。

いかにも国民が「ごもっとも」「大切なことですね」と思いそうなことを「例」のように挙げてきて憲法改正の必要性にもっていこうとする… きわめて意図的な悪意を感じます。
いつも口にしているように、「丁寧に説明」し、「しっかり議論」していくのなら、正しい知識を伝えるべきです!


*自衛隊について憲法九条に明記?

あと、先ほどの世論調査で、圧倒的多数が今の九条を大切に思っている中で、「自衛隊のことについて9条に書き加える」とも明言しました。「自衛隊が憲法に違反しているのではないか、という議論が今後起こらないために」とおっしゃいましたが…

戦後のGHQも、草案の中にもともとあった「すべての戦力」、すなわち自国を防衛するための最低限の武力さえも禁止する項目をGHQの担当者の方から削除してるんですね。つまり、どの国であっても、自国を防衛することさえ否定されてしまうのは現実的ではない、と。

その後、日本の政府関係者も知恵を絞りに絞って、外交手段としての戦争、侵略戦争を全面的に否定し、「恒久平和」を第一に掲げる文面を練り上げたのです。

つまり、その時点で「自衛隊そのものが憲法に違反するんじゃないか」という不毛の議論には結論が出ているのです。自衛隊そのものは違憲ではないのです。その自衛隊の活動範囲・権限を勝手に拡げない限り…


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR