世田谷線ウォッチング 2016

7月3日(日)

関東はまだ梅雨明けしませんが、朝からうだるような暑さでした。

私の地元・世田谷を走るローカル電車・世田谷線をあらためてウォッチング。

A_20160704014603a5b.jpg

東急世田谷線は、三軒茶屋~下高井戸を結ぶ全長5キロの路線。
かつて渋谷~二子玉川を結んでいた路面電車=玉電(たまでん)の支線でした。

渋谷~二子玉川の本線は、大阪万博の前年・1969(昭和44)年の秋に廃止になり、国道246号の上に首都高速3号線が用賀まで開通して東名高速道路に直結。いまは地下の「田園都市線」として生まれ変わっています。

玉電の走った今・昔20160704

高度成長期の変わりゆく東京の街から姿を消した路面電車ですが、砂利の敷かれた線路(=専用軌道)の区間だけが生き残りました。都電の荒川線とも同じ運命といえますね。

もともと路面電車ですから、駅のホームは低く、車両にはステップがあってバスのように乗るスタイル。しかしいまの世田谷線にはヨーロッパスタイルの低床式の連接車両が走っていて、ホームもその床面の高さに合わせて改修がなされています。

★これについては以前詳しくご紹介した記事をご参照ください。
  →
世田谷線ウォッチング 2010


下高井戸

さて今回は、京王線の下高井戸から三軒茶屋まで、主な車窓をウォッチングする小さな旅へ。

1_201607040146041a5.jpg 2_201607040146046ed.jpg

全線区間で上下線がすれ違える「複線」ですが、終点の駅では1車線になっています。
出発するときは向かって左側の路線に侵入するようにポイントが開いています。

登山電車ではありませんが、ある意味「スイッチバック」 (=終点で進行方向が変わり、入ってきた線とは違う線に出ていく)ですね。


出発進行!

3_20160704014605c0a.jpg 4_20160704014947a67.jpg

下高井戸を発車すると、しばらく急な右カーブ。ここは「制限10(制限時速10キロ)」。
直線に差しかかり「制限10」が解除されるあたり… 見えてきました!

5_20160704014947aee.jpg

「爺」の看板! …ん? じじい??

…海鮮のおいしい居酒屋さんの看板なんです。

夕方以降に下高井戸あたりを歩く機会がなく、残念ながらまだ入ったことがないんですが、一度は行ってみたいとかなり前から気になってます。

世田谷線の運転手さんも、カーブを抜けて「制限解除!」と指さし確認してマスコンを上げる時に見える信号機のようなこの丸い看板、絶対に見落とすことはないはずです!
いちど機会があったら、新人の運転手さんと「爺」で一緒に飲めたらな~(笑)


松原付近

6_201607040149470ab.jpg

都心とは思えないほど、草の生い茂った軌道を進みます。

この線路、JR・小田急・京王などの「狭軌」よりも広いです。新幹線と同じ内寸1444ミリの「標準軌」。
かつての玉電も、東京でもっとも古い地下鉄銀座線や丸の内線もこのゲージです。


山下

7_201607040149489ac.jpg

後ろに見える高架は小田急線、「豪徳寺」駅です。

沿線にはアジサイの美しい場所も。
ただ、今年のアジサイは見ごろを過ぎてしまったかな?

8_2016070401494810c.jpg


宮の坂


9_20160704015307a57.jpg 201011211837526ce_201607040154348d9.jpg

この駅は宮坂区民センターに隣接していて、かつて世田谷線を走っていた車両で、いちど江ノ電に移籍して里帰りした車両が保存されています。

この車両についても、先ほどご紹介した以前の記事で詳しくご紹介してます。
(→ 世田谷線ウォッチング 2010 

この宮の坂駅の手前の踏切近くのたこ焼き屋さんもおすすめ!


上町

宮の坂を過ぎると左に大きくカーブして上町駅。ここには車両基地があります。
わが家の最寄り駅でもあります。

10_20160704015308b72.jpg


上町駅近くの茶房「しろやま」

前1 前3 前2

だいぶ前の画像データより

前4 前5

デジタル一眼レフを購入した2009年6月、カメラのテストを兼ねて「動く被写体」を狙ったのがこの世田谷線でした。ちょうどアジサイが見ごろの頃でした。


若林

世田谷区役所の最寄り駅、松陰神社前~世田谷を過ぎ…
ここからは「世田谷通り」とほぼ並走して三軒茶屋へと向かいます。

11_201607040153087a6.jpg

この若林駅の先に、有名な環状七号線との交差点があります。

12_20160704015309caf.jpg 13_2016070401530914c.jpg

ここでは、道路の信号が優先し、赤信号で電車が待つのです。この道路を横切るときだけが、かつての「路面電車」の面影を漂わせます。


西太子堂付近

14_20160704020011fe6.jpg

進行方向正面にキャロットタワーが見えてきます。

三軒茶屋にそびえ立つ世田谷では数少ない高層ビル。1996年に竣工していますから、今年でちょうど20年。オレンジ色にそびえていることから「にんじん=キャロット」、当時小学生の応募したネーミングだそうです。

西太子堂の駅を過ぎ、電車は5キロの旅を終えてキャロットタワー下の三軒茶屋駅に到着。

15_20160704020011d68.jpg 16_20160704020011024.jpg

ここもやはり駅構内は1車線で、向かって左が降車ホーム、右が乗車ホームです。


キャロットタワー26階の展望ラウンジより

17_20160704020012bc4.jpg 18_201607040200123fe.jpg



土用に先がけて

湿気も多く、かなり蒸し暑さを感じる1日でした。
ここ何か月も食べてなかった大好物のうなぎを、ちょっと贅沢していただくことに!

19_201607040200130b9.jpg

私のセカンドルーム近くの「和食屋さん」。ここでは愛知県・三河のうなぎを生きたまま仕入れ、いけすで泳いでいるのを店内でさばいて、焼いて蒸して、たれをつけて焼いて…注文してから30分はかかりますので、事前に電話してからお邪魔しました。

久しぶりの贅沢、ごちそうさまでした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR