世田谷観音

5月16日(月)

きのうに引きつづいて世田谷散歩、きょうは「世田谷観音」です。
正式には「世田谷山観音寺」、通称「世田谷観音」です。

2 1
★クリックすると大きな画像になります(以下すべて)
 

「せたがや百景」にも選ばれていて区報などでも見かけていたので、以前からいちど訪ねてみたいと思っていた場所です。

建立されたのは戦後の昭和26年。睦賢和尚(ぼっけん おしょう)が独力で建立し、同年5月に金竜山浅草寺に請い、開眼の法を修したそうです。

境内の入口ですぐに目に入るのがこちら…

3 3a 
3b_20160516202155f11.jpg 3c_20160516202156587.jpg

「特攻」で亡くなった方たち4615柱が祀られてあり、境内には「特攻観音堂」もあります。
戦後、この近くにお住まいだった軍の関係者からの進言によってこのお寺が建立されたそうです。


4 5


本尊はこちら、聖観世音菩薩

5a_2016051620254300d.jpg 

観世音菩薩(=観音さま)は、あまねく衆生を救うために相手に応じて「仏身」「声聞(しょうもん)身」「梵王身」など、33の姿に変身すると説かれているそうです。
後の世もこの世も、生きるものすべてが安らかで平穏でありますように…
私は仏教徒ではありませんが、その思いは世界に通じると思います。

5b_20160516202544a92.jpg 5c_20160516202544de7.jpg

「君が代」にも歌われているように、さざれ石が集まって大きな巌となり、苔がむすまで…
未来永劫、平和が続きますように!


境内にはこの聖観世観菩薩を祀るお堂のほか、不動明王、阿弥陀如来、仁王尊、特攻観音を祀る各堂があります。

6_2016051620411565d.jpg 6a_2016051620411558b.jpg 6b_2016051620411654e.jpg
7_2016051620441711e.jpg 7a_20160516204417b68.jpg


こちらが特攻観音が祀られているお堂。

8_20160516204418db6.jpg 8a_20160516204419268.jpg 8c_20160516204419482.jpg


立派な鐘楼が通りからも見えていました。由緒ある鐘で、世田谷区内でもっとも古いものだそうです。

9a_20160516204833b48.jpg 9b_201605162048344af.jpg 9c_201605162048349bc.jpg


多羅の葉は、裏をひっかくと色が黒くなることから、その昔「文」を書いて渡していたそうで、これが「葉書(はがき)」のルーツ。

9e_20160516204835154.jpg 9d_20160516204835f4e.jpg

毎月第二土曜日の朝には「朝市」が立つとのこと。

4a_201605162049588ea.jpg

静かな住宅地の中にあり、境内はきれいに整備されていて、また訪れたい場所です。


<交通アクセス>

田園都市線・三軒茶屋駅から「目黒行き」バス(目黒08系統)で5つめ、「世田谷観音」下車すぐ。「目黒行き」バスは、三軒茶屋駅「南A」出口を出て20mほど歩き、ファミリーマート前が始発バス停です。

Aa.jpg Ac.jpg

左写真、信号機の下に見えているのが三軒茶屋キャロットタワー。

徒歩だと、三軒茶屋から国道246号を西(駒沢方面)に400mほど歩き、世田谷郵便局前(=中里)の交差点を左折。
かつて明治薬科大学があったことから「明薬通り」と呼ばれている通りを歩いて4つ目の信号を右に入ってすぐ。徒歩でも駅から15分ほどです。

近くには、今年(2016年)4月にオープンしたばかりの日大・スポーツ科学部があり、静かな文教地区です。

Ad.jpg Ae.jpg

Ab_201605162057336c6.jpg

帰りは「渋谷ー野沢龍雲寺循環」バスで渋谷に出るのも便利です(渋谷からこの循環バスに乗ると、下馬1丁目~環七・野沢をぐるっと回ってから世田谷観音前)。写真の「目黒駅ー野沢龍雲寺循環」バスもあります。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR