「上野東京ライン」などは愛称

3月30日(木)

「上野東京ライン」が登場したのは、たしか2015年の3月、ちょうど2年になるんですね。

上野東京ラインa

上野ー東京間が新たに結ばれたことによって、上野を玄関口とする高崎・東北・常磐方面からの在来線の列車が、東海道線とも直通運転できるようになりました。

たとえば高崎や土浦・成田方面からやってきた列車が、上野ー東京を経由して、東海道本線で小田原方面まで行けるようになったわけです。


乗り物ニュース

ところが、厳密にどの駅からどの駅までを「上野東京ライン」と呼ぶのかは不明確です。
それもそのはず、鉄道路線の正式名称としてではなく、直通運転する列車の「愛称」だからです。「湘南新宿ライン」とよく似ています。

以前、湘南新宿ラインについて書いた記事がこちら。
→ 「湘南新宿ライン」との上手な付き合い方



直通による便利さの反面…

直通によって、今まで何度か乗り換えの必要だったところへ乗り換えなしで行けて便利になった反面、同じ発着ホームに色々な行先の列車がやってくるので、うっかり乗り間違えたり、うっかり寝過ごして以前は考えられなかったとんでもない方まで連れていかれたり…という経験をされる方も多いようです。

また、沿線上のどこかで起きたトラブルによって、とんでもない遠方まで影響する…といった問題もあり、通勤時間帯のトラブルは深刻です。

直通運転による便利さの方が大きくクローズアップされますが、もともと鉄道好きな私としては、やはり従来の路線名、ルート、地理的な位置関係をよく把握しておくことは大切だと思います。

たとえば…

「湘南新宿ライン」ができたことで、渋谷から乗り換えなしで鎌倉方面に行ける便利さはたしかにあります。
ただ、ネットで前もって直通列車の時間を調べて、その列車に乗れれば、たしかに短時間で乗り換えなしで行けて便利です。

しかし仕事や所用の流れで動けるときに速やかに移動する際、いちいち前もってネットで調べることなく直接渋谷駅まで行って目的地に向かおうとすることも多いですね。

湘南新宿ライン(=埼京線)のホームは山手線とはかなり離れていますし、直通列車がちょうど行ってしまったばかりだと、次の直通列車までは30分も時間が開いてしまう…というケースも。

そんなとき、ともかく山手線で品川まで出て、そこから横須賀線に乗り換えて行くという従来のルートの方が列車の本数も多く、時間も読めます。
あるいは、東横線(東急)で横浜まで行って横須賀線に乗り換える、というルートの方が料金も安いです。

このように、あたらしくできたルートの「愛称」と、「直通で便利になった」ということだけを全面的に信用してしまうのではなく、「新しくもう一つのルートができたんだな、トラブルさえなければ便利だな」ぐらいに考えて、やはり本来の路線名やルートをイメージできることが大切だと思うのです。


◆「宇都宮線」もじつは愛称

湘南新宿ラインに関する記事にもいろいろ書きましたが、かつの国鉄の旧線をつなげたり、かつての貨物線を利用したりして、直通運転の列車が走るようになって「湘南新宿ライン」のような愛称がつくケースは、今後もできてくると思われます。

また、在来線のある区間を愛称で呼ぶこともあります。
「宇都宮線」がそのよい例です。上野から東北本線の黒磯(栃木県)まで(←宇都宮ではなく黒磯まで)の区間を「宇都宮線」という愛称で呼んでいるのです。

線路としてはれっきとした「東北本線」(上野ー青森)の一部なのです。喩えるなら、東海道本線の小田原までを「小田原線」と呼ぶのと等しいのです(←小田原線などという愛称は今のところありません)。
沿線の自治体とJRが協議して「愛称」として呼んでいるだけなのです。

219801081_624.jpg

この画像で「宇都宮線」と併記されている「高崎線」はJRの正式な路線名です。
また、同じ栃木県の日光まで行く「日光線」も正式名称です(=最近では東武線の利用者が増えて、JR日光線は衰退していますが、かつて国鉄時代には上野から直通運転の特急列車「日光」も走っていました)。


たしかに黒磯・宇都宮方面から通勤している人にとっては、「東北本線、黒磯行き」などと言うよりも「宇都宮線」という愛称の方が明確で分かりやすいでしょうし、上野駅にはホームの数も多い中で、黒磯までの短距離の列車(通勤電車)が発着するホームが決まっているのは便利でしょう。

しかし以前、「大雨の影響で、ただいま宇都宮線は全線で運転を見合わせております」と駅のアナウンスで聞いたとき、上野を出発する東北本線の長距離列車(=当時は札幌行きの寝台特急「北斗星」もあった)も運転見合せになっていることを瞬時に理解できない方も多かったようです。

愛称はあくまで愛称。正式な鉄道の運行状況としては「東北本線は、大雨の影響により上野ー黒磯間で運転を見合わせております」と言うべきだと思いました。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「「上野東京ライン」などの愛称」

よくぞ書いてくれました👏🏻パチパチ。
湘南新宿ラインが出来た頃には、行先をよく確かめないで、来た列車に飛び乗ってしまった事もしばしばで、普段聞いたことがない駅名の放送にびっくりして、次の駅で飛び降りたりというのが何度もありました。
その頃からだったと思いますが、様々な線が直通になって、乗り換えなくても楽に目的地に行かれるようになったのはいいですが、同じホームの同じ番線から行先が途中で本線から分かれる列車の説明をあまり聞いていなかった私は、この変化に最初適応不能になり、列車に乗っても不安で仕方がありませんでした。忙しく仕事をしている駅員に聞く余裕もなくて、寂しい思いをしました。何回かそんなことを繰り返した後にやっと、路線の違いを理解することができるようになりましたが、そのうちに、私鉄と地下鉄もいろいろ繋がるようになったので、何が何だか分からなくなってしまい、電車に乗るのに自信がなくなってしまいました。
湘南新宿ラインは、横須賀線経由と東海道線経由がある事も知り、大船駅での乗り換えのホームを確認しなければならなくなってしまい、またもや迷子状態でした。頻繁に使う路線なのに……。
しかし、大宮や高崎に行くことが多くなった時、新幹線を使わなくても時間のある時には戸塚や横浜からも直通で行かれるので、時間がある時には、荷物があっても嬉しく感じました。最近は本数も増えているようなので、通勤通学には便利でしょうね〜。
高木さんが言われるように、鉄道を利用する人が誰でもわかるような表示や駅内放送にしてほしいなぁと、ずっと思っていました。高齢者や障害者にも優しい日本の鉄道であってほしいですね。

Re: 「「上野東京ライン」などの愛称」

佐藤様

これまでもいくつか書いてきた鉄道・駅に関する話題を、独立したカテゴリーに分けました。
高齢者や障がい者にも優しい日本の鉄道であってほしいです。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR