用賀中ブラスバンド & 桜新町「ねぶた祭り」

9月11日(土)

台風9号が予想外に日本海側から上陸し、東海~関東に猛烈な雨を降らせました。
でも東京では、7月18日の梅雨明け前から雨らしい雨もなかったので、久々のめぐみの雨!
猛暑続きで熱せられた地面も空気も、そして何より街路樹たちもほっとひと息!

ふたたび晴れ渡り日中は34℃の厳しい残暑ですが、高い雲、やや爽やかな風、コスモス、赤とんぼ…やや秋の気配を感じるようになりました。

コスモス

用賀駅前



きょう、近所の用賀中学校のブラスバンドが、東急・田園都市線の用賀駅に隣接するビジネススクエアのロビーでコンサートを行いました。
知人も参加していたので聴きに行ってきましたが、中学生でもなかなかのレベルで、通りがかりの人たちも足を止めて聴き入っていました。


用賀中学ブラス1

用賀中学ブラス (2)



さて夕方からは、地元・桜新町で「ねぶた祭り」

夏のはじめごろ「★季節・日記」のカテゴリに「世田谷ねぶた?」という記事を書きましたが、今年は青森に新幹線の新駅が開業することもあって、東北がかなり熱いようです。
青森との友好関係で開催される桜新町の「ねぶた祭り」も、今年で7回目を迎えました。

桜新町ねぶた祭り

らっせーらっせーらっせーら
♪ラッセーラッセーラッセーラ

扇型ねぷた
弘前タイプの扇形ねぷた

創作ねぶた
こちらは モダンな創作ねぶた

そして行列の最後は、なんと「じらいや」!
じらいや

ここでは「児雷也」と書かれてますが、私のブログ「★パウゼ(♪小休止)」の記事を前にお読みになった方はお分かりでしょうが…

昔の中国(宋)にいた盗賊は「自来也」。それが江戸時代に日本に伝わり、蝦蟇(がま)の妖術を使って大活躍する物語に…
(以下、前に書いた記事を引用します)



「じらいや」とは?

「こいつぁ春から、ぁ縁起がいいわい!」…は歌舞伎『三人吉三巴白浪』に登場する盗人のセリフですが…

歌舞伎の世界で「地雷屋(じらいや)」ってご存じでしょうか?

多国籍軍に地雷を輸出・販売している業者…じゃありませんよ(笑)。

では、「天むす」をご存じでしょうか?
おむすびの中にエビの天ぷらが入っていて、なかなか美味いものです。
最近はコンビニや回転寿司にもあるようですが、あれを最初にお弁当として歌舞伎座に卸していた老舗が「地雷や(也)」です。

歌舞伎の演目にも「じらいや」というのがあるようで、凄まじい隈どりをした強そうな人物が描かれています。

でもそもそも「地雷屋」っていったい何者なんでしょうか?

パソコンで「地雷屋」で検索しても、ラーメンのチェーン店の紹介が出てくるばかりで、そもそも「地雷屋」とは何者なのか、なぜ歌舞伎に「じらい」が登場するのか?…そのあたりの疑問は解けません。

ためしに、ひらがなで「じらいや」と辞書をひいてみたら…

<自来也>

中国の宋の時代(←広辞苑には「明」と記述されている)に、「自来也」という怪盗がいました。
鬼才の持ち主で神出鬼没で、襲った家の門や扉に「我、来る也(われ、きたるなり)」と張り紙をしてくる、という筋の小節があるそうです(沈俶『諧史』に記載)。

「我来也」と自ら名乗ってくることから「自来也」

その話が、日本では江戸時代後期の文化3年(1806年)に、読本(よみほん)『自来也説話(じらいやものがたり)』として紹介されます。
三好家の浪士・尾形周馬(おがた しゅうま)。
じつはその正体は義賊(ぎぞく=違法行為・反社会的行動を行いながらも、大衆から支持される個人または集団)で、蝦蟇(がま)の妖術を使って活躍する物語です。

自来也003

その話をもとに、歌舞伎や浄瑠璃にも脚色されて上演されたそうです。
…なるほど、これでなぜ歌舞伎で「じらいや」なのか、疑問は解けました!


<児雷也・磁雷矢・地雷屋…etc>

ところで「自来也」って、なんとなく中国・古典版の「怪盗ルパン」のような感じがしませんか?
単なる盗人ではなく、頭がよくて強くて、独自の価値観で悪とたたかい、人々から支持され愛されているスーパーヒーロー…
そんな魅力が時代を超えてあるのでしょうか?その後もさまざまな「じらいや」は登場します。

ごく最近でも、プロレスラーに「磁雷矢」というのがいたり、「児雷矢」という漫画家もいます。
また1989年には「自来也」というオリジナルと同じ字でアニメが作られたり、ゲームソフトにも「ニンジャブラック・ジライヤー」があったり…etc.

やはり時代を超えて、世の中を斬るスーパーヒーローへの憧れとロマンがあるように思いませんか?

                              
<2010年1月 Akira T.>



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

サザエさん

さすが桜新町!ねぶたにもサザエさん登場ですね
でも、これはねぷたかなぁ?(弘前バージョン)

私は、金魚ねぶたが好きです
30年位前に、仕事で青森に行ったとき、たまたまねぶたのシーズン直前で
ねぶたとねぷたを作っているところを、見ることが出来ました
瞬間しかいられなかった(仕事だと、駅とホールとホテルを移動するのみのことが多い)のですが、金魚ねぶたをお土産に買って
大事に持って帰ってきました
あの金魚は、どこに消えたのかなぁ・・・

Re: サザエさん

ト音記号先生へ

さっそくのコメントありがとうございます。
30年ほど前というと1980年ごろ…?
私も82年に大学を出てすぐのころは、まだ放送局勤めではなく民間の研究所で“まちづくり”の仕事をしていました。「祭りが地域におよぼす影響」という研究テーマで出張に行った中に青森も…。

その頃はまだ青函連絡船があって、青森駅から連絡船の桟橋へと線路が延びていましたね。青森駅前には古い魚市場(ネタは最高!)、そのすぐ前にはねぶたを熱く語るおやじさんがやってる「駅前コーヒー」があったのを覚えています。

金魚ねぶた、可愛らしいですよね。竹ヒゴと和紙で作って子どもたちに絵を描かせてもいいかもしれませんよ!

No title

桜新町のねぶた祭り、すごい人だかりで、熱気が写真から伝わります♪やっぱりサザエさんもばっちりでてくるのですね♪
新幹線、新駅が開業で東北がますます栄えるといいですよね(≧ω≦)
天むすにそんなエピソードがあったなんて知りませんでした!!
また学んで知識を得ました♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 酒井さん、コメントありがとう!

酒井さん

ブログご覧いただき、コメントありがとうございます。

このコメント内容でしたら公開してもまったく問題ないと思いますので、せっかくですから次回からは「管理者だけに表示を許可する」にチェックを入れないで投稿してくださいね~!

フルネーム・アドレス・血液型・誕生日・電話番号・口座番号・苦手なもの…etc.
あまりにも個人情報満載のコメントや、あまりにも個人的な「連絡」「通信」としてコメント欄を使わざるをえない時は「管理者だけにだけ表示を許可する」も有効ですが、今の設定ではコメントいただいてもこちらで「承認」しない限り「公開」もされませんので、どうかご安心を(チェックを入れずに投稿されても個人的な「通信」としても使えるわけです)!

せっかくですから、今回はいただいたコメントを「引用」して「返信」する形でご紹介したいと思います。
もしどうしても不都合があるようでしたら、高木までメール等でお知らせくだされば削除します。では…


> ブログ拝見させていただきました。
> 桜新町のねぶたまつり、サザエさんが登場したのですね。
> サザエさん?……なぜ?
> 気になって調べてみたところ、桜新町は長谷川町子さんの出身地とのこと。なるほど、なるほど♪
>
> 8月末のサザエさんの番組内で、桜新町ねぶたの告知があったみたいですよ♪デジカメ持って、来年ぜひ行ってみたいです!
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR