森友学園 アリの一穴から…?

3月20日(祝・月)


このところTVでも新聞でも連日騒がれている「森友学園」をめぐる政治家(=自民党閣僚ら)との関係。

稲田防衛大臣が籠池氏と「大いに関わっていた」事実。
安倍総理夫人から籠池氏に100万円の寄付があった、という爆弾発言。
参考人招致をかたくなに拒み続けてきた自民党も、ついに23日には籠池氏の「証人喚問」へという流れに(安倍総理への侮辱だから証人喚問に、という説明にちょっと違和感を覚えますが…)。

s_ice_screenshot_20170317-232327.jpg

そのXデイを前に、いやあれは「講演料」としてもらっていたものを返しただけ…またまたそんな「言い訳」も出てきそうだという情報もあります。

言うまでもなくこの一連の問題は「政治とカネ」に関わるスキャンダル。時間を追うごとにどこまで掘ったら何が出てくるのか、どうやら埋まっているのはゴミだけではなさそうですね…(笑)
私があえて「社会的な意見」として書くまでもないことなので、これまでこの問題に関してはずっと静観してきました。

が、ある友人から「森友学園の問題について書いてほしい」という声もあり、ここらでいちど書かせていただきます。


総理の嘘は今にはじまったことではない

そもそも安倍総理は、「学園の設立や土地取得にですね、私や妻が関わっていたとするならばですよ、私は総理も議員であることも辞めるとはっきり申し上げておく」と、国会の場で宣言したんですよね。複数のテレビ局が字幕入りで映像を保存してますよね!

o0960053213874266316.jpg

昭恵夫人が学園で「講演」をし、いったんは「講演料」としてお金を受け取っていた。そのお金を返した?…それが「寄附」であろうと「返納」であろうと、「関わっていた」ことは紛れもない事実。もうそれで充分ですよ!
総理の嘘は、これまであまたあって数え切れませんが、話をすり替えて逃げ通せるのももはやここまで、と私は見ます。

しかし、ここでまた大物政治家の嘘・政治とカネのスキャンダルが暴露されました。失脚してそれでおしまいですか?

先ごろの甘利経済産業大臣しかり、舛添前東京都知事しかり、役職を辞任してしまえば政治資金規正法も、場合によっては公金横領・詐欺などの刑事責任は一切問われないんでしょうか…?

少なくとも違法性がなければ罰せられない。芸能スキャンダルと同じく、人の噂も七十五日、のど元過ぎれば熱さ忘れるんですか…?

はっきり言わせていただきます。

 ↓

◆日本の政治は、ほんとレベルが低すぎます!


安倍政権がこれまで公約をどんどん破って強引に進めてきた法案や政策の数々、戦争できる国にしてアメリカにしっぽを振る、国民とくに弱い立場を切り捨てる、大企業・経団連に甘い汁を吸わせて自分たちに還元させる、国民の血税を湯水の如く海外にばらまく…

これらすべてを「数の力」で押し通すことを許してきたんです。
それこそ、今回の嘘のなん百倍も国民に影響のある嘘を通してきて、100万にゼロをいくつ足したらいいんだというお金を使ってきたんじゃないですか!?

野党も、批判だけじゃなく政策論をもって堂々と勝負できる力をもっともっと養って(←すでに何人かの注目に値する議員さんはいます)、野党各党が足を引っ張り合ったりある党を排斥しようとするのではなく、大同小異でまとまるべきところはまとまって力を合わせるべきです。

そして国民有権者がもっともっと「誰のための政治をやってるんだ!」という意識をもって投票に行かなくては!

そうしたまともな政策論から、安倍政権が信を問われて欲しいとずっと思い続けてきました。


◆アリの一穴から?

政治家トップと民間人との癒着、政治と金…韓国も同じようなレベルの問題から政権が崩れました。しかしお隣の韓国では、あれだけ国民全体が「許せない」と立ち上がり、その国民世論の力に後押しされて悪が暴かれたのと比べ、日本人は羊のようにおとなしい傍観者たちばかり…

こんなレベルの嘘の発覚から、アリの一穴から堤が崩れるように政権が危ぶまれる…
堂々と他流試合に臨もうとしていた相手が、自らドブに滑り落ちて流されていく…そんな拍子抜けの情けなさを感じてしまうのは私だけでしょうか…?

今ネット上では、安倍政治に反対する人たち・グループ内で、安倍総理の嘘が暴かれ政権をも揺るがしかねない動きに大いに盛り上がっていますが、まだまだ国民全体でみると、政治(=私たちの社会・日本の将来にかかわる問題)に無関心で、眠れる子羊のような状態ではないでしょうか?


選挙は勝ち馬に一票の予想じゃない!

「でも野党もね~」「じゃ、どこに政権を任せたらいい?」…じゃないんですよ!そこの経済新聞もったインテリ風にも見えなくもないオジサンたち!

なにかあるとすぐ「~~するとどうなって、あれはこうだから…」「どこが強いか」「どうなりそうか」…といった、野球や競馬の予想屋・評論家のような意見が飛び交います。無責任なバラエティ番組のように…

仮に他の党が政権を取ったとしても、政権与党となったとたんに、財界や経団連、官僚らのマリオネットのようになって今の自民党と似たような政治をやろうとするんです。それはもう過去に実証済ですよね。

私がずっと思ってきたのは、仮にも自民党が最大与党であっても構わない。しかし政権与党に過半数議席=「数の力」を与えないようにすることです!

お隣の韓国の国会もそうですが、与党が何かを通そうとしても与党だけでは過半数に満たないから勝手に決めることはできません。
それこそ安倍総理のいつもの口癖のように「丁寧に説明」して「しっかりと議論」して「理解を深め」、野党側からも一定の理解が得られて賛成が得られなければ法案も通らないようにするのです。

民主主義を取り戻すための投票をすべきなんですよ。勝ち馬に一票の予想屋じゃなく。分かりますか!?

だいたい国民有権者の約半数しか選挙にも行かず(=国政選挙でも地方選挙でも投票率は軒並み50%そこそこ)、投票に行った人のうち、自民党に一票入れた人の65%が「ほかよりましだから」…?

201412171031410fc_20170320104707ce5.jpg
2014年12月の総選挙結果から 読売新聞データより


いい大人が政治の話(=われわれの社会・日本の将来に関わる話)をまったく口にしない。政治の話はタブーというのが国民的な文化なの?
昼の食堂でニュースがかかっていても会社員同士はクルマやゴルフの話をしていて、野球やサッカーのニュースの時だけ振り返る、夜の居酒屋では会社内の狭~い人間関係の愚痴、あとは下ネタ…etc

経済的には世界の先進国といわれながら、国民の意識がこんなレベルの国、こんなに政治について語れない国がどこにあるでしょう?

考えること、表現することの大切さ (2015.9.26)


プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR