ナターシャさんの歌声

3月11日(金)


チェルノブイリの原発事故を経験されたナターシャ(ナターリャ)・グジーさん。

日本語もとても流暢で、「いつも何度でも」「防人のうた」「秋桜(コスモス)」など、日本の歌をとても美しい澄んだ声で弾き語りされます。 
以前、生でお話しと歌をお聴きする機会があり、とても暖かい気持ちになりました。

ナターシャⅠ ナターシャ2

「心につばさ」第二回コンサート(2013年2月9日)



最近テレビでも紹介された動画をフェイスブックで見つけたのでご紹介します。


https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=xQJog0rs7Eg



以前ナターシャさんから直接聞いたお話しです。

彼女の故郷ヤノフは、自然豊かな静かな村。チェルノブイリであの事故があったときも、最初の丸1日は何が起こったのかまったく知らされず、人々は「ごくふつうの日」を過ごしていたそうです。

そして「ほんの少しの間(3日間)だけ避難してください」と言われ、必要最小限の身の回りの荷物だけもって出たけれど、その後何十年たった今でも帰ることはできない。

いま、村は土に埋められ、子どものころ過ごした家も、近くの公園も、森も…すべてが幻になってしまった、と。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素晴らしいメッセージとうたごえ

Youtubeでじっくりと何度も見ました。
「視点論点」に出演した時の、感動的なメッセージと
美しい歌声!
知人友人にも”拡散”させます。
ありがとうございました!

Re: 素晴らしいメッセージとうたごえ

サイコさん

ありがとうございます。
美しい歌声の中に、ものすごい力を感じますね。
みなさんにも伝えてください。このブログ記事をそのままシェアしてくださって構いません。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR