震災5年目の独り言

3月11日(金) 


今日・明日の生活もギリギリの人が、生きるために必死に働き、自分のことでいっぱいいっぱいになる…これは仕方ないかもしれません。



では、お金持ちになれば余裕ができて、弱い立場の人のことを思い、世の中の不条理を怒り、どうしたら少しでも良い世の中になるかを考えるようになるのでしょうか?

いまの権力者や大企業の偉い立場にある人たちは、そうなっているでしょうか?

むしろ富める者の方が、ますます自分の懐を肥やすことばかり考え、
カネカネカネの虫となり、庶民の感覚から大きく外れ、
弱きものの気持を思いやる想像力も人としての心も失っていくことが多いのではないでしょうか?



ならばせめて、特別にリッチではないけど、まあまあ衣食住にはこと足りている人が、マネーゲームや目先の快楽だけを追い求める生き方からちょっと外れても良いんじゃないでしょうか?

人と比べてもっと欲しいと思う欲はほどほどに、
自然や芸術、美しい人の心に目を向け、
自分より弱い人のことを思い、
世の中の不条理を自分にも大いに関係ある問題としてとらえ、
正しく怒り、
職場の上の立場や権力などに一切臆することなく、
人として当然のことを堂々と言い、
きちんと言えるためにさまざまなことに興味をもって学び、
学びながら考え、考えながら発信し…



知りたいと思う好奇心と、ほんの少しの想像力と、自分より弱い人たちへのほんの少しの思いやりと、まともなことをきちんと言えるほんの少しの勇気をもって。

「余裕の偽善者」などと呼ばれ、誉められもせず、苦にもされず…

そういう人に、私はなりたい。



…震災から5年目、深夜のひとりごとでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR