プラス思考TV「ザ・ヒキザン」

12月15日(木)

タブレットからの投稿を試みます。

10日(土)に都内で収録された「コバケンとその仲間たちオーケストラ」の様子が、
クリスマスの25日(日) 15:55~フジテレビで放送されるそうです。

プラス思考TV「ザ・ヒキザン」
 もしオーケストラから指揮者が消えたら…

どんな内容に構成されるかは私たちにも分かりません。ぜひご覧になってのお楽しみ…

IMG_20161210_141828.jpg IMG_20161210_141653.jpg IMG_20161210_165423.jpg IMG_20161210_142828.jpg

<指揮者のお仕事>

番組のネタバレにならないよう、一般論として。

一般に、オーケストラから指揮者が消えたら、操縦士を失った飛行機のように、よたよたになって墜落…と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

室内楽やジャズセッションなどには指揮者はいませんが、お互いに息を合わせて演奏できますね。100人を超えるオーケストラで、緻密な楽譜のあるクラシックではちょっと大変ではありますが、各パートが自分の出るべきところをちゃんと分かっていて他の楽器との絡みを分かっていれば、指揮者がいなくてもコンサートマスターの弓の動きに合わせたりほかのパートを聞きあったりして、いちおう演奏はできるんです。
しかし、お互いが聞きあって、相手がどう出るかを探りあって、なんとか無難に演奏している…という感じ。

そこに指揮者が入ると…?

本来、指揮者のお仕事はそこからなんですね。私も学生オケからアマチュアオケにいろいろ参加してきましたが、オケメンバーが自分のパートをきちんと演奏することはおろか、オーケストラ全体の構成を分かっていないと、とりあえず「タテの線」を合わせるための合図として指揮者に多くのエネルギーを使わせ、時には各楽器の基本的な「演奏指導」まで…
本当に申し訳ないことをしてきたんだな、と思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR