コバケンとその仲間たち in 飯山

2017年 8月6日(日)

きょうは、広島に原爆が投下されてから72年目となる日。
集合時刻より早めに上野駅に到着し、投下の時刻・8時15分に西に向かって、個人的に黙とうを捧げました。
1up.jpg

さて本日は、われらが「コバケンとその仲間たちオーケストラ」飯山公演。

2011年~昨年まで6年間、「蓼科高原音楽祭」が茅野で行われてきましたが、茅野は昨年でいったん終結。マエストロが長野県の芸術監督に就任されたのを受けて、長野県内・飯山で第1回公演が行われました。

プログラム表紙20170806

★クリックすると大きな画像でご覧になれます(以下すべて同じ)

朝8:30 上野駅 新幹線改札前集合

2_20170807011500914.jpg 3_2017080701150136b.jpg

8:50発 はくたか555号にて飯山へ

飯山行き特急券20170806
4_20170807011502f64.jpg 5_201708070115022e8.jpg 

6_201708070120338dc.jpg 7_20170807012034e37.jpg 
上田を過ぎて、信州らしい風景に真夏の雲…
8_20170807012034263.jpg
 
10:33 飯山着 長野新幹線あらため「北陸新幹線」で上野からおよそ1時間半、近いんですね!
9_2017080701280918d.jpg 10_2017080701281038f.jpg 11_20170807012810045.jpg 12_201708070128113b8.jpg

会場は、飯山駅から徒歩すぐ、飯山市文化交流館「なちゅら」
木のぬくもりを基調とした美しいホールです。

13_20170807012812614.jpg 14_20170807012813a30.jpg
18_20170807013146950.jpg 19_20170807013147f4e.jpg
15_20170807013145a3f.jpg 16_2017080701314654b.jpg 
20_2017080701314817c.jpg 17_201708070142559da.jpg

本日の打楽器メンバーたち(全員そろってませんが…)
21_20170807013419fb7.jpg 22_201708070134193e6.jpg 23_20170807013420cf8.jpg 24_201708070134211a9.jpg


11:45~ ステージ・リハーサル開始

タイトなスケジュールの中、密度の濃いリハーサル。リハ中の画像はありません。

今回も、長崎から参加の瑞宝太鼓のみなさん

25_201708070134229b7.jpg

開場前のバックヤード

26_201708070145041d9.jpg 27_201708070145042a3.jpg 
28_20170807014505304.jpg 29_20170807014506aac.jpg 
久々に顔を合わせるメンバーたち。いい笑顔がいっぱいです!

31_201708070145073e4.jpg 32_20170807014823d22.jpg 
33_20170807014824ebf.jpg

2006年 熊本でのスペシャルオリンピックス支援コンサート以来、このオーケストラの活動を追って取材されている、映画「ビリーブ」「天心の譜」の小栗監督と。
30_201708070145068a5.jpg

出待ち…
34_20170807014825794.jpg 35_2017080701482592f.jpg

15:00 開演
  ♪ヴェルディ 歌劇「アイーダ」序曲
36_20170807014826cc2.jpg 37_2017080701482726e.jpg

本日の演奏曲目
曲目1 曲目2
今回私は「夏祭り」以降のティンパニを担当させていただきました。

♪「ふるさと」

ふるさと20170806
この曲の作詞者:高野辰之(たかのたつゆき)氏は、ここ飯山の出身。

1876年(明治9年)に長野県に生まれ、長野県尋常師範学校(現・信州大学教育学部)を卒業したのち東京へ出て、東京帝国大学で国文学を学び、国文学者となります。「近松門左衛門全集」、「日本歌謡史」、「浄瑠璃史」、「日本演劇史」などの業績があり、号は斑山(はんざん)。1910年(明治43年)には東京音楽学校教授となっています。

きょうは、長野県知事さん、飯山市長さん、スペシャルオリンピックスに関連してこのオーケストラの母のような細川佳代子さん(細川元首相の奥様)はじめ、芸術文化に造詣の深い方々がご来場になられました。

♪「ふるさと」を、客席の皆さん、ステージ上の地元の市民合唱団・仲間オケ男声合唱団の皆さんで歌い、オーケストラもアドリブで演奏。いつまでも平和で、やさしさにみちた社会が続きますように…

38_20170807015553751.jpg
スペシャルオリンピックスの支援を続けておられる細川佳代子さんと、飯山市長

終演後
39_201708070205306ae.jpg 40_20170807020530ee8.jpg 

司会の朝岡聡さんと
41_2017080702053123b.jpg
42_20170807020532388.jpg 43_20170807020533e14.jpg 44_201708070205346e3.jpg

帰路 19:25飯山発 はくたか574号にて
45_20170807020911bb8.jpg 46_20170807020912335.jpg

おつかれさま~!!
48_20170807020914029.jpg 49_20170807020914941.jpg 
例によって、左手だけ乾杯に参加してます!
47_20170807020913c12.jpg 50_201708070209156b4.jpg

こんなラベルのワインも…!
53_20170807021457379.jpg 54_20170807021458fa6.jpg

最近あまり深酒できない私は、こんなもので乾杯…
52_20170807021459ea3.jpg

大宮下車のメンバーたち
55_201708070218478ca.jpg

上野にて解散
56_201708071832353ff.jpg 57_20170807183236f56.jpg

◆次回は、10月15日に岐阜公演です!

in 岐阜20170627

すでに「チケットぴあ」分は完売とのこと。ホールに直接お問い合わせください。

<P.S.>

本編には載せなかった個人的テツな画像から…
朝の新幹線ホームで、われわれの乗る列車の4分前に反対側のホームから、青函トンネルの先へと向かう「はやぶさ・こまち」をたまたま撮影していました。
その列車になんと、以前この仲間オケにも参加されたことのある方が、まったく別のコンサートで青森に向けて出発。まさにこの列車に乗っていたことが判明!

P8063800.jpg P8063801.jpg

ついでながら、高崎駅に到着する直前、白い蒸気を吐きながら待機する蒸気機関車を発見!
夏の特別列車だったようで、在来線ホームにはカメラを構えたファンたちが待ち構えていましたが、こちらにご乗車されてた方なんて、いません…よね(笑)??

P8063812.jpg

ミュージカルの名シーン

7月22日(土)

川崎市(溝の口)にある洗足学園で、「Summer Musical Showcase Vol.12」を観てきました。

サマーミュージカル20170722

当校のミュージカルコースに今年の春入学した1年生から卒業を控えた4年生までが総出演。
ディズニーでも有名になったブロードウェイやハリウッドのミュージカルの名作の数々。「Beauty and Beast(美女と野獣)」、「Beautiful」、「La La Land」、「Hamilton」、「ノートルダムの鐘」、「Wickid」、「Moana」、「Legally Blond」、「Aladdin(アラジン)」…など、それぞれの有名なシーンを何曲かずつ歌(ソロ・コーラス)と踊りで。

オペラでいうガラコンサートのようなものですね。
各学年、それぞれの作品の魅力を存分に表現されていて、最後まで楽しませていただきました。

演目の中にある「Beautiful」は、アメリカのシンガーソングライターであるキャロル・キングの半生を描いたミュージカル。いま帝国劇場で水樹奈々さんと平原綾香さんが共演していますが、平原綾香さんもここ洗足の出身です。
♪「The Locomotion(ロコモーション)」はこの「Beautiful」の中で用いられた曲だったんですね!
このように、よく聴く有名な曲なんだけど「あ、この曲、このミュージカルの中で使われてたんだ」というのが何曲かありました。

開演中の画像はもちろんありませんが、開演前のステージの様子を1枚だけ…

IMG_20170722_123927.jpg

演目すべて、音楽監督・指揮者のもと、ピアノ2台とクラシックを勉強してこられた学生・卒業生らによる生バンドで。15人ほどの編成ながらティンパニも入り、大オーケストラにも負けないサウンドで楽しませていただきました。


<洗足学園内 風景>

「のだめカンタービレ」のロケにも使われた学園内。

IMG_20170722_121559.jpg IMG_20170722_121423.jpg 

じつは上の娘がまだ小学校に上がる前に2年ほど、音楽に合わせて身体を動かす教室に通うのに付き添ったことがあり、10数年ぶりの懐かしい風景でした。入口の巨大な銀色の卵(繭?)のようなオブジェは当時はまだありませんでした。

きょうの会場「前田ホール」はかつてのまま。

IMG_20170722_121717.jpg



コバケンとその仲間たちオーケストラin 徳島

6月24~25日(土・日)

コバケンとその仲間たちオーケストラin 徳島

2da.jpg ★9

おかげさまで今回も大盛況のうちに終演いたしました。
演奏メンバーの皆さん、滞りない旅をすべて整えてくださった事務局のスタッフの皆さん、そして徳島のテレコメディアおよび文理大学ほか関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

一参加者として、旅の画像をアップさせていただきます。

以下、クリックすると大きな画像でご覧になれます。
映っている方には原則その場でblog掲載のご了解をいただいており、画像にはとくにロックはかけませんので、どうか記念に保存なさってください。ただし、なにかに掲載される際には一言お願いします。
なお、★印の画像は、他の方から拝借した画像です。

6月24日(土)
朝8時45分 品川駅集合 9:17「のぞみ」にて

1a_201706261233209e6.jpg 1b_20170626123321e44.jpg 1c_20170626123322861.jpg 1d_20170626123323fdf.jpg 1e_20170626123427056.jpg 1f_201706261234287d2.jpg

新神戸に到着
1g_20170626123429021.jpg 1h_20170626123429f95.jpg

バス3台にて徳島へ
2a_20170626123430936.jpg

鳴門大橋~うず潮
★1★ ★2

徳島 文理大学に到着
2b_20170626124802171.jpg 2c_201706261248027f1.jpg

高校生らに迎えられ、会場入り

2d_20170626124803ed6.jpg 2da_20170626124804adb.jpg 2db.jpg

むらさきホール
2e_20170626124806c17.jpg 2f_201706261250011ac.jpg 2g_2017062612500170f.jpg

今回の打楽器メンバーと
2h.jpg 2i.jpg 2j.jpg  IMG_20170624_142511.jpg ★3

リハーサル 
 何か月ぶりかで顔を合わせるメンバーと密度の濃い音づくり…

2l.jpg 2m.jpg IMG_20170624_163047.jpg


県庁近くのホテルへ
 シェフらがお出迎え…
3a_20170626125314c19.jpg

明日の成功を祈願して、乾杯! 私も左手だけ参加してます。
3b_20170626125315175.jpg 3d_201706261253163ea.jpg  3e_20170626125317430.jpg

海産物、お肉…地元特産のおいしい料理に感激!

3f_201706261253186ea.jpg 3g.jpg 3h.jpg 3i.jpg 3j.jpg 3k.jpg

4a_20170626125532a22.jpg 4b_201706261255337b8.jpg 4c_20170626130037c13.jpg

主催の方がお誕生日! 瀬崎さんのソロ・マエストロの伴奏で「チャールダーシュ」のサプライズ演奏!
4d_20170626130038a64.jpg 4f_2017062613003998b.jpg 4g_2017062613004101f.jpg 4h_20170626130042c92.jpg

さらに、生野やよいさん(Sp)、藤原功次郎さんのトロンボーンによる「愛の讃歌」… 
4i_20170626130043b46.jpg 4j.jpg 4j2.jpg

福岡公演以来よくご一緒している瑞宝太鼓さんも到着!
4k_201706261303367a8.jpg

司会の朝岡聡さん、東京でオペラ「ラ・ボエーム」のお仕事を終えて到着!
4l_2017062613033772f.jpg 4m_20170626130338a68.jpg

特別出演の村井祐児先生とアイスを食べるクラリネット女子たち
4n_20170626130604fb0.jpg 
4o_2017062613060577b.jpg 4p_201706261306067c6.jpg
村井先生はコバケン先生の芸大時代の先輩で、とても厳しく、かつとても暖かく見守って下さった恩人とのこと。昔の思い出話など…



6月25日(日)
 

心配していた雨も大したことはなさそう
5a_20170626131008269.jpg 5b_201706261310098fd.jpg 5c_201706261310100e7.jpg 5d_201706261310115e7.jpg
 
むらさきホールにて、10時~最終チェック・リハーサル
6a_20170626131011126.jpg 
よく響くホールながら、きのうのリハーサルでは金管・打楽器の音が奥まった感じだったので、可動式の円盤状の反響板の高さを調整していただいて…

6d_20170626131506ef3.jpg★ 6e_2017062613150777d.jpg 6f_20170626131508deb.jpg ★6★ ★5

開演前 ロビーまわり
7a_20170626131928d0e.jpg 7e_201706261319313d4.jpg  7f_2017062613214115e.jpg 7c_2017062613214292e.jpg 
★7★ ★8

ホワイエのパイプオルガンでウェルカム演奏も
7d_20170626132530d21.jpg

開演前 バックヤード
8a_20170626132524804.jpg 8b_2017062613252529d.jpg 8c_20170626132526370.jpg 8d_2017062613252779a.jpg 8e_20170626132529af3.jpg 8f_20170626132700be1.jpg

♪13時開演

8h_201706261328043ea.jpg 8i.jpg
ヴェルディ「アイーダ序曲」をステージ下手扉ガラス越しに撮っていただきました。

8j.jpg 8k.jpg

2時間半を超えるコンサート、最後はチャイコフスキー作曲「大序曲 1812年」
 アンコールはビゼー「アルルの女」より「ファランドール」
★9
スタンディングオベーションを頂いて、ステージから手を振ってお別れ…

バスにて新神戸へ
9a_201706261338526b3.jpg 9e_2017062613385398b.jpg

うず潮 きのうとは反対側の車窓より
9c_201706261338541e4.jpg 9d_201706261338551fe.jpg

明石大橋
9e_20170626133856544.jpg 9f_20170626133857f5a.jpg

新神戸着
9g_20170626134103f24.jpg

新幹線の時刻まで余裕があり自由行動。
「自由亭」はかつて特急「つばめ」の時代から食堂車を営業していた老舗。

9h_201706261341040b4.jpg 9i_20170626134105645.jpg

友人はステーキ定食、私はステーキカレー、おしかった!
9j.jpg 9k.jpg

19:49発 「のぞみ」14号車を貸し切り!
 お疲れ様でした~!

10a_201706261343350fd.jpg 10b_201706261343369d5.jpg 
 
左手だけ乾杯に参加

10c_20170626134337ac0.jpg 10d_20170626134338208.jpg 10e_201706261343381df.jpg 10f_2017062613462860a.jpg 10g_201706261346290e1.jpg 10h_20170626134629e20.jpg 10i.jpg 10j.jpg 10k.jpg 10l.jpg


★2005年に結成されてから、今回すでに59回目の演奏会となりました。
コバケン徳島プログラム20170626 コバケン徳島プログラムb20170626
  *クリックすると大きな画像でご覧になれます

このオーケストラのご紹介は、こちらの告知記事をご覧ください。
→ コバケンとその仲間たちオーケストラ 2017夏



コバケン仲間新幹線チケット20170708

今回も120名を超えるメンバー。その中には白杖を使用されるメンバーも大型楽器のメンバーもいらっしゃいますが、新幹線の発車(=途中駅の停車時間は1分)を遅らせることなく速やかに行動(=前後の車両に分散して乗り降り)。

宴会ではとても和やかながら、誰かの話やサプライズ演奏には全員が耳を傾け、感動を分かち合い、幸せな時間を共有。

4i_20170626130043b46.jpg 

他ではちょっと味わえないレベルの高い演奏も、そうした一人一人の豊かな人間性と音楽を愛し仲間を愛する気持ちの賜物ではないかといつも思います。
私もこのような素晴らしいオーケストラに出会えて幸せです。今後とも、どうかよろしくお願いいたします。


小澤一雄さん イラスト展

5月20日(土)

きょう、デイホームでの演奏にご一緒したケーナ奏者の八木倫明さんのお誘いで、イラスト作家・小澤一雄さんの個展にお邪魔してきました。

1_20170521010541079.jpg 2_20170521010542a32.jpg
千駄木 STOODIO にて

小澤さんは、主に音楽家の似顔絵・イラストを描き続けてこられた方。
日フィルの月間スケジュールの表紙でご覧になられている方もいらっしゃると思います。

小澤一雄さんイラスト20170521

演奏家・作曲家など、じつに見事に特徴をとらえてユニークに描かれています。

2b_201705210105437b8.jpg 2c_20170521010544969.jpg

来場者に頼まれればその場でイラストも…

3_2017052101070175f.jpg 4_2017052101070285f.jpg

5_20170521010703c87.jpg 


個展は明日(21・日)までとのことで、夕方お邪魔して19時から皆さんとご一緒に千駄木のちょっといいお店で談義…

8_20170521010705422.jpg

きょうの八木さんとのデイホームでの演奏の様子は、こちらの記事に…
→ デイホーム日誌(7)

アラブ音楽ワークショップ

2月26日

アラブ音楽のワークショップに参加させていただきました。

1a_20170226222325f8e.jpg

ダラブッカの講師はアブダッラー氏(←ダラブッカ奏者としてのお名前。日本人です)

1b_20170226222325eae.jpg

少し前に、初めて聴いたアフガニスタン音楽についてちらっと書きましたが、マカームと呼ばれる「旋律」と、イーカーと呼ばれる「りズム」で音楽の骨格ができています。

1_20170226222324ad4.jpg

アラブ音楽のマカーム(旋律)は、西洋音楽の12音の中間の中間のような微妙な音も含め、基本となる旋律パターンが、じつに250もあるそうです!
イーカー(リズム)も、一見4拍子の繰り返しのようにも聞こえますが、伝統的なアラブ音楽を聴くと、じつは19拍子・88拍子…といった長~い「循環」で元に戻ってくるサイクルがあるんだそうです。

そんなお話しを最初に聞くととっても難しく感じてしまいますが…
西洋音楽的にとらえると4拍子のリズムパターンとして2種類、

♪Waheda(ワヘダ) … ドッッカ ッッカッ 
♪Saidi(サイーディ) …  ドカッカ ドッカッ


ホワイトボードに書かれた「D」が手の平で皮を叩く大きな「ドン」、
「T」はヘッドの縁を叩く「カン!」、
「-」は縁を小さく「カッカッ」…

この2種類のリズムパターンの繰り返しで、セッションさせていただきました。

4c_2017022622222447b.jpg

ベリーダンスのインストラクター、鈴木香夜子先生と教室の皆さん

2_20170226222326265.jpg 2c_201702262223281b6.jpg 2b_20170226222327629.jpg

同じリズムパターンでも、ゆっくりと重く~軽快なテンポへ…
身体で覚えてしまうとけっこう合わせやすくて楽しいです。

座って膝の上に置いたダラブッカを両手で叩くのですが、上からかぶせる左手の薬指がなかなかうまく鳴ってくれません!…要訓練!



今日の講師の先生も言われてましたが、既存の音源に合わせて振りをつけて踊る…というパターンだけでなく、身体の動き(=踊り)に合わせて音を出す、という面も大切。
まさにセッション=「対話」ですし、私自身もいま模索している、テラピーなどで「身体の動き」に即興で音を付けることとも大いに関係がありそうです。

クラシック音楽~民族音楽、さらに舞踊の世界へ…
とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

6b_2017022622284371f.jpg


じつは私、大学卒業直前に、初めて行った外国がエジプトでした。

オーケストラの交流演奏でカイロとアレキサンドリアを訪れ、現地のコンセルバトワール(音楽大学)の学生らと合同演奏し(マーラー交響曲1番「巨人」、ベートーヴェン交響曲5番「運命」ほか)、地元の楽器屋さんにも案内していただきました。
当時の若かりし日の私の姿を公開してしまいます。

P3243593_201702262232041cc.jpg P3243594_201702262232052ef.jpg

交流会のセッションで、間近で聴いたダラブッカ。
いまこうして自らダラブッカを叩いてセッションに参加でき、本当に幸せで楽しいひとときでした。

「医学と音楽」~代々木界隈

2月18日(土)

関東ではきのう「春一番」が吹き、暖かい南風で都心の気温は20度を超えましたが、きょうは一転「冬」に逆戻り。

昨年暮れから楽しみにしていた「医学と音楽」にお邪魔してきました!
せたがや文化財団音楽事業部(=せた音)主催の行事で、音楽と異分野のコラボレーションシリーズ。

医学と音楽120170212 医学と音楽ちらし20170219

医学と音楽バックステージ

作曲家の池辺晋一朗さん&檀ふみさんは、以前「N響アワー」の司会を6年間なさったベテランコンビ。
クラシック音楽の分かりやすい解説と絶妙な(?)ダジャレで有名ですね。
私も1996~98年にかけて3年ほど同番組のスタジオ美術を担当させていただいたので、何年振りかの懐かしい再会でした。
池辺先生とは、それ以前に私も関わった「紀尾井ホール」の企画・運営委員としてもお世話になりました。

今日演奏されたのは、医師でありピアニストでもある上杉春雄さん、ソプラノ歌手の幸田浩子さん。
プログラムは以下のとおりでした。

医学と音楽 プログラム20170218
導入から曲目解説まで、ダジャレの勢いは以前にもまして絶好調!(笑)

音楽療法に直接かかわる話題は少なかったですが、音楽は直接「cure(=治療)」にはならなくても「heal(=治癒)」になる、というお話しは印象的でした。


★曲目解説はどれも興味深いものでしたが、とくに印象に残ったのは…

♪バッハのゴルトベルク変奏曲…バッハの弟子・ゴルトベルクが仕えていた(親交のあった?)カイザーベルク伯爵の不眠症対策のためにつくられた曲。変奏曲全編は長く、それこそ眠くなる…

♪「浜辺の歌」…作詞者:林 古渓氏は、 作曲者:成田為三の故郷の能代海岸を思い描いて作詞したといわれ、その近くには療養所があったそうです。一般には2番までしか知られていませんが、じつは3番もあるんですね。検索してみたところ…
 3番 「はやちたちまち 波を吹き 赤裳(あかも)のすそぞ ぬれひじし
      やみし我は すでに癒えて 浜辺の真砂(まさご) まなごいまは」
しかし、きょうこの3番は歌われませんでした。本来は3番・4番と作られたものが出版の段階で混じり合って「3番」となってしまったため、元の詞は散逸してしまって幻の3番となってしまい、「ここは歌わないでください」との作者の遺志があるそうです。


◆終演後、成城学園から小田急で南新宿へ

南新宿~代々木に抜ける通り沿いには、私が予備校生のころよく行った喫茶店「TOM」が当時のままの姿でありました。

IMG_20170218_180533.jpg IMG_20170218_180602.jpg IMG_20170218_183021.jpg IMG_20170218_183204.jpg

昭和がそのまま留め置かれたような空間で、40年前にタイムスリップ!

そして、今夜の目当ては、その喫茶店のはす向かい側、
これまた昨年50周年を迎えた老舗のライブハウスです。

IMG_20170218_185148.jpg IMG_20170218_185844.jpg IMG_20170218_185953.jpg IMG_20170218_195123.jpg

私も学んだ国立音楽院の師匠つながりのヴォーカリストと、ベテランピアニスト、それに若手のベース。
ジャズのスタンダードを中心に、3ステージ中2ステージまで楽しませていただきました。

IMG_20170218_194644.jpg IMG_20170218_193753.jpg

帰り、代々木駅前のスクランブル交差点近くには…

IMG_20170218_212448.jpg

1970年代のテレビ番組「傷だらけの天使」(出演:萩原健一、水谷豊、岸田今日子ら)のロケに使われた、通称「傷天ビル」がまだ残っています。
東日本大震災でかなりひびが入ったりして取り壊しになるといわれてから数年たちますが、2階から上は灯りも消えて廃屋のようになっているものの、1階にはこれまた昭和な飲み屋さんが…

IMG_20170218_212609.jpg

色々と懐かしい頃にタイムスリップした1日でした。


バリ音楽・舞踊の世界へ

12月30日(金)

年の瀬も迫った渋谷・桜丘で、バリ音楽・舞踊の世界を鑑賞させて頂きました。
「バリ・クンチャナ」の公演より

12_20161231155353f71.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧になれます(以下すべて)

会場は、桜丘の坂を上ったところにある Balicafe モンキーフォレスト

1a_20161231155354496.jpg 1b_20161231155355b61.jpg 1c_20161231155356ef6.jpg 1d_2016123115535719b.jpg

沖縄の音楽に似た音階あり、いかにもガムラン風の曲あり…
手・指先や目の動きをフルに使った舞踊…

1_201612311557567b2.jpg 2_20161231155757a70.jpg 3_20161231155758276.jpg 4_2016123115575932a.jpg 5_2016123115580042e.jpg 

舞踊のテーマも、魚を捕る漁民の様子を表した世俗的なものから、蜜蜂の求愛であったり、ハマヌーン(=猿の神様)が登場したり…とさまざま。
1部・2部とも、とても興味深く楽しませて頂きました。

6_20161231155800f48.jpg 7_2016123116004150d.jpg 8_201612311600410d7.jpg 9_20161231160042e3b.jpg 10_20161231160044f8a.jpg 11_20161231160045db6.jpg

音楽のルーツをたどっていくと、さまざまな国の民族音楽にたどり着くように思います。
来年も、さまざまな音楽に触れる1年にしたいです。

みなさん、よい年をお迎えください。




コバケンとその仲間たちオーケストラ in 千葉 終了!

10月2日(日)

今年は以上に秋の長雨がつづき、日照時間が足りない上に、またしても台風が沖縄に接近…
そんな中、珍しく秋晴れに恵まれたコンサート日和でした。

今年最後の「コバケンとその仲間たちオーケストラ」 千葉公演
1780席の千葉県文化会館を埋め尽くし、スタンディングオベーションもいただき、大盛況のうちに終えることができました。

プログラム20161002
★画像はすべてクリックすると大きな画面でご覧になれます



東京駅から団体バスも出てましたが、借用する楽器搬入に合わせて私は電車で会場入り。
世田谷の自宅から田園都市線・半蔵門線(直通)で錦糸町、そこからJR総武線で本千葉へ。

1a_20161003005236441.jpg

総武線は前方(千葉)寄りの3両だけが4人向かい合わせのクロスシート。この車両を狙い、朝のお弁当を食べながらちょっとした旅気分…

9時45分、本千葉駅に到着。
お城の見えている一角に千葉県文化会館があります。

1b_2016100300523705e.jpg

今回もまた長崎から瑞宝太鼓のご一行が参加。

1c_20161003005237ee0.jpg

そしてわがオケの打楽器をお借りしているのは、いつものサンフォニックスさん。

1d_20161003005857faa.jpg

私のいた職場にも楽器を納められていて、この仲間オケが首都圏で何かやるときはずっとお世話になってますが、私のブログに画像で登場するのは初めてですね。

1e_20161003005238c2c.jpg

きょうも、ここ千葉に楽器を入れたら、都内の某放送局で仕事をして、夕方の終演時刻にふたたび撤収に来てくださいます。

楽器も無事にセッティングを終え…

1f_20161003005239302.jpg


本日の打楽器メンバー

1h_20161003005858670.jpg 1g_20161003005858ed9.jpg

真剣なまなざしでシンバルを手にされているのは、本来はフルートのメンバー。でも打楽器経験も豊富で、今回のように打楽器メンバーが足りない時は「出張」してくださいます。


◆11時半 リハーサル開始

2a_201610030058591c8.jpg 2b_20161003005859fac.jpg 2c_20161003005920777.jpg

いずれも、音出し前の風景です。笑顔の中にも凝縮した緊張感があって心地よいです。
今回は私が全曲ティンパニを担当させていただきました。


◆開場 14時前のロビー風景

開演の1時間前にも関わらず、すでに多くのお客様がご来場。

3a_20161003010804612.jpg 3b_20161003010805e96.jpg

ハンディのある来場者の方に、スタッフさんが温かい笑顔で案内してくださっています。こういう陰の力あっての「コバケンオケ」なんです!

久しぶりに、私の大学時代の友人も来場。
その友人と私とも同じ母校の法学部に在籍していた女性も、車いすのご子息を連れてご来場。じつはこの方、今日も参加している打楽器メンバーのお母さまなんです。

3c_20161003010805081.jpg


◆休憩時間のロビー風景

弦楽器のトップメンバーらによるロビーコンサート

ロビーコンサート

仲間オケのこれまでの活動を写真でご紹介するコーナーも設けられていました。

パネル展示


◆プログラム

プログラム120161002 プログラム220161002
プログラム320161002 プログラム420161002

◆地元高校生らとともに

今回も、地元の高校生らによるバンダ(=オケのうしろに並ぶ金管群)や合唱も加わり、大きなステージになりました。

今回ご一緒くださったのは…

バンダ…千葉市立千葉高等学校・千葉県立千葉女子高等学校の吹奏楽部のみなさん。
合 唱…千葉県立佐倉高等学校・千葉県立佐倉南高等学校・千葉県立千葉東高等学校いずれも音楽部のみなさん、それにシニアも含む千葉混声合唱団のみなさん。

14494774_543521845850254_5180564839433248721_n.jpg
*「1812年」終演後 事務局の方撮影


◆わずかの時間で出来上がる音の世界

この仲間オケは、海外から参加されるプロのメンバーもいて、ふだんはとくに練習など活動はしていません。決まった行事予定に合わせて参加メンバーはエントリーし、各パート内での出番ローテーションを決め、事務局が全体人数を把握してあらゆる手配をしてくださり、当日決められた時刻・場所に全員が集まってすべてが出来上がります。

地元の高校生らと顔を合わせて音を出すのも当日が初めて
事前にそれぞれ学校の先生方が指導にあたられ、皆さんよく練習をして来られています。
しかし、当日朝の会場練習では、音に対するイメージ、ニュアンスの違い、微妙なタイミング、遠くへ音を飛ばすイメージで、音を切らずに全体を包み込むような音色で…マエストロから高度な要求が次々に出されます。
そうしたニュアンスを一瞬で理解され、みるみる音が変わっていく…まさに鳥肌の立つ音の現場です! 

年齢・性別・障がいの有無に関わらず、音楽には本当に人を輝かせてくれる力があるんですね。


♪ お疲れさまでした!

4a_2016100301324068e.jpg

終演後のバックステージ、和太鼓2人と打楽器メンバー

次の公演予定は、来年6月の徳島です。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR