ぶらっと…タモリさん!

6月7日(水)

ぶらっと寄った書店で、つい買ってしまいました!

「ブラタモリ」…けっこう長い番組で、パートナーとなる女性アナウンサーもだいぶ入れ替わってますね。

ブラタモリ表紙20170607

私、けっこう好きなんです!

この番組も好きですが、タモリさんの物知りなところ(鉄道・音楽・音・ことば・人文・歴史・地理…etc.)、気取らないキャラが大好きで、ギャグのツボというか波長が私にはとても合うんですね(笑)。その話は後ほど。


◆最近放送の「ブラタモリ in倉敷」より

先週の土曜日(6月3日)放送の「ブラタモリ」は岡山県の倉敷市からでした。

まず、美しい倉(蔵)の街並が昔のまま残っている…なぜ?

「戦争で空襲を免れたから?」…はい正解!

では、なぜ「倉敷」という地名に…?

IMG_20170607_164931.jpg

 IMG_20170607_165849.jpg

これも案内人泣かせの大正解!

倉がたくさんあったから「倉敷」という地名が付けられたんじゃなく、「各地からの年貢米などの物資を一時的に保管しておく倉がおかれた場所=倉敷」と言う呼び名があったんですね!

冒頭から冴えているタモリさん!



話題は、倉を建てた豪商の話から米の話へ。
小高い丘から眺め、かつてこの辺り一面は海だったこと、そこを干拓して「新田」としたこともタモリさんは言い当てました。さすが!

さらに、商人たちがなぜ自由に新田を広げていくことができたのか?
ここは「天領」(幕府の直轄地)だったため、大名の支配がなく商人たちがわりと自由にできたそうですね。

そして埋め立てたばかりの田んぼでは、どうしても塩分が強いので稲作には向かない。そこで塩に強い綿が植えられ、その綿を加工する倉敷紡績(クラボー)ができるきっかけとなったんですね。

紡績工場の建物はイギリスに倣って作られています。壁のレンガの積み方が「イギリス積み=レンガを横向きに2列・奥向きに、と交互に差し込んでいくため壁が厚くなる)」であることもタモリさんは一瞬で見分けました!

イギリス積み


さらに工場のギザギザの屋根。垂直な面は北に向いていて明かり採りの天窓になってますが、じつは困ったことが…

「え?…雪はそんなに降らないですよね…」と少し考えるタモリさん。
でもすぐに「直射日光は入ってほしくないんですよね?」「イギリスと同じ角度でいいんですか?」と。

まさに鋭い切り口に案内人もびっくり!

そう、イギリスと同じ角度では、日本では夏至の時に真上から太陽が差し込んでしまうんですね。イギリスと日本では緯度が違うため、陽の角度が異なるからですね。
(パートナーの女性アナさん、ついて行けてますか~?)

そこで、その対策としてアイビー(ツタ)を植えたんだそうです。建物の壁面を這うように伸びて、夏は緑の葉で覆ってくれる…それが今日では観光名所のシンボルともなってる(アイビースクエア)ということだったんです。

う~ん、なるほど!

いや~ CMなしの限られた時間でポンポンと話題が進んで「なんだと思いますか?」から「へ~、なるほど」に妙に引っ張られずに早く到達できる小気味よさ! これが好きなんです!

最近の旅・バラエティ番組の多くは、なんにも知らないことが当たり前の代表選手のようなタレント・レポーターが、問いかけにとんでもなくハズしたボケで返して必要以上に「間」を持たせ、正解をやたら思わせぶりに劇的に出したり、なんでもないところで「え~!」などとSE(効果音)が入る…そんな番組にはいい加減うんざりしている私にとって、この「ブラタモリ」のスピード感は好きです。これで良いのです!


◆尊敬すべき雑学王

私が好きな芸能人の話題をこのブログに書くことは珍しいですよね。というか、おそらく初めてじゃないかな?

タモリさんがデビューされたころって、もう30年以上前。
サングラスをかけ、わけのわからない言語(=ハナモゲラ語)を話す人…「あの人なに?」というのが正直な第一印象でした。

NHKのバラエティ「てれびふぁそらしど」という番組でレギュラー出演され、何人かの女性アナウンサーが共演していましたが、まだあの当時は私は番組裏方の仕事はしてませんでした。その後昼時の「いいとも~」が定着し…

でも私がタモリさんに惹かれたのは、ある時、ある番組から急に熱烈なファンになったというより、じわじわと…

タモリさんは、人文・歴史・地理、そして地形などの地学にも造詣が深い(というか雑学王のようになんでも色々よくご存知)。
音楽にも造詣が深く、トランペットを上手に吹き、歌も歌う。
鉄道好き(テツ)で、とくに「音」にこだわる「音テツ」

以前、広島からの「ブラタモリ」で、しじみ汁を舟の上でいただきながら鉄道のガードを眺め「汁テツ」…かなりツボでした!

単なるオヤジギャグとは異次元の、元祖「ハナモゲラ語」「空耳アワー」に象徴されるように、とにかく「言葉」に敏感、しかも意味がちゃんと生きている!

私自身、何かの専門家というより「雑学」が大好きで、しかも閉鎖的な「オタク」ではなく、オープンで分かりやすい。ここが私の尊敬する雑学王たるゆえんです。
僭越ながらなんとなく波長の合う親しみを感じ、そのキャラにじわじわと惹かれていったような気がします。

そんなタモリさんと、実際にお話しできる幸運なチャンスが過去にあったんです!


浅草の打楽器専門店にて…

もうかなり前(2010年ごろ)だと思いますが、浅草に行きつけの打楽器専門店(JPC…ジャパン・パーカッションン・センター)があるんですが、たまたま私が素材を調達に行ったとき、他局の「タモリ倶楽部」の取材でひょっこり店内に現れたんです!

ラテン系の打楽器からクラシック用の楽器まで、打楽器のデパートともいえるその店には、いろいろと変わった楽器が並んでいます。

<最近のJPC>
JPC1.jpg JPC2.jpg
★ここに映っているスリットドラム(商品名:スチール・タン・ドラム)の紹介も含めてblogに掲載する旨はお店の許可をいただいてます。


その時はまだ収録前の下見で、番組スタッフといっしょにいろんな楽器を手に取られていて私のすぐ近くにいらしたんで、「こんにちは、どんな楽器をお探しなんですか?」と声をかけさせていただいたんです。

タモリさんも番組スタッフさんも気さくな方で、私に「打楽器奏者の方ですか?」と聞かれたので「アマチュアですが…」などとお話しさせていただき、ちょっと変わったものをいくつかご紹介したんです。

ジャズやラテンの楽器はいろいろとご存知だろうと思ったので、主にクラシックのフロアで。
たとえば、金属の筒に大きなコルクが詰まっていて、ピストンを押すと「ポン!」と音を出す「楽器」、「これはヨハン・シュトラウスの『シャンパン・ポルカ』という曲で使うものです」などとお伝えしたら、タモリさんも興味を持たれて実際に手に取って「どうやったらもっといい音がするの?」…と。

番組スタッフさんも「面白いですね~、これなんという名前の楽器ですか?」などと乗ってこられて…
けっきょく私がご紹介した3つほどの楽器が、番組で紹介されてました(やった~!)

なにより、タモリさんはとても気さくで、穏やかな「ごくふつうの方」、でも好奇心旺盛で「音」にこだわる方なんだな、とますます好きになりました。


タモリさんとならいっしょに飲みたい!

私は仕事関係で知り合った人とは、どうも個人的にまで深くなれないというか、とくにこういう個人的な話題は出しづらいので、今日blogやFBで今つながっている人も仕事関係は皆無と言ってよいでしょう。

☆あ、一人だけいらっしゃいました!クラシック系の音楽番組で司会をされていた、ダジャレが湯水のごとく出てくる作曲家の大先生が…(笑)


私は飲みに行っても個人的な方とのつながり・会話が大好き。自己紹介でもここ10年以上仕事の名刺は一切出してません。

渋谷あたりで飲む機会も最近減りましたが、もしカウンターで飲んでいるところへ有名な芸能人が入ってきても、これ見よがしに傲慢なお笑い芸人さん、やたらテンション高くてうるさい人だったら、おそらく私は席を離れるか店を出てしまうと思います。

でも、タモリさんだったらぜひ一緒に飲みたいですね。
じわじわとギャグを交わしながら、もしカラオケでご一緒できるチャンスがあったら「納豆売り」でも歌っちゃいます(笑) 
タモリさん、これご存知かな~?

→ 「納豆売り」の歌

春の一日 ~つくし、ショコラ&マロン、ひょうたん~

3月25日(土)

デイホームの活動もなく、久々に家族との貴重な時間、自宅周辺の「春」を味わいました。

◆つくし

毎年、自宅の最寄り駅近くの自転車置き場に生える土筆(つくし)。先週は忙しくて見る暇もありませんでしたが、「そろそろ出てるんじゃないかな?」と行ってみたら、もうすっかり伸びきってました。
1 2

下の娘やかみさんもハカマ(=葉)取りを手伝ってくれて、砂糖&醤油で煮て卵とじに。
これのおかげで花粉症にならない…という説もあります。

3 4 5

ところで、よく「土筆はスギナの子」と言われますが、緑色をしていない(=葉緑素を持たない)、頭から胞子を飛ばす、まるでカビかキノコの仲間のような…あの土筆っていったい何者なのか、正確にご存知でしょうか?
もう何年も前の記事ですが…
→ 土筆(つくし)って何者?(カテゴリー:身近な科学)


◆ショコラ&マロン

今年正月に我が家にやってきたマロン。家の中では走り回りショコラとも張り合ってますが、外のお散歩はあまり好きではありません。少し前までは、玄関を出るとじっと縮こまってたんですが…

つい2週間前(3月11日)のマロン
1 3.11
「やだ、歩かないもん!」
2 3.11

きょうは家の前の芝生から道路に出ても歩きます!

3 4

なんと100mほど自力で外を歩きました。
しかけは…
5
下の娘の手には、袋に入った「おやつ」が!

6_20170325212443dc8.jpg

桜が満開! 
幹を見るとたしかにサクラの仲間のようですが、ソメイヨシノよりもかなり大きな花弁です。
7_201703252124430f3.jpg 8_20170325212444213.jpg

◆ひょうたん

馬事公苑に向かう途中に農園があり、毎年この春先に、小さなひょうたんが並びます。前年の秋に収穫したものがよく乾燥されています。

IMG_20170325_142631_20170325212832534.jpg IMG_20170325_142647.jpg

いろんな形の6個ほどいただいて(お金は缶に入れて)帰りました。

さて、このひょうたんが何になるのか…? 
後日またご紹介します。


帽子デビュー

3月9日(木)

きょうの日の出は6時01分(明日3月10日は5時59分)、朝の通勤電車で朝日がまぶしく感じられるようになりました。

IMG_20170309_071124.jpg

仕事が午後早く終わったので、中野駅で下車して遅めの昼食をとり、北口のアーケード街をぶらりと歩いていたら、昔ながらの帽子屋さんを見つけました。

詳しく理由は述べませんが…
じつは私もそろそろ帽子デビューしようかな、と思っていたのです。

通勤にもカジュアルにも着用できるハンチング帽を以前からイメージしていたのですが、なかなか見つける(本気で探す)機会がなかったのです。
ふらりと入ったこのお店、今どきめずらしく日本製の手作りの帽子を扱っていて、私の小さな頭にもぴったりのサイズで、お気に入りの色・デザイン、肌触りも良いものが運命的に見つかりました!

IMG_20170309_143015.jpg IMG_20170309_143031.jpg

以後、お見知りおきを!

私のイメージとして、「ちい散歩」で亡き俳優の地井武男さんがよく被っていたような帽子…と言ったら、地井さんの被ってらした帽子がまさにこれと同じメーカー(=職人さん)とのことでした!

お店の許可をいただいて(宣伝も兼ねて)、画像もアップさせていただきます。

IMG_20170309_131705.jpg

場所は中野駅北口のアーケードを進み、ブロードウェイに入る手前の路地を右に折れて数件目、タムラさんというお店です(ブロードウェイの中にも1店舗あるそうです)。


再びのダイヤモンド富士を求めて…

2月2日(木)

去年の11月3日に、世田谷・三軒茶屋のキャロットタワーからダイヤモンド富士を初めて見て、カメラに収めることができました。

その画像をアップしたブログ記事にも書きましたが、2月初めと11月初めに、ここ三軒茶屋から見える夕陽がちょうど富士山頂に沈みます。

→ 生まれて初めて見たダイヤモンド富士 (2016.11.3)

去年、2月11日にここを訪れたときは、すでに「その日」を過ぎていて、冨士山よりも北寄りに陽が沈みました。

きょう東京は素晴らしい青空で、日没までに世田谷に戻ってこられたので「今日あたり、もしかして?」と期待して、カメラ持参で自転車でやってきたのですが…

0_20170202235510cbd.jpg

「その日」はあと数日後、きょうは富士山より南寄りに陽が沈みました。
でも、シルエットで浮かび上がる富士山と、トワイライトに変化していく空が美しかったので、時間を追って何枚かご紹介しておきます。

★以下、クリックすると大きな画像になります。
1_2017020223551151f.jpg 2_20170202235511056.jpg 

きょうの東京の日没は17:07。17時を回って、丹沢の山に陽がかかり始めました。

3_20170202235512491.jpg 4_20170202235513df2.jpg 5_20170202235514504.jpg 

太陽からの反射光が、富士山の南と北で空を2分しています。
やがて青みを帯びていく空、灯りのともる世田谷の街…

6_201702030000317a7.jpg 7_20170203000032c84.jpg 8_20170203000033db0.jpg 9_201702030000337be.jpg 10_2017020300003422c.jpg

11_20170203000035129.jpg

日没後、少し太り気味になってきた三日月と金星も美しく輝いてましたが、かなり高い位置にあったので、富士山と一緒には画面に収めることができませんでした。右がキャロットタワーです。
肉眼では、よく見ると金星のやや左上に火星も見えています。

12_20170203000253204.jpg 13_2017020300025499f.jpg

明日は金曜。
きのうのお昼は深大寺でお蕎麦をいただき、夜は野菜中心に質素に…だったので、きょうはステーキでちょっと力をつけちゃいましょう!

深大寺 ふらり旅

2月1日(水)

仕事が早く終わり、三鷹駅と反対方向にちょうど「深大寺行き」のバスが来たので、お昼に蕎麦でも食べようかな…と行ってまいりました。

深大寺散策マップ20170201 1_20170201202557913.jpg
★クリックすると大きな画像になります(以下同じ)


バスで「深大寺」に到着。参道の入口付近でまず目に飛び込んでくるのが「鬼太郎茶屋」。

2_201702012025594aa.jpg 3_20170201202600e3e.jpg

水木しげるさんが調布にお住まいだったことから、調布駅周辺~深大寺周辺には「ゲゲゲ」に関係した散策ルートがあります。数年前の朝ドラ「ゲゲゲの女房」でもこの付近でロケが行われました。

じつは深大寺を訪ねるのは初めて。まずは山門をくぐって本堂へ。

4_2017020120260016b.jpg 5_20170201202601759.jpg

五大尊池
6_201702012028518c8.jpg 7_201702012028523d5.jpg

高浜虚子の句碑もありました。
「遠山に 日の當(あ)たりたる 枯野かな」

周辺の道には、お土産屋さんとお蕎麦やさんがずらり。なかなかいい雰囲気です。

8_2017020120285201d.jpg 9_20170201202853abb.jpg 

わ~、たぬきがいっぱい…
10_2017020120285423d.jpg

ん?、最近国会で総理が答弁された「云々(でんでん)」 …?(笑)
10b_20170201202855a64.jpg


蕎麦屋さんが多くて迷ってしまいますが、山門に向かって少し右に歩いたところに「雀のお宿」という名前の看板を見つけました。中をのぞくとこんな雰囲気。
11_201702012034580ab.jpg 12_20170201203459413.jpg 13_201702012035004e1.jpg

犬を連れたご近所のお客様も… ご近所の方が入るお店なら、きっと美味しいはず。
14_2017020120350155f.jpg 15_20170201203502cb9.jpg

ちょっと遅めのお昼。天ざる(わらび餅付き)をいただきました。
16_2017020120390200f.jpg 17_20170201203903148.jpg

梅や桜の季節には多くの人が訪れるそうですが、まだこの季節は人もまばら。
寒のうちにひっそりと咲くスイセンが目を引きます。
18_20170201203904f55.jpg 19_2017020120390545d.jpg

せっかくの「旅」気分ですが、日本の観光地で興ざめなのがこれ…
19b_2017020120390679a.jpg
お店の名前はぼかしましたが…
お土産・食事にお金を払うのに、駐車に700円って、ちょっとお高くありませんか…?


◆オフタイムのふらり旅

三鷹から小田急バスで深大寺へ、帰りは京王バスで調布へ出て京王線で下高井戸→世田谷線で…というルート。
風もなく暖かい午後のひととき、ちょっと通勤ルートを変えて身近なところで「旅」気分!

去年の今頃(1月終わり)には、やはり仕事が早く終わった午後、三鷹駅に停車する特急「かいじ」に自由席特急券を買ってふらっと乗り大月へ→富士急で河口湖へ…
午後のオフタイム・河口湖

演奏会など目的のある旅も充実してますし、計画的に出かける旅もいいですが、平日にふとできた時間にその日の気分でふらりと…という旅も私には貴重な時間です。
「旅ごころ」を大切に


三日月と金星

20_20170201204322444.jpg 20b_20170201204323cf6.jpg
世田谷に戻って、夕方5時過ぎの澄んだ空には三日月と金星
そう、お正月明けの1月2日にランデブーしてから、ちょうど1か月でした。
今年最初の天体ショー

今週末はもう「立春」、春は近づいてますね。

2017年(平成29年)元旦

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


IMG_20170101_185444.jpg IMG_20170101_185501.jpg
NNNニュース画像より


午前中は元旦礼拝へ。
昼間はぽかぽか陽気の中、ショコラとお散歩。
夜はウィーンフィルの「ニューイヤーコンサート」を観ながら、濁り酒の熱燗&お雑煮。


IMG_20170101_191723.jpg  IMG_20170101_191815.jpg

IMG_20170101_192354.jpg
このミスマッチ、日本人っていいな~

IMG_20170101_192917.jpg
 
ショコラとのんびりお正月 





 15672951_1219731371453732_3192074211781238112_n.jpg

世田谷散歩 ~秋の陽差しの中で~

木枯らし一番が吹いた9日(水)以降、真冬並みの寒気に見舞われた東京も、週末は穏やかに晴れました。地元・世田谷散歩、今回は自宅のすぐ近所から

ショコラと一服公園にて
131.jpg
銅像は右手に煙管(きせる)を持っていたんですが、折れてしまってます!


11月13日(日)


冒頭の写真は、大山街道沿いにある小さな公園。
その昔、大山詣でに向かう人たちが、この道を通ったことから「大山街道」と名付けられました。

132.jpg

およその場所はこちら

弦巻地図20161113


世田谷通りの「松ヶ丘交番前」というバス停付近。ここは変形の5差路になっています。
世田谷通りから斜めに切れ込んでくる「ぼろ市通り」の終点です。

画面左がぼろ市通り、右が駒留通り
133a.jpg

駒留通り 
この先、環七通りとの交差点で弦巻通りと斜めにクロスします。
133b.jpg

南にまっすぐ伸びるのが「教育センター通り」で、先は桜新町。
134.jpg

そしてこちらが「大山街道」。
ぼろ市通りの真後ろに延びる一通の細い道で、用賀に直結。
用賀から旧246に沿って厚木・大山方面へ通じているのです。

135.jpg

一服公園の脇には、昔ながらの八百屋さんがまだ健在。

136a.jpg

私の母方の祖母もよくここに買い物に来てました。その頃はまだ何軒かほかにもお店があり、家から桜新町とは逆方向になるので「川の方に買い物に行ってくる」とよく言ってました。
大山街道とクロスする道(=画面右)は、かつて蛇崩(じゃくずれ)川が流れていたのです。

136b.jpg

蛇崩川は、弦巻通りにほぼ平行する形で環七を超え、三軒茶屋より少し手前で南下して246とクロスし、目黒川に合流して東京湾へと注ぎますが、いまはほとんどが暗渠となって上は緑道となっています。

137a.jpg

小学校や図書館などの文教施設があることから「教育センター通り」と名付けられた通りから「緑道」へと入る入口があります。小学校と教育センターの間です。

137b.jpg

娘たちの母校、松ヶ丘小学校。

137c.jpg

向かい側は教育センター。
ここのプラネタリウムは、上映プログラムもなかなか充実しています。
137d.jpg

137e.jpg 137f.jpg



さて話はがらっと変わって…
わが家にやってきた新しいペット(?)
モズクガニ、じゃなかった、モクズガニ
138a.jpg 138b.jpg

藻屑(もくず)を身にまとったような毛が生えていることから…
子どもの手のひらと比べて、けっこうな大きさでしょ。
138c.jpg


11月12日(土)

こちらは、三軒茶屋から少し渋谷寄り、三宿通り沿いにある世田谷公園。

12a_20161113234944a0e.jpg

噴水の中に虹が…!
122.jpg

ここ数日の寒さで、木々も一気に色づいたようです。
12b_2016111323494427c.jpg 12c.jpg

公園内にはミニSLが土日に運行されています。
上の娘がまだ小さいころ、よく乗せてもらいました。

121a.jpg


C57(しごなな)は、先台車2―動輪3―従輪1(=231)のパシフィック型で、そのプロポーションの美しさから「貴婦人」とも呼ばれている機関車。 (→ 「機関車の動輪配置」参照)

121c.jpg 121d.jpg


実物の10分の1の素晴らしい機関車ですが、一時期メンテナンス(引退?)で北海道の工場に里帰りしたのですが、また最近復活したようです。
ただ、本物の石炭を焚いて走るメカではなくなり、いまは電気?
窯焚きのあの匂いがないのはちょっと寂しいです。

こちらはD51(でごいち)
C57(しごなな)とD51が交代で子供たちを乗せて走ります。

121e.jpg

秋の陽差しをバックに…

121b.jpg

生まれて初めて見た「ダイヤモンド富士」

11月3日(祝・木)

生まれて初めて、生で「ダイヤモンド富士」を観ました!

3B_2016110320190598a.jpg

場所は、三軒茶屋のキャロットタワー。1996年に完成し、無料で登れる展望ラウンジとしては世田谷でもっとも高い建物です。

IMG_20161104_142417.jpg

ここ三軒茶屋のキャロットタワーで、日没時にダイヤモンド富士が見られるチャンスは春と秋の2回。
ただここ数年間、春も秋もちょうどその日に曇りや雨に当たってしまい、ずっとダイヤモンド富士は見られなかったそうです(=地元のアマチュアカメラマンのお話し)。

きょうは祝日ながら出勤。
朝まで雨が残るとの予報でしたが、朝6時半ごろ家を出る時には雨は上がっていて東の空には雲の切れ間も。
午後いっぱい東京は晴天に恵まれ、仕事を終えて急いで世田谷に戻ってきました。



16時前にキャロットタワー26階の展望ラウンジに到着。
ただ、残念なことに大山・丹沢方面には雲が…

少し前までは、駿河湾から静岡方面に大きな積乱雲もありましたが、それはもうなくなってました。
日没までの30分ほどの間に雲も動くかもしれないので、期待して待つことに。

1a_20161103202046555.jpg 
★クリックすると大きな画像でご覧になれます(以下同じ)



16時10分ごろ

まだ太陽は高く、ちょうど富士山は逆光。
カメラの絞り値を上げて撮ってみても、まだ富士山の姿は確認できません。

1b_201611032020460c6.jpg

本日の東京の日の入りは16:44。
ただそれは「地上」で観測して「地平線」に太陽が沈み切る時刻ですから、富士山の頂上にかかるのはもう少し早いはず。また地上26階からでは微妙にずれるはずです。

2_20161103202047b5c.jpg 3_2016110320204802c.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧になれます


16時35分ごろ


FM放送もやっているフロア内に歓声が沸き起こりました。
夕日の手前に富士山がシルエットで浮かび上がったのです!

3A_201611032010189f1.jpg

3B_20161103201019dec.jpg 3C_20161103201020677.jpg 
★クリックすると大きな画像でご覧になれます

沈む直前、ちょうど頂上に!
3D_20161103201021a00.jpg

太陽が富士山にかかってから見えなくなるまではわずか2分たらず!

そのあと、群青色と茜色の混じる空に富士山のシルエットが美しく浮かび上がります。

4a_20161103203533b23.jpg 4b_20161103203533df0.jpg
4c_201611032035344a8.jpg 6_20161103203534abe.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧になれます

わずか数分のうちに、色彩は微妙に変化していきます。

ズームレンズの14ミリ側(←デジカメの数値なので、旧式のカメラでは35ミリに相当)の広角でとらえた世田谷の西方面。

7_20161103203535d3b.jpg

空に、うすい三日月を発見!

8_20161103203536b18.jpg

この三日月の下方には、まだ見えてませんが金星(=いままた宵の明星になっている)があるはずです。


<ダイヤモンド富士の情報>

きょう11月3日、世田谷・三軒茶屋のキャロットタワーから見える太陽のコース。

d_fuji.jpg

ダイヤモンド富士専用ソフトより

各地の「ダイヤモンド富士」の見られるポイント・日時を案内してくれるソフトがあって、その情報をもとに各地を巡っている「ダイヤモンド富士マニア」がいらっしゃるんですね!
キャロットタワーで隣合わせた若い男性Kさんより、この情報と決定的瞬間の画像データをいただきました。



夏の太陽は空高く大回りして北寄りに沈み、冬は低いコースをとって南寄りに沈みます。

年間を通じて太陽のコースが変わる中で、東京・神奈川など富士山の東側の地域では日没時に、また静岡など富士山の西側では朝太陽が昇るとき、ちょうど富士山の頂上に太陽がかかる、いわゆる「ダイヤモンド富士」が見られます。
多くの場所では春と秋の2回、また夏至または冬至の日だけ見られるポイントもあるはずです。



<追記>

今年(2016年)の2月11日(建国記念日)にも、ここキャロットタワーを訪れ、日没をタブレットで撮影していました。
「もしかしてダイヤモンド富士が見えるんじゃないかな?」と思って訪れたのですが…

IMG_20160211_171032.jpg

富士山の頂上よりも北側のすそ野に太陽は沈みました。

「ダイヤモンド富士」のタイミングは数日前だったようです!
ここ何年も、ちょうど「その日」は曇りや雨に見舞われ、ダイヤモンド富士は見えてないそうです。

ここ世田谷・三軒茶屋のキャロットタワーからは…

2016.211-2文字入

2月のはじめ(=冬至から約1か月半あと)と、11月のはじめ(=冬至の約1か月半前)に、ちょうど富士山の頂上に太陽が沈みます。
もちろんこれは、ここ三軒茶屋から見る富士山の場合です。みなさんの地元から見える富士山でダイヤモンド富士が見られるのはいつなのか、上に紹介したサイトで調べてみられてはいかがでしょうか?

続きを読む

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR