新たなカテゴリー「駅の安全・案内サインなど」を設けました

3月31日(金)


最近ようやく、首都圏のJR・私鉄でも「困っている方を見かけたら一声かける思いやりを」という呼びかけが目立つようになりました。

目の不自由な方が駅のホームから転落するという痛ましい事故が後を絶たず、そのたびに「ホームドアが設置されていたかどうか?」といった設備(ハード)面ばかりがクローズアップされますが、私は何年も前から、周りの人や駅員のちょっとした「気づき」「思いやり」「大丈夫ですか?」の一声の大切さを訴えてきました。



三鷹への通勤が3年ほどになりますが、朝7時ごろの新宿駅でよく見かける白い杖をついた男性といつしか友達になりました。

新宿~中野 朝の白杖の友人

いつも中央総武線の決まった車両に乗って中野まで行かれるので、電車の乗り降りの際に「大丈夫ですか?」と声をかけたのがきっかけでした。中央総武線がなんらかのトラブルで止まってしまったとき、中央特快速に乗り換えるにはホームを移らなくてはいけません。そんなとき、私は彼とご一緒しました。
彼も最初は「駅員の方ですか?」とお尋ねになりましたが、「いえ、よく朝お見かけする通勤者です」と話すと、すぐに私の声を覚えてくださり、いまでは「おはようございます」の一声から世間話をして中野までご一緒しています。

このblog内、「社会・時事に思う」「ノーマライゼーション」のカテゴリーに書いてきたいくつかの記事をまとめ、「駅の安全・案内サインなど」という新たなカテゴリーを設けました。
この記事を含むカテゴリーURLはこちらです。以降、よろしくお願いいたします。

★駅の安全・案内サインなど

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR