アリエッティ風ドールハウス(2) すべり出し

4月下旬 その後…

前回ご紹介したアリエッティ風のドールハウス。
→ アリエッティ風ドールハウス 工作ことはじめ

まずは建物前面が開閉式の蓋となるため、文字通りそこから「すべり出し」。
ここで床面の高さなど建物の基準となる寸法をしっかり決めておきます。


1階・2階 バルコニー

前回ご紹介した手すりの試作イメージをもとに、幅4センチ(=実物では72センチ相当)のバルコニー(1階・2階)を作成。

1a_2017042902430140d.jpg 

1階と2階は最終的には柱でつながるので、手すりの位置を正確に合わせておきます。

1b_20170429025511cee.jpg

手すりの上端に1ミリ角材を貼ることで、細密感が増します。2階は腰の部分も仕上げておきます。

4a_20170429024108d83.jpg 

4b_201704290241090fb.jpg

試作した幅の狭いものも、側面窓の手すりとして活用する予定。


窓・ドア抜き

1_201704290240104ab.jpg 

ただ、中央部分には糸鋸のフレームが届かないことが判明! 
厚さ2.5ミリの合板を、カッターで根気よく抜きました。

2_20170429024011602.jpg


丸柱

壁面にレンガシートを貼った後で、中央2か所に取り付ける半割れの丸柱をどうするか…?
やわらかいバルサの6ミリ径の素材を調達。

3a_2017042902401228a.jpg

窓を抜いた合板の端切れにカッターナイフをブリッジ状に固定して…

3b_20170429024012b84.jpg 3c_20170429024013f30.jpg 3d_2017042902401318a.jpg

ちょっとした手作業工場ですね!(笑)

建物の四隅には四角い石のブロック、建物中央部には丸柱(半割れ)、デッキの1・2階は丸柱で接続…いずれもその柱頭部の受け皿(=斗)が必要。
その細工には、バルサより少し硬めの桐の木片がよさそうです。

3f_2017042902410711d.jpg

この辺りはまだ素材加工の段階なので、追ってご紹介します。


基礎工事

5a_2017042903013217c.jpg

やはりはじめの「基礎」は大切です。1階の床面までの高さを3センチに設定。
建物前面が開閉式になるため、階段や手すりを破損しないよう、地面と一体にしておいた方がベターでしょう。

地面+階段(8ミリ×3段)+バルコニー床、でちょうど30ミリになります。

5b_20170429030133def.jpg 5d_201704290301340e6.jpg


なんとなく見えてきました。建物側面・屋根・内装(照明含む)など、先が気になりますが、焦って進むと後になって「あっ、しまった!」が必ず起こります。

焦らず、こつこつと… あれこれ考え悩む時間も楽しみのうち。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

凝ってますね~

ドールハウスに世界規格があるなんで
知りませんでした。
手摺りの材料がちゃんとあるのですね。
シメジそっくり(笑)
それにしても本格的!
ガイドブックを出版できますね。

Re: 凝ってますね~

二子玉川の模型屋のおやじさんによれば、向こうはインチの世界だから、12分の1、24分の1…という刻みなんだろうと。
鉄道模型の場合はレールの内寸(=ゲージ)がありますから、車体の縮尺だけでなく、どの幅の軌道に乗せるかと言う問題がベースにありますが…

あの「しめじ」は、ミニチュアの手すり用ではありません。飾りの「つまみ」として多用途に使えるためのもので、24分の1の手すりとしてはやや太め・大きめなんですが、バルコニーには良いかな…と。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR