なぜ、世界から戦争がなくならないのか?

6月20日

「戦争はなぜなくならないのか?」
究極の質問です。よく子どもが大人に発する質問でもあります。「戦争はいけないこと」とみんなが言っているのに、どうしてなくならないのか?当然の疑問です。この質問に、あなたなら、どう答えますか?
(本書「はじめに~二度と戦争が起きないように、日本が戦争に巻き込まれないように~」より冒頭部分)

戦争産業120160620

NHKの「週刊こどもニュース」を担当されていたころから、難しい問題も素朴な原点にかえって子どもにもわかりやすく伝えることをモットーとしてこられた池上彰さん。


本書の内容すべてをご紹介はしませんが、いま日本の政治がどっちを向いてどういう流れを創ろうとしているのかを、あらためてこの1冊から感じ取ることができれば。

序章…「なぜ世界から戦争がなくならないのか?」という難問
第1章…戦争がなくならない理由を今気になる「最新中東情勢」から学ぶ
第2章…戦争という「ビッグビジネス」
第3章…アメリカを湾岸戦争に誘導した広告代理店
第4章…武器輸出で世界市場に乗り出す日本
第5章…戦争をなくすために人類はどんな努力をしているか?
第6章…戦争に向かわせたリーダーたちの言葉
第7章…戦争をあおったメディアの責任

だいたいどんな流れか、何を言いたいか、お分かりになるのではないでしょうか?

詳細ご興味があったらこの本を読んでいただくとして、本書内に紹介されている図表からいくつかご紹介しておきます。


戦争産業320160620
戦争産業2 20160620

日本においては、戦後の平和憲法の趣旨にのっとり、日本が戦争に巻き込まれないために、また戦争に加担しないために、過去の政権が堅く守ってきた「武器輸出三原則」というのがありました。

しかし、安倍政権のもと2014年の4月に、事実上この「武器輸出三原則」が取り崩され、武器輸出が解禁されてしまったのです。

戦争産業420160620
戦争産業520160620
戦争産業620160620



◆日本の戦争への加担は すでにはじまっている!

イスラエルがパレスチナを連日攻撃していた2014年の5月、イスラエルのネタニアフ首相と安倍総理が会見し、共同声明を出したことは、あまり大きく報じられていなかったようですが、私はその年(2014年)の七夕の前後に、こんな記事をブログに書いています。

5月にイスラエルと共同声明が
イスラエルより愛をこめて

ドイツの宇宙飛行士がはるか上空から見たきらめく光…それは、世界でもっとも悲しい光景、爆撃を受けるパレスチナの光でした。

「そろそろどこかで戦争でも起きてくれないと、日本の経済も立ち行かなくなりますなぁ」…過去にそんな発言をした財界人もいたことをこの記事内でも紹介しています。

大企業中心の「経済」「景気対策」…とくに選挙が近づくとそこに焦点が集まる傾向にあります。

しかし、地球の裏側では罪のない幼い子どもたちまでが爆撃によって殺され、白い布にくるまれている脇で、父・母・兄弟が泣き崩れている姿があります。
そこに日本も加担することになるんだ、ということをちょっと想像してみてはいかがでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR