御嶽山噴火 ~人間の限界と問題点~


9月29日(月)

おととい噴火した岐阜県と長野県の県境にある御嶽山。
犠牲となられた方のご冥福を心からお祈りいたします。

御嶽山噴火 
togetter com画像より

土曜日にこのニュースを聞いたとき、「気象庁は今月10日ごろから火山性の地震を観測しており、注意情報を出して呼びかけてきた」と言っていたので、すぐに気象庁のHPを見てみました。
ところが見つかったのは今月16日(=噴火の11日前)のこのデータのみ。

気象庁の火山情報 9月16日 (気象庁のHPより)

ご覧のとおり、火山性の地震が1日に何度も観測されているという数字は出ていますが、警戒レベルは「1」つまり「平常」です。
そしてこの情報の後は27日の噴火当日までありません。これで警戒情報を出して注意を呼びかけてきたと言えるんでしょうか?



世界の活火山の10%が日本列島に集中しています。それゆえわが国ではこれまで莫大な国家予算を投じて、主な活火山には精度の高い地震計を設置して24時間体制で観測しているのです。
(このための予算の削減を「仕訳」で言った人がいるそうですが…) 

自然災害を100%正確に予測することは現代の科学をもってしても限界があることは分かります。一つの火山、一つの活断層が動くのは何万年に一度でしょう。
今回の噴火はマグマの噴火ではなく水蒸気爆発、つまりマグマの熱で地中の水分が温められて気化するときに体積が膨張して…というもの。具体的にいつ爆発するかという詳しい予測はたしかに難しかったかもしれません。

でも、少なくとも10日も前から「異変」は観測されていて、気象庁はそれを把握していたんです。
なのになぜその情報をもっと積極的に出さなかったのでしょうか?

登山をする人たちが、これから行く山が近々噴火しそうかどうか、気象庁の火山情報まで見てから出かけるでしょうか? いつも噴煙を上げている山ならともかく、その山が火山であることすらふだん忘れていることもあるのではないでしょうか?

全国放送で流さないまでも、せめ山小屋や地元の役場・観光協会を通して登山者に注意を呼びかける、あるいは頂上までの登山を規制するといったことは考えられなかったのでしょうか? 

火山噴火予知連
 
9月28日夜の気象庁の記者会見 ニュース画面より


警戒を出して国民の生活(=今回の場合は「登山」)を制限することで経済効果に悪影響が出るから、あるいはパニックを起こすといけないから出さ(せ)ないんでしょうか? 

火山でも地震でも、今日の技術ではまだ正確な「予報」は困難ですが、仮に「危険性」をある程度予見できた場合に、その情報を速やかに出せるかどうか、そこが問題です。

気象庁には、この「火山噴火予知連絡会」とならんで「地震予知連絡会」があります。
どちらも権威あるお歴々が何代にもわたって名前を連ねてきましたが、なにか起きた後で会見に出てきて、地震や噴火のメカニズムを淡々と語り、「今後も余震の続く可能性は高い」などと素人でも言えるようなことを淡々と発表する姿に、いつも無性に腹が立つのです。

「本当にこの人たちに『予知』ができるのか?」と思ってしまいます(本人たちも「予知はできない」と言い切っています)。
いや決して“超人的な予知能力”を求めているのではありません。せっかく国家予算をつぎ込んだ研究成果として出てきたデータをちゃんと公表し、判断し、被害を最小限に食い止めるための情報提供をしようという意識があるのかどうか…?

犠牲となった方たちに対して、正確な予測が出せなかったこと(=現代の科学の限界)について「申し訳ない」という気持ちが少しはあるのかどうか?
分かっていた範囲の情報がちゃんと充分に活かされなかったことへの反省と犠牲者を弔う気持ちがないのでしょうか…?



まあそこが今の気象庁の限界だとしたら、これも私がいつも申し上げている通り、国の発表することやマスコミの報道することだけを受身的に信じるのではなく、自分である程度の情報を集め、常識で判断して自ら危機管理する、ということが大切だということです。

山へ行くなら火山の情報、海へ行くなら「もしここで大地震・津波が来たらどこへ逃げるか」、家を建てるならそこの地盤はどうか、浸水の恐れや山崩れの心配はないか…etc.

そして社会的には、いま話題になっている原発再稼働と絡めて考えてみるとどうでしょうか?
 
まだこの点にまで言及した報道は見聞きしていませんが、起きた出来事だけを単体で受け止めて「御嶽山すごいことになってるね」「怖いですね~」「かわいそう」…だけではいけないと思うのです。

これが日本列島の現実なんだ、気象庁の事前予知の限界なんだということと、こういう国に原発があることの是非をあらためて考える必要があります。

つい先ごろ、原子力規制委員会の安全基準のひとつに、火山の噴火の予測および火砕流への対策はどうなっているのか、という議論があったばかり。

もし原発に近い火山になんらかの異変が観測されたとして、本当に近いうちに起こる危険を予知し、警戒情報を出し、原発を速やかに停止させて火砕流の流入などを防ぐなどの対策が取れているのでしょうか? (原発そのものの地震・火山あるいはテロへの安全対策はどうなんでしょうか?)

こんな状態で、本当に原発を再稼働させて良いのでしょうか?
今回の御嶽山の噴火にからむ一連の報道から、そこまで思いめぐらせて言及するのは考え過ぎでしょうか? 


プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR