弁天さま

◆鎌倉・銭洗い弁天

鎌倉の大仏のある長谷から小道を登って源氏山へ入り、化粧(けはい)坂を抜けて北鎌倉へ…散策にはいいコースですね。

その途中に銭洗い弁天があるのをご存知でしょうか?
岩から出る湧水で銭(お金)を洗うと、何倍にもなって返ってくると言われています。

銭洗弁天

ところで、弁天さまって、どういう神様なんでしょうか?


◆弁才天(弁財天)、弁天さまとは?

原語は「サラスヴァティー」で、聖なる河の名を表すサンスクリット語。

古代インドの河神で、河の流れる音や河畔の祭祀での賛歌から、言葉を司る女神ヴァーチェと同一視され、音楽の神、福徳の神、学芸の神など幅広い性格をもつに至ったといいます。

securedownload_20130629105610.jpg

こんな美しい偶像もあるんですね。琵琶のような楽器を手にしています。
七福神にも入っていますが、唯一の女性神です。

経典に準拠した漢字表記は本来「弁才天」ですが、日本では財宝の神様としての性格も付加され、「財」の字を充てて「弁財天」と書かれることが多いようです。

元来インドでは河神であることから、日本でも、河・湖・池・泉など「水」に関係の深い場所に祀られることが多く、「弁天島」「弁天池」「弁天橋」といった名称のつく地名も多いですね。

井の頭恩賜池

東京の井之頭恩賜公園のボート池とつながったもうひとつの池にも弁財天が祀られ、「弁天橋」も架かっています。
この池で恋人同士がボートに乗ると別れるというジンクスは、女性神である弁天様がやきもちをやくからだ、という俗説から来ているようです。
こんな美しい神様に、ちょっとやきもちを焼いてもらいたいと思いませんか?



◆「水」と言えば…

水と深い関係があって、言葉・音楽・学芸を司る神様…ふむふむ、なるほど~!

ところで「水魚の交わり」という故事成語をご存知でしょうか?
水と魚のように切っても切れない関係、欠くことのできない友、という意味ですね。

では「木魚の交わり」は?
お坊さんと木魚のように、切っても切れない、欠くことのできない深い関係…?
 
「水」と「木」、曜日でもうっかり見間違えるぐらいですから、日本語を勉強している外国人がうっかり間違えて覚えてしまうかもしれませんが、「水魚」でも「木魚」でも、意味はあまり変わらないみたいですね!(笑)

そして「魚」といえば…??
携帯から突如発射されて脇腹を直撃するくだらな~いギャグメールのことを「魚雷メール」といいます。→魚雷ギャグとは

音楽や日常の話題、ちょっと好奇心を刺激する雑学的な話題から、「ことば遊び」&とんでもない「発想の転換」へと流れ流れて、右脳を豊かにし、笑いと幸せの世界へ…


「ゆく川の魚雷は絶えずして、しかももとの魚雷にあらず。よどみに浮かぶ勃発は、かつ消えかつ結びて久しく静まりたるためしなし」 ~鴨の腸詰『豊冗記』より~

→魚雷列島津々浦々

いずれにして、弁天様はちょっと気になる神様です。

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR