コバケンとその仲間たちオーケストラ in 千葉 終了!

10月2日(日)

今年は以上に秋の長雨がつづき、日照時間が足りない上に、またしても台風が沖縄に接近…
そんな中、珍しく秋晴れに恵まれたコンサート日和でした。

今年最後の「コバケンとその仲間たちオーケストラ」 千葉公演
1780席の千葉県文化会館を埋め尽くし、スタンディングオベーションもいただき、大盛況のうちに終えることができました。

プログラム20161002
★画像はすべてクリックすると大きな画面でご覧になれます



東京駅から団体バスも出てましたが、借用する楽器搬入に合わせて私は電車で会場入り。
世田谷の自宅から田園都市線・半蔵門線(直通)で錦糸町、そこからJR総武線で本千葉へ。

1a_20161003005236441.jpg

総武線は前方(千葉)寄りの3両だけが4人向かい合わせのクロスシート。この車両を狙い、朝のお弁当を食べながらちょっとした旅気分…

9時45分、本千葉駅に到着。
お城の見えている一角に千葉県文化会館があります。

1b_2016100300523705e.jpg

今回もまた長崎から瑞宝太鼓のご一行が参加。

1c_20161003005237ee0.jpg

そしてわがオケの打楽器をお借りしているのは、いつものサンフォニックスさん。

1d_20161003005857faa.jpg

私のいた職場にも楽器を納められていて、この仲間オケが首都圏で何かやるときはずっとお世話になってますが、私のブログに画像で登場するのは初めてですね。

1e_20161003005238c2c.jpg

きょうも、ここ千葉に楽器を入れたら、都内の某放送局で仕事をして、夕方の終演時刻にふたたび撤収に来てくださいます。

楽器も無事にセッティングを終え…

1f_20161003005239302.jpg


本日の打楽器メンバー

1h_20161003005858670.jpg 1g_20161003005858ed9.jpg

真剣なまなざしでシンバルを手にされているのは、本来はフルートのメンバー。でも打楽器経験も豊富で、今回のように打楽器メンバーが足りない時は「出張」してくださいます。


◆11時半 リハーサル開始

2a_201610030058591c8.jpg 2b_20161003005859fac.jpg 2c_20161003005920777.jpg

いずれも、音出し前の風景です。笑顔の中にも凝縮した緊張感があって心地よいです。
今回は私が全曲ティンパニを担当させていただきました。


◆開場 14時前のロビー風景

開演の1時間前にも関わらず、すでに多くのお客様がご来場。

3a_20161003010804612.jpg 3b_20161003010805e96.jpg

ハンディのある来場者の方に、スタッフさんが温かい笑顔で案内してくださっています。こういう陰の力あっての「コバケンオケ」なんです!

久しぶりに、私の大学時代の友人も来場。
その友人と私とも同じ母校の法学部に在籍していた女性も、車いすのご子息を連れてご来場。じつはこの方、今日も参加している打楽器メンバーのお母さまなんです。

3c_20161003010805081.jpg


◆休憩時間のロビー風景

弦楽器のトップメンバーらによるロビーコンサート

ロビーコンサート

仲間オケのこれまでの活動を写真でご紹介するコーナーも設けられていました。

パネル展示


◆プログラム

プログラム120161002 プログラム220161002
プログラム320161002 プログラム420161002

◆地元高校生らとともに

今回も、地元の高校生らによるバンダ(=オケのうしろに並ぶ金管群)や合唱も加わり、大きなステージになりました。

今回ご一緒くださったのは…

バンダ…千葉市立千葉高等学校・千葉県立千葉女子高等学校の吹奏楽部のみなさん。
合 唱…千葉県立佐倉高等学校・千葉県立佐倉南高等学校・千葉県立千葉東高等学校いずれも音楽部のみなさん、それにシニアも含む千葉混声合唱団のみなさん。

14494774_543521845850254_5180564839433248721_n.jpg
*「1812年」終演後 事務局の方撮影


◆わずかの時間で出来上がる音の世界

この仲間オケは、海外から参加されるプロのメンバーもいて、ふだんはとくに練習など活動はしていません。決まった行事予定に合わせて参加メンバーはエントリーし、各パート内での出番ローテーションを決め、事務局が全体人数を把握してあらゆる手配をしてくださり、当日決められた時刻・場所に全員が集まってすべてが出来上がります。

地元の高校生らと顔を合わせて音を出すのも当日が初めて
事前にそれぞれ学校の先生方が指導にあたられ、皆さんよく練習をして来られています。
しかし、当日朝の会場練習では、音に対するイメージ、ニュアンスの違い、微妙なタイミング、遠くへ音を飛ばすイメージで、音を切らずに全体を包み込むような音色で…マエストロから高度な要求が次々に出されます。
そうしたニュアンスを一瞬で理解され、みるみる音が変わっていく…まさに鳥肌の立つ音の現場です! 

年齢・性別・障がいの有無に関わらず、音楽には本当に人を輝かせてくれる力があるんですね。


♪ お疲れさまでした!

4a_2016100301324068e.jpg

終演後のバックステージ、和太鼓2人と打楽器メンバー

次の公演予定は、来年6月の徳島です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

感激のステージ!

全写真を大きくして拝見しました♪
国内最大の楽器レンタル屋さんのトラックも、
ステージから写した開演前の客席も、
大好きなロビーコンサートも。
1780席を熱狂の渦に! 目に見えるようです。
その陰には数えきれないほど多くの方々の支えがあるのですね。
高木さんの感動のお裾分け、しっかりと頂きました。

Re:感激のステージ!

ありがとうございます。会場の空気が伝わったようで嬉しいです。
今回は残念ながら加奈子さんは参加されてませんでした(先週の富山公演も)が、来年はまたご一緒できるかな…?
いつも見守ってくださりありがとうございます。
私もオケに限らず、身近な人に音楽の喜びをお伝えできることをこれからも探していきますので、どうかよろしくお願いいたします。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR