アフリカへ3兆円投資!

8月28日(日)

アフリカ(ケニア)を訪問中の安倍総理は27日、「アフリカの夢を、ともに実現するニッポン」との新たな外交戦略を打ちたてました。

 「アジアで根付いた民主主義、法の支配、市場経済のもとでの成長。それらの生んだ自信と責任意識が、やさしい風とともにアフリカ全土を包むこと。それがわたしの願いです」

安倍首相は27日に開幕した第6回アフリカ開発会議(TICADVI)での基調演説でこう力を込めたのです。

1-1.jpg

首相が示したのは「自由で開かれたインド太平洋戦略」とする新外交戦略。

アジアからインド洋を隔てアフリカの成長の実現を目指す。テコとなるのは「質」と「技術力」を誇る日本のインフラ整備。低コストを武器に売り込みをかけアフリカ大陸への影響力を拡大する中国に対抗する構え。
発展著しいアジアの成功体験と潜在力あふれるアフリカを連結させ、さらなる成長を日本主導で牽引(けんいん)する構想。

そのために「援助」を表明。その額はなんと3兆円!


海外への美辞麗句はいいが…

今回も前もってお断りしておきますが、国際的にグローバルな視点で海外援助を行うことはもちろん意義あることです。国際社会への貢献も世界規模での経済発展も大切、そこは否定しません。

ただ、前々から申し上げているように、低所得世帯の保育無料化(=年間240億でできる)を「財源がない」を理由に公約を破棄して白紙にするなど、日本国内における弱い立場の人への施策をどんどん切り捨てている一方で、大企業や富裕層ばかりを優遇し、海外にはどんどんお金をばらまくそのバランス感覚やいかに!?

しかも、その「援助」の中味は、インフラ整備をはじめとする日本企業の技術を売るためのもの。
今回のアフリカ訪問には、商社やゼネコン、食品など約80の企業・団体による経済ミッションも参加

首相のトップセールスで売り込みを図り、日本企業のビジネスチャンスを広げるもの。
「お小遣いをあげるから、日本企業から買ってくださいね、発注よろしくね」という「見返り」を期待しての「投資」なのです。

われわれが納めた税金を、国内では弱者への施策をどんどん切り捨て、海外にどんどん「投資」してばらまき、見返りで儲かった大企業からは自民党へ献金…という循環は当然あるでしょう。



◆「支援」と称する「投資」

伊勢志摩サミットに先駆けて安倍総理は、「20兆円規模の途上国支援」を表明していました。

1-2.jpg

安倍総理が就任以来、海外に「支援」と称してばらまいてきたお金は、今年(2016年)3月の時点ですでに85兆円以上だったと記憶しています。さらに20兆円規模を援助に使うとすると、その額は100兆円を超えることになります。
昨年度の国家予算がたしか96兆円。日本国を運営する年間の予算を超える額を海外にばらまくことになります。

よくそれだけの財源がありますね!?


国民から預かった年金資金を政府主導で国内外の株などに「投資」し、その結果は?
昨年度の1年間で5兆3千億円の損失、今年4月~6月の3か月間でさらに5兆2千億円の損失。その損失の合計は10兆5千億円にも上ります。

IMG_20160826_191213.jpg

一昨日アップした「年金あれこれ」でもご紹介しましたが、今年の3月に書いたアベノミクスの本質について、あらためて…

→ アベノミクスは投資のすすめ ~本当の豊かさとは?~

かなり長い記事ですが、ここに集約されると思います。みなさんどうお感じになりますか?


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR