生まれて初めて見た「ダイヤモンド富士」

11月3日(祝・木)

生まれて初めて、生で「ダイヤモンド富士」を観ました!

3B_2016110320190598a.jpg

場所は、三軒茶屋のキャロットタワー。1996年に完成し、無料で登れる展望ラウンジとしては世田谷でもっとも高い建物です。

IMG_20161104_142417.jpg

ここ三軒茶屋のキャロットタワーで、日没時にダイヤモンド富士が見られるチャンスは春と秋の2回。
ただここ数年間、春も秋もちょうどその日に曇りや雨に当たってしまい、ずっとダイヤモンド富士は見られなかったそうです(=地元のアマチュアカメラマンのお話し)。

きょうは祝日ながら出勤。
朝まで雨が残るとの予報でしたが、朝6時半ごろ家を出る時には雨は上がっていて東の空には雲の切れ間も。
午後いっぱい東京は晴天に恵まれ、仕事を終えて急いで世田谷に戻ってきました。



16時前にキャロットタワー26階の展望ラウンジに到着。
ただ、残念なことに大山・丹沢方面には雲が…

少し前までは、駿河湾から静岡方面に大きな積乱雲もありましたが、それはもうなくなってました。
日没までの30分ほどの間に雲も動くかもしれないので、期待して待つことに。

1a_20161103202046555.jpg 
★クリックすると大きな画像でご覧になれます(以下同じ)



16時10分ごろ

まだ太陽は高く、ちょうど富士山は逆光。
カメラの絞り値を上げて撮ってみても、まだ富士山の姿は確認できません。

1b_201611032020460c6.jpg

本日の東京の日の入りは16:44。
ただそれは「地上」で観測して「地平線」に太陽が沈み切る時刻ですから、富士山の頂上にかかるのはもう少し早いはず。また地上26階からでは微妙にずれるはずです。

2_20161103202047b5c.jpg 3_2016110320204802c.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧になれます


16時35分ごろ


FM放送もやっているフロア内に歓声が沸き起こりました。
夕日の手前に富士山がシルエットで浮かび上がったのです!

3A_201611032010189f1.jpg

3B_20161103201019dec.jpg 3C_20161103201020677.jpg 
★クリックすると大きな画像でご覧になれます

沈む直前、ちょうど頂上に!
3D_20161103201021a00.jpg

太陽が富士山にかかってから見えなくなるまではわずか2分たらず!

そのあと、群青色と茜色の混じる空に富士山のシルエットが美しく浮かび上がります。

4a_20161103203533b23.jpg 4b_20161103203533df0.jpg
4c_201611032035344a8.jpg 6_20161103203534abe.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧になれます

わずか数分のうちに、色彩は微妙に変化していきます。

ズームレンズの14ミリ側(←デジカメの数値なので、旧式のカメラでは35ミリに相当)の広角でとらえた世田谷の西方面。

7_20161103203535d3b.jpg

空に、うすい三日月を発見!

8_20161103203536b18.jpg

この三日月の下方には、まだ見えてませんが金星(=いままた宵の明星になっている)があるはずです。


<ダイヤモンド富士の情報>

きょう11月3日、世田谷・三軒茶屋のキャロットタワーから見える太陽のコース。

d_fuji.jpg

ダイヤモンド富士専用ソフトより

各地の「ダイヤモンド富士」の見られるポイント・日時を案内してくれるソフトがあって、その情報をもとに各地を巡っている「ダイヤモンド富士マニア」がいらっしゃるんですね!
キャロットタワーで隣合わせた若い男性Kさんより、この情報と決定的瞬間の画像データをいただきました。



夏の太陽は空高く大回りして北寄りに沈み、冬は低いコースをとって南寄りに沈みます。

年間を通じて太陽のコースが変わる中で、東京・神奈川など富士山の東側の地域では日没時に、また静岡など富士山の西側では朝太陽が昇るとき、ちょうど富士山の頂上に太陽がかかる、いわゆる「ダイヤモンド富士」が見られます。
多くの場所では春と秋の2回、また夏至または冬至の日だけ見られるポイントもあるはずです。



<追記>

今年(2016年)の2月11日(建国記念日)にも、ここキャロットタワーを訪れ、日没をタブレットで撮影していました。
「もしかしてダイヤモンド富士が見えるんじゃないかな?」と思って訪れたのですが…

IMG_20160211_171032.jpg

富士山の頂上よりも北側のすそ野に太陽は沈みました。

「ダイヤモンド富士」のタイミングは数日前だったようです!
ここ何年も、ちょうど「その日」は曇りや雨に見舞われ、ダイヤモンド富士は見えてないそうです。

ここ世田谷・三軒茶屋のキャロットタワーからは…

2016.211-2文字入

2月のはじめ(=冬至から約1か月半あと)と、11月のはじめ(=冬至の約1か月半前)に、ちょうど富士山の頂上に太陽が沈みます。
もちろんこれは、ここ三軒茶屋から見る富士山の場合です。みなさんの地元から見える富士山でダイヤモンド富士が見られるのはいつなのか、上に紹介したサイトで調べてみられてはいかがでしょうか?


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR